フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« サポをアピる | トップページ | 週末が怖い »

2004/08/19

池袋の方から来ました。

 営業マンの皆さん、お仕事お疲れ様です。
 うちの事務所にもいろんな方、いらっしゃいます。お電話もかかってきます。
 人材派遣、電話回線、OAリース、IP電話、池袋の方から来る雑貨屋…。
 東京限定の話で恐縮ですが、池袋の方から来る雑貨屋、あの実態は何なんでしょう。
 年齢層は比較的若くて10代後半から20代前半の男女。
 服装は背広くん(キャッチ系)からカジュアル学生風までさまざまですが、
 一様に「こんにちはーーー!池袋の方から来た雑貨屋デース!!」とテレショッピング(アメリカ人)ばりのフランクさで現れます。
 ご紹介される商品といえば、アタッシュケース型の名刺入れピースの少ないジグソーパズル(幼児向け)、十得ナイフみたいになんかいろいろ機能のついたブツ、など購買欲をかきたてないいらないものの数々。ただでもいらないです。
 断ると入ってきた時と同じ勢いで「シッツレイシマシター」と出て行くのですが、あれはどこかの宗教の修行ですか。必ず「池袋の方」なんです。渋谷でも新宿でもなく池袋。
 「阿倍野の方から来た雑貨屋やけど」とか「栄の方から来た雑貨屋だがや」とか、全国各地でも「○○の方から来た雑貨屋」はいろんなオフィスを訪れているのでしょうか。
 全国○○の方から来ました雑貨屋連合会
 よく消火器を売りに「消防署の方から来ました」っていうのはありますけど、それって「消防署→消火器」密接な関係、官庁だから信用できそう、っていうイメージ戦略ですよね(詐欺です)。それは分かるんですけれども、池袋と雑貨に何の関係が?もしかして、知らないところで「池袋モノの雑貨?チョー気になるー、レアアイテムじゃーん」というような市場が出来上がってるんでしょうか。

 …今日うちに来た営業はこんな可愛いもんじゃなく、断ると「ぼくの質問に答えてください!!!」と逆ギレされましたけどね。会社名も言わず、名刺も出さないで営業説明始める営業マンの質問になど答えられるかっちゅうねん。

« サポをアピる | トップページ | 週末が怖い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/1225349

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋の方から来ました。:

« サポをアピる | トップページ | 週末が怖い »

サイト内検索


無料ブログはココログ