フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« ありがたく受け入れただろ!(くりぃむしちゅー上田) | トップページ | 国内サッカーのない休日は »

2004/10/08

消極的な署名活動

 仕事帰り。
 駅の入り口で千葉ロッテユニを着た若い男性2人がなにやらプラカードを掲げていました。
 プラカードも文字も小さくてよく見えないのですが、赤い文字で「千葉ロッテマリーンズを千葉にとどめよう!」「署名お願いします」と書かれている様子。だが通りすがりの人たちに声をかける様子もなく、2人でこそこそ話し合っています。漏れ聞こえてきたのが「それでも署名します、って人にナントカカントカ」という言葉。

 ジェフだって松本移転も検討されたほどギリギリの状態があったわけだし、今だって観客動員はJ1最下位。あの楽天に「チームが強くなれば観客が増えるというものではない。EX)年間3位、観客動員最下位→ジェフ市原)」と勝手に分析されたほどのチームです。そんなチームを応援している者だもの、どこか遠くへ移転して欲しくない、という気持ちは痛いほど分かります。チームのために何かしたい、その気持ちの表れであるところの署名ならば、書きましょう。書きましょうとも。基本的には祭りに参加する気持ちで署名をする人には異議をとなえたい私ですが、本気の署名には暖かい気持ちで向き合う所存なのです。
 と、そんなことを考えながら声をかけてくるのを待って若者の周りをうろうろしてみましたが、全く声をかけてくる気配がありません。ただプラカードを通りすがりの人にぼんやり示すばかり。ここで私がもっと開けた人間だったなら、若者2人に積極的に声をかけ、「署名させてもらえる?」とでも尋ねるところですが、残念ながら私はかなりの人見知り。これがジェフの松本移転に対する反対署名ならば、プラカードを奪い取って署名活動しかねないイキオイはありますが、いかんせん千葉ロッテのためにそこまでやれる愛情はなく、彼らの態度もはっきりしないのでそのまま立ち去ってしまいました。

 夕方の人通りの多い時間帯でしたが、彼らはあのまま消極的な「署名活動」を行ってたのでしょうか。何だかせっかく行動に出たのにもったいない。やると決めたならとことんおやりなされ。まだ間に合うでしょうに。

« ありがたく受け入れただろ!(くりぃむしちゅー上田) | トップページ | 国内サッカーのない休日は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/1621806

この記事へのトラックバック一覧です: 消極的な署名活動:

« ありがたく受け入れただろ!(くりぃむしちゅー上田) | トップページ | 国内サッカーのない休日は »

サイト内検索


無料ブログはココログ