フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« So-netのいけず | トップページ | Jリーグ版CONTRO CAMPO熱望 »

2004/09/11

監督、私にもアスピリン下さい。

 J1リーグ2ndステージ第4節 
 ジェフユナイテッド市原vs東京ヴェルディ1969 in市原市臨海競技場
 2-1 ○ サンドロ1、坂本1

 開幕戦以来の臨海。待ってました!
 前回は腹を下して体調最悪だったので、今回は体調を整えて臨む。
 つもりでした、が。
 飲みすぎで二日酔いです。
 胃が気持ち悪い…

 そんな吐き気との戦いの中、スタメン発表。
 櫛野とミリノビッチの不在(櫛野が腰、ミリノがふくらはぎを痛めたとの未確認情報あり)。そして相手チームは広山の不在。チッ。村井とのガチ勝負成立せず。逃げやがったな(違います)。
 
 試合の方はサンドロの先制点で前半を1-0で折り返し。
 後半に坂本が追加点を入れたのだけれど、当の坂本がPK献上+一発レッドで退場してしまい、そこからヴェルディにガンガンやられまり。もう後半20分過ぎくらいから試合を直視できなかったです。ジェフ側陣地で展開されてる間、ずーーーーっとオシムを見てました。
 もう見てらんない。直視して相手に点が入って、相手陣営が「やったーーー!」とかなるの、耐えられない。やはりサッカー観戦は体調万全でないと体力もたないです。

 試合終了間際の時間稼ぎにジェフの成長を見ました。コーナーギリギリのサイドラインを割った林のクリアは絶妙でしたな。ゴールキックにもならないし、自分とこのゴールから最も遠いサイドライン際だし、時間稼ぎには最適な場所です。
 坂本が退場してしまうまでのジェフは悪くなくて、例え点を取られても取り返せるだろうな、という感触でした。動きも悪くないし、チャンスもけっこうあったし。ただし、マルキとサンドロが立て続けにゴールしそこなった場面2連荘のあたりで雲行きがあやしくなり、坂本がズガンと追加点決めたものの、当人の退場で一気にグダグダへ。ほとんどジェフ陣内でゲームが進んでいた感じ。このあたりから私はオシムしか見ていなかったので、試合展開についてはノーコメント。他の人の悲鳴やらため息やらによると、GK立石が相当神だった模様です。
 ロスタイムに巻にボールが渡り、1stのガンバ戦のようなシチュエーション(巻にボールが渡る→無理にシュートに行く→キーパーキャッチ→カウンター→ガンバに同点にされる)になったのですが、今回はコーナー付近で鬼ボールキープしてる巻を見てオシムがニヤリと笑ってました。「巻め…フフッ」って感じ。
 スカパーのニュースバードでさっそくこの試合中継見ましたが、1点目のサンドロへの村井のクロス、解説者の金田さんが大絶賛。「すごいものをみた、ワールドクラスだ」とのことです。あまり大きな声で言わんといて。今は、まだ。

« So-netのいけず | トップページ | Jリーグ版CONTRO CAMPO熱望 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/1414461

この記事へのトラックバック一覧です: 監督、私にもアスピリン下さい。:

« So-netのいけず | トップページ | Jリーグ版CONTRO CAMPO熱望 »

サイト内検索


無料ブログはココログ