フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« ソクラテスの恋 | トップページ | 脳細胞の危機 »

2004/09/01

目立たぬように、着実に。

 ようやく日曜日のジェフvsアントラーズ戦の映像を見られました。
 いろんなとこでも言われてますが、この試合の坂本は「バックパサー坂本」ではなかったですね。果敢に前を向いていてすがすがしい。マルキのゴールにつながるクロスは何度見ても素敵です。

 ここ最近の優勝戦線を見ていて、優勝の秘訣は「目立つな!でも勝ち点はとれ」ではないかと。
 ここんとこ、開幕何連勝で首位独走!とか、いつもは首位にいないチームが首位にいる!とか、取り上げられてるうちにじわじわマリノスが勝ち点積み上げてていつの間にか優勝、って結果になっているような。雑誌にあんまり取り上げられないうちに優勝、特集号が発売、っていうのはマリノスサポ的にはどうなんでしょう。優勝すればそれまで雑誌であんまりとりあげてもらえなかった、なんて瑣末的なことはどうでもいいことですね。そりゃそうです。
 去年の1st、結局ジェフは優勝できなくて落胆しまくりでしたが、サッカー誌であんなにジェフの記事が載ってたのはほぼ初めての体験だったので、ちょっとだけ嬉しかったです。嬉しかったゆうてもね、優勝できなかったんでほんとのとこは嬉しくないんですけども、「ジェフの記事、いつものようにほとんどなし、優勝もできず」よりはましだった、ぐらいの比較です。残留争いの頃だって、特集は大概レッズですから。

 選手達のコメントによると、かなり選手たち自身で話し合った方法を試合に反映させているようで、それが今回はうまくいったってことなんでしょうかね。かなり攻められてはいましたけれど。
 これこれ、こういう成長を待っていたのですよ。
 ただ、ジェフの場合、1試合これができても次続けられるかどうかが問題で。
 やっぱりまだどう転ぶか分からんですな。

« ソクラテスの恋 | トップページ | 脳細胞の危機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/1327412

この記事へのトラックバック一覧です: 目立たぬように、着実に。:

« ソクラテスの恋 | トップページ | 脳細胞の危機 »

サイト内検索


無料ブログはココログ