フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 開幕GO! | トップページ | 誰が見るのか。 »

2004/08/15

白犬・愛の劇場

 道路には時々なぜここにこれが!?ってモノがよく落ちているが
(最近カセットテープが落ちてるのを見ませんな。MDの普及のせいか)
見かける率が一番高いのは靴下

 それはそうと、近所の葬祭場の前道路ど真ん中に
 黒いパンプスが片方落ちていた。
 なぜここに片方?

 …妄想開始…

 「もうやってられないわよ!!」
 車に乗り込むや否や、妻の佳子は夫・修一にぶちまけた。
 「お義母さんたら、二言目には長男の嫁なんだからって
  何でも私に言いつけるのよ!伯父さんに酒つげだの、
  茶をとってこいだの、料理運べだの!
  あんたが運べつったから席はずしてたのに、
  『何してるの早く大伯母さまにおかず取り分けてさしあげて』って
 何様なのよ!!てめーでやれっつーの!!」
 「分かったから怒鳴るなよ…」
 修一は佳子をとがめるような口調で諭した。
 「何よ!あなたなんか何も分かってないくせに!
  あたしがいろいろ働かされてる間、のんきにご飯食べてたくせに!!」
 佳子は脱ぎかけていたパンプスを運転中の夫に向かって投げつけた。
 「なにすんだよ!危ないだろうが!」
 パンプスは夫には当たらず、開いた窓から外へと飛んでいった。
 「あーあ、外でちゃったよ…」
 「いらないわよ、あんな安物。かかとが太いパンプスにしろとか言って
  お義母さんに自分がパートしてるとこのやつ、
  むりやり押し付けられたんだから。
  お義母さんなんかあたしの喪服にまでけちつけんのよ。
  スカートが短いとか、もっと黒いストッキング履いて来いとか」
 …妻の愚痴は終わりそうにない。
  母の悪口を言い募る妻の横顔をみながら、修一はこっそりため息をついた。

 …妄想終了…

 いやー、今日は涼しいなあ。
 頭の中だけはちょっと虫が湧いてるみたいです、私。
 

« 開幕GO! | トップページ | 誰が見るのか。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/1199656

この記事へのトラックバック一覧です: 白犬・愛の劇場:

« 開幕GO! | トップページ | 誰が見るのか。 »

サイト内検索


無料ブログはココログ