フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 見られない… | トップページ | 目立たぬように、着実に。 »

2004/08/30

ソクラテスの恋

 「世界の中心で、愛をさけぶ」を読んでしまいました。
 何と言うか…。最初につけようとしたタイトル「ソクラテスの恋」の方が内容に似合ってるように思います。
 主人公がやたらと理屈っぽいところと、それでも恋に落ちたとさ、ってとこが元のタイトルだとよく分かる。
 1時間くらいで読んでしまったのですが、途中がだらだらしてて飽きてしまいました。

 健全な男子高校生のエロを追求するおバカ度数ってのは計り知れないものがあって、それを念頭におくとどうも主人公のサクちゃんは生身の男子高校生ぽくないです。ま、人それぞれって言われたらそれまでですけど、無人島2人きり、やることやっちゃうぜ、って気合で訪れたのにおなかがいっぱいになったらどうでもよくなる男子高校生って、ちょっと老け込んでて不健全やなあと。時々作者本人が見え隠れ。それも作者の高校時代、って感じじゃなく現在の作者が。そのへんが老け込んでいる理由かなと。
 高校時代、同性の友達とはつるまずにいつもカップルで手をつないで廊下をうろうろ歩いてた男女っていたなあ、とどうでもいいことを思い出しました。サクとアキてそんな2人みたい。

 私が中3の時に、男子の机からエロ本発見された事件がありまして。家庭科の授業が男子の技術より早く終わって教室戻ったら、比較的スポーツマンで人気のあった男子の机から発見されて、泣き出す女子もおりました。男子たちは開き直って「エロ本のどこが悪いねん!」。泣いてる女子は「不潔っ!!」。しかし、まっさきに泣き出した女子は結婚が最も早くて、子供も一番早く産みました。
 なにが不潔やっちゅう話です。

« 見られない… | トップページ | 目立たぬように、着実に。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/1317504

この記事へのトラックバック一覧です: ソクラテスの恋:

« 見られない… | トップページ | 目立たぬように、着実に。 »

サイト内検索


無料ブログはココログ