フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/30

さよなら、大先生

 ミリノビッチいままでほんとにありがとう。
 臨海での試合の後、アピタ市原店でムイチンと2人で買物しているところにでくわし、プライベートなのでサインを求めてはいけないのではないかと夫婦で迷いに迷った挙句その場でサインペンを買い、持っていたジェフ10周年記念本にサインを求めました。ムイチンはその日試合に出ていなかったので快くサインをし、微笑んで握手をしてくれましたが、ミリノビッチはちょっとイヤそうでした。試合後なんだから当たり前です。でもちゃんと握手もしてくれたしサインもしてくれました。本当にごめんなさい。そんなミリノビッチを促してくれたムイチンありがとう。お元気ですか。
 ミリノビッチがジェフにいた4年間、本当に頼りにしていました。
 まさにジェフの壁でした。
 もうだめだ、と思ったときにミリノビッチが大きくクリアしてくれたこと、数え切れないくらいあります。
 今年の1stでマグロンに同点ゴールを決められた時に「No-----!」といわんばかりに頭を抱え、ひざからくず折れた姿、ペナルティエリア付近でファールを取られたときの「わざとじゃないんですよ!」というリアクション、カードを出された時の「ヤッチマッタ!ゴメンナサイ」のアピール、そんな姿もよく覚えています。
 でもミリノビッチが危ないところをクリアし倒してくれた信頼があるからこそ、そんなこともあったな、と思い出せるのです。いつもミスだらけだったら覚えてられません。
 最終節でもとても助けられました。
 強くなり始めたジェフにはいつもミリノビッチがいました。
 もう来年からはあなたはいません。
 ミリノビッチのいない強いジェフを私は見たことがないのです(出場停止・ケガ除く)。
 すこし、不安です。そして寂しいです。
 きっと選手たちは頑張ってくれるとおもいます。そう信じています。
 ほんとうに、ほんとうに今までありがとう。

 でももし来年他のJ1チームでやってたら、容赦なく点は取らせてもらうからね。よろしくね。

 読んでもらえるわけじゃないけど、書きたかったので書いてしまった。ほんとうにありがとう。

2004/11/29

もっと見たい。

 EL GOLAZOはいい新聞だなあ(ここ数回)。
 MOMは勇人、ベストイレブンにミリノビッチ、坂本、勇人が選ばれております。それと「読むサッカー」に「U-31」が。未だに2巻の「大幅加筆」が分からない…最後の数ページ?
 要田=桜金造説が広く流布されておりますが、EL GOLAZOの試合レポの写真を見ると、要田=宮里藍(女子プロゴルファー)説を強く押したいところです。いかがでしょうか。

 夜は昨日の試合の再放送。しみじみと味わう。ミリノビッチに何度も助けられてる…ああ、ミリノビッチ…そして頑張れ茶野。来季に向けての新人獲得は結構いばらの道のようだが、水野やら水本やら市原やら巻やら羽生やら、新卒でみんなよくジェフに来てくれた。ほんとにありがとうありがとう。そんな感謝も述べたくなる昨日の試合である。
 ジェフは選手層が薄いから、ベストメンバーから人が抜けると違うサッカーになってしまう、と言われておりました。でもここ数試合を見ていて、ケガ人がいるから仕方なくそうなってしまったのではあるけれど、メンバーによってやるサッカーを変えることができるのだ、というポジティブな見方もできるなあと。そうとでも思わなきゃ、ここまでケガ人続出で2位になるなんて受け止めきれない。まあ問題は変幻自在じゃないところなんでしょうけどね。ギシギシ音を立てながらギアチェンジしてるっていうのかな。試行錯誤の過程がみえる変化というか。「やるサッカーを自在に変えられる」チームは、きっとギアをギシギシいわせずとも変速できるんでしょうし、必要に迫られて変えざるを得ないのではなく、攻め手が1つだけじゃなくて「コレがダメなら次の攻め手」というように、試合中に取捨選択がガンガンできるチームなのでしょう。
 ジェフがそこにたどり着けるかどうかは、今の時点ではわからないですが、そうなれると見ていてもっと楽しいかもなあと妄想。うふふ。
 ところで、試合後にオシムが山本監督と握手を交わしていましたが、再放送見てたらオシムが何か話しそうだったのに山本監督さっさと裏に引っ込んでいってしまいました。オシムとほとんど会話を交わさない監督を初めて見た気がした。人間力め…村井は渡さんッ…!

2004/11/28

なにぶん、貧乏でございます

 2004年J1リーグ2ndステージ 第15節
 ジェフユナイテッド市原vsジュビロ磐田 in市原臨海競技場
 2-1 ○ 勇人1 要田1

 副審GJ!主審の岡田さんにきちんと判定を主張した二人の副審に敬礼。
 それはそうと、臨海にダフ屋ですよ。それも2人も!

 ジュビロとの試合は双方どんな状況下で当たろうとも、何でいつもいい試合になるのか不思議です。戦術がうまくかみ合うのか?互いに押したり押されたり押されたり(ようするにちょっとおされ気味になりがち)…謎だ。FC東京といつも引き分けるのと同じくらい謎。
 今日は巻もかなりよかった。巻はきっと不器用なんだと思う。1年かけて、少しずつ少しずつうまくなってく選手なんだろう。来年もまた積み上げていってさらにうまくなって欲しい。その不器用さを愛します。
 要田はもうすっかりサポの心をガッチリキャッチです。あの貪欲さ、ジェフの選手にはないガツガツしたところ、来年も生かしていってほしい。来年もいてくれるといいなあ。
 何かいろいろあるけどまとまりそうもないのでまた今度。

 試合後のご挨拶。スピーチに言葉をつまらせる阿部にこっちまでぐっときた。ほんとにもう、泣き虫フリーキッカーめ。社長の挨拶は何だかおもしろかった。いや、笑ってる場合じゃなくて。 
「なにぶん貧乏でございます」(←言っちゃったよ)
 「シーズンシートも若干値上げをさせていただきました」
 「サポーターの皆さんにはお願いばかりで大変申し訳ありません」
 「オシム監督以下コーチ陣も含めまして、残留のため全力で努力いたします」
 途中でメインから「営業なにやってるんだ!」の声アリ。

 最後の選手の場内一周はメインからやって欲しかったなあ。毎年いつもはメインから周ってたはずなんだが。
 ゴール裏で盛り上がるのはしょうがないけど、メインにきたときは投げるブツがもうない選手ばっかり。ちょっとなあ。ゴル裏で盛り上がりまくってるのを遠くから眺めてるの、げっつい寂しかってん。ジェレの胴上げとかさ…こんなこた言いたくないが、けっこう大枚払って見てるんだよ…とほほ。

 オシム試合後の会見・選手コメントはコチラ。J’sGOALの監督会見はコレ。で、選手のコメント(ジュビロ含)はコッチ
 くっくっく、ジュビロの選手のコメントがキモチイイぞ。
 オシムの会見。記者、自分でも言ってるがしつこい。ちょっと笑ったけど。よっぽどデスクに「絶対聞いて来い!」とか言われてたんだろうか。オシムの来季については、もちろん残って欲しいけど、この言葉を聞けただけでも本当にありがたい、と思っています。
 「私がもう少し若ければ、確実にここに残っていました」

癒されるなあ

 「Footival」買いました。なんともオサレ雑誌ですが、ページをめくるとジェフサポにはおなじみのあの笑顔が!そう、村井慎二、きました。いい笑顔だな、ほんとに…
 登場してる選手は何かしらカッコイイポーズを決めさせられてるんですが、こやつの照れくさそうな笑顔はちょっとうまい写真家さんに撮ってもらった近所の高校生のようです。インタビューの内容も村井らしく、他の選手は「ファッションは何系が好き?」だの「これいいよっていうお奨めの曲は?」だのコジャレたことを聞かれているのに、サッカー以外は電動自転車の話やら練習場の近くに住んだらギリギリまで寝てられるやら休みの日は友達と茶しながらしゃべってるとかそんな話ですよ。とうとうインタビュアーから「25歳くらいの若い選手は、もう少し他のことにも興味があるような気がするんですが」なんていわれる始末。なんていい子や…例の件で昨日は練習場にマスコミが殺到したらしく、阿部や茶野、村井が記者に囲まれていたらしいのですが、今朝の新聞では阿部と茶野のコメントしか見かけず。村井に聞く方がまちがっとる。

 もう一つは蘇我スタ見学会、キターーー!
 限定80人で12月18日、特別ツアーだそうです。往復はがき1枚で1人。どうしよう。我が家は2人分応募するけどどっちかしか当たらなかったら血の雨が降るよ…

2004/11/27

完成遅れのようで…

 どうやら蘇我スタの完成が2ヶ月遅れるようです
 年チケで試合予定が4試合程度、となっていたので遅れるのは予想の範囲内だったってことですね。
 早くできないかな。

 最近「ディナモ ナチスに消されたフットボーラー」(晶文社)を読みまして。
 

1942年、ドイツ占領下のウクライナ。パン工場で強制労働をさせられていた名門クラブ・ディナモキエフの選手とドイツ軍兵士のメンバーとのサッカー対戦が行われた。
 アーリア人の肉体的、精神的,優位性を信じるドイツにとっては負けるはずのないゲーム。ディナモの選手にとっては,勝ったら命の保障はない。
(本の見返しより)

 せんそうはよくないとおもいました。と勇人なら言うかな。
 2回行われたこの試合そのものよりも、この時代の状況と試合後の選手たちについてのほうが詳しく書かれています。いろいろ考えてしまいました(勇人の感想と何ら変わらない…)
 戦時下でも簡単なリーグ戦が行われていたらしく、応援するチームの活躍により市民が勇気付けられていくところがスポーツの持つ力なんだなと。ジェフももっと市民に愛されるといいなあ。ジェフが活躍するとうれしい、っていう市民が増えて欲しいよ。

 蘇我スタの建設現場写真を見つけました。
 非公式らしいのでコピペで見てみてください。
 ttp://www.geocities.jp/sog260/20041127-01.jpg
 末尾の数字は28まであります。
 お写真の方、今までありがとうございました。

なに?

 サンドロ逮捕に絶句。
 
 練習場まで行って見学してるサポの女の子に「選手に誘われたらついていきますか?」と報道の本筋と全く関係ない質問をしたフジテレビの記者は報道というものをナメている。サポというものを舐めている。ふざけるなと言いたい。
 そんな質問、報道でもなんでもない
 ただの興味本位。 
 そんなバカなこと聞きに姉ヶ崎に行くくらいなら、きちんと独自取材でもしろ。
 サポにそんなこと聞くのが取材なのか。そんなこと聞いて、事件の何が分かるのか。
 「ついていきますよ」とでも答えて欲しいのか。そしたらしたり顔で「モラルがどうのこうの」とか言うつもり?
 
 事件の真偽については当事者でなければ分からないと思うので、何も分かりようがない部外者としてはサンドロを信じるとしか言えません。それだけです。  

2004/11/26

いいときだけ占いは信じる

U-19日本代表候補にジェフからは水本と水野の2人が選ばれたそうでございます。
 おめでとう!!
 [J’s GOAL]
 水本ももちろんだけど、水野の選出はびっくりした。
 見てる人はちゃんと見てるんだね…どこかの誰かとは違って。
 しみじみ。
 ケガには気をつけて、二人とも頑張ってきてください。
 4日にこの代表候補チームとジェフが練習試合をするようです。
 詳細は分からないのですが、公開されるなら是非見てみたい!
 だって天皇杯もないしね…(泣)

 まあそんなことを言っているうちに日曜日は最終節です。
 相手はジュビロ磐田。
 予定ではコレが優勝決定戦になるはずだったのですが、コレが今季の最終試合でございます。
 だって天皇杯も(以下略)

 ちなみに「anan」の占いでは占い師5人中4人までもが「来年の阿部の星回りはとてもよい(だからA代表に)」とおっしゃっていましたので、来年はジェフにもいいことがあるに違いない。信じるものは救われる。

2004/11/25

巻と鼻毛とジェフ愛と

 EL GOLAZO 表紙は3試合連続ゴールのキングカズでございます。
 巻がとうとうMOMですよ、奥さん!ベストイレブンにも名を連ねております。
 きゃー、巻ーー(黄色い声でお楽しみください)。
 巻のゴールはホーム側での出来事だったので、ゴル裏寄りのバックスタンドでは正直よく見えなかったのでございます。早く映像で見たい見たい。要田の幻ゴールもこの目でしかと見たいのよね。柏原め…いっぱい恨みがありすぎて昔の最初の方の出来事は忘れそうだ

 サッカーマガジンは赤いところがいっぱいですが、表紙の田中達也に鼻毛を描いて目の下にクマを作ったら結構面白い雑誌になりました。やってみるといいじゃないかな
 で、坂本のインタビュー「ジェフが好きだから来年こそは優勝したい」。ったりめえだコラ!と思いつつも、それをちゃんと言ってくれる坂本に愛。「オシム監督が言いつづけてきたのに解決できなかったので、個々が変わらないといけないところだと思う。(中略)自分からチーム全体を変えていければなと思っています」と言っているところに自覚を感じていい傾向だと思ったり。まあ坂本の試合後のコメントもいつも「気をつけなければならなかった」とか「修正したい」とか言ってますけどね。この時期いろいろ微妙だからね、こうやってジェフ愛を表現してくださると嬉しいですよ、ハイ。来年は他サポからサカマガ表紙の阿部やら村井やら坂本やらに鼻毛でも何でも落書きされるようになって欲しいものです。つか、書かれろ!

 今ごろになって先週の「ジェフスタplus」見ました。村井ーー!どんどん顔が長くなっていくような気がするんだけど気のせいよね。声が小さいのでBGMと収録店内のざわめきで声がかき消されてます。何でこの子があんなにピッチでガツガツやれてるのか、ほんとに不思議。水野はね、右の眉毛いじりすぎ。なんか薄くなってたよ。
 ジェフスタについては、飯田さんを何とかしてください。ただでさえジェフの選手はしゃべるの苦手なんだから、インタビュアーが共倒れになってどうする。カムバック、ミシェル!!
 ちなみに来月19日(日)の夕方、東京ベイららぽーと(船橋)にてジェフスタplus公開収録決定!!
 ようやくららぽーとが柏の手からジェフの元へ戻ってきましたよ!
 是非行ける人はららぽーとへ!総武線沿線はジェフの陣地だ!(こどもかよ)

2004/11/24

必ず朝はやってくる

 味スタ帰りに「U-31」2巻購入。
 ジャべリン磐田vsジェムユナイテッド市原はやっぱいいのう。
 去年も思い出すし、作中の監督の「クソっくらえだ」にシビれるし、涙おろろん。
 あとは浦和レッドスター戦のダメなジェムの選手たちな。試合後に姉崎でみんながおまえが悪い、おまえも悪いって言い合って「たった1回の優勝争いに負けただけじゃねえのかよ…!」のあたり、何遍読んでもマジ泣き。観客少なくてほんとごめん(泣)。
 ジェフサポなら涙無くしては読めないマンガですが、これって一般読者にとってはどうなんですかね?
 …だから打ち切…けおいgyごじうgyhbdこrgなぃしんdきgp

2004/11/23

仲よすぎ。

 2004年J1リーグ2ndステージ 第14節
 FC東京vsジェフユナイテッド市原 in 味の素スタジアム
 3-3 △ 巻2 勇人1

 巻が!ようやく巻が!うをー、巻ーー!おーろろーん。
 この日を待っていたのだよ!ああ巻!なのに引き分けってどういうこと!
 どうしてFC東京とはこんなにも仲がよろしいのですか。別に今日は仲良くする必要ないんですが。
 とはいえ、サブに石川直宏を置いておけるってことはこんなにも効果があることなのだと実感させられてしまった。ぎゃふん。そこはまいった。

 でもって、やっぱり柏原ですよ、柏原。
 なんだあいつ。
 ジャッジの理由がわからない。
 なんとなくPK。まあ、結城がひっぱっていたらしいからこれはまあいいとしても。
 要田の前半ロスタイムのすんばらしいゴールを取り消し。
 なに、取消って。
 喜んじゃったよ。おもいっきり。ぬか喜び。あーあ。
 あれがゴールならまた流れ変わってたよなあ、たらればだけどさ。
 分かってるけど言いたくなるじゃん。何たって、丈二だし。
 ホームからもアウェイからも否定される審判て何。恒例のFC東京サポからの「ウンコレフェリー」コールもありまして。いつもこんなのなのな、FC東京戦てな。

 優勝することよりオシムに残留してもらうことのほうがモチベーション高いのか、と思うほどの前節からの選手のやる気(札幌に負けてしまった、ということがあるにせよ)。もし来季もオシムだったら、毎試合オシムが最後だ、と思いながら試合しなさい。そうじゃなかったときのことはとりあえず考えない方向で。
 J’s GOAL オシムのコメントはこちら
 どうもオフィシャルのコメントとJ’sGOALのコメントが微妙に違うんですけど。文章が前後で入れ替わってたり、記者の質問が2年間を振り返って審判の質がどうだったとか聞いてたり。もう振り返っちゃったよ。やめてよそういうの。
 どうせUNITED ONLINEで動画流れんだから、そのうち分かるんだろうけど。

 超どうでもいい話。
 味スタ行くとき、調布駅のホームにスマイリーキクチがいた。何かの台本を熱心に読んでた。仕事帰りか何か?

韜晦

J-SPORTSで第13節のJリーグを立て続けにだだだっと放送していたので、だらだらと見てしまう。合間にコナミのCMがはいり、JリーグWinningElevenを紹介。ハドソンにおける高橋名人的なWEマスターが挑戦者とこのゲームをするのだが、今回の挑戦者はジェフで対戦。2-0でモンテディオ山形に快勝してました。こういうところでもジェフが出てくると「うおう!」とよく分からない声をあげてしまう自分が悲しい。
 え?EL GOLAZO?
 勇人がMOMに選ばれてたね。ベストイレブン入りもしてたよ。
 あとは何か赤っぽかった。なんか優勝?とか言ってたかな。よく分からないんだけど。ほら、今日海外から帰ってきたから(大嘘)。
 そんなことより来年ドラえもんの声が変わることのほうが重大なニュースだと思うよ。カツオみたいになんとなく交代するには存在が大きすぎるよね。

 …なんて言ってる場合じゃなくて!もう今日は試合ですか。
 さて、あの気合が続くのかどうなのか。
 サポは欲張りなので、頑張れるとこ見せられたら、また頑張って欲しくなるのだよ。

2004/11/22

改めて神戸戦

 ようやく昨日の試合の録画放送を見ました。
 勝った試合は見るのも気がラクです。
 実況が「ウォッチ!」でおなじみの土居ちゃんです。
 前半のジェフはかなりバタバタしてます。ほんと斎藤よくない。どうしちゃったの?という感じ。オシムの言った「ベテランが緊張したプレーをした」というのは斎藤のことか?
 水本はときおり若いなってプレーをしますが、1対1ではすごく落ち着いてます。来年向けの新人獲得にのきなみ負けてるみたいですが、今年彼を獲得できたってのはかなりのプラス要因だと思います。本当に来てくれてありがとう。
 やっぱり動きがいい時のジェフは、坂本が積極的に前に絡んでる時だなと。バックパサー坂本のときはたいがいダメなジェフになってることが多い。選手の動きが悪い→スペースが作れない→パスの出しどころがない→バックパス、という連鎖だから必然なのかもしれないですが。
 神戸はエムボマが後半から出場でしたが、やる気ない感じ。まだケガの調子がよくないんですかね。おかげで助かりました。危ないシュートはあったけど。

 実況より「阿部が残り3試合でオシムがジェフに残りたいと思うような試合をしたいと言っていた」という情報。それと、苦労人ということで要田情報がけっこう多めに盛り込まれていました。だから点を取ったときは実況も嬉しげ。レッズの優勝がなければかなりスパサカで要田が取り上げられていたかも分かりません。テレビは苦労人好きだから。(私も好きですが)あとは、坂本が若手たちに思い切ってやれと。自分達がフォローするから、怯むなというようなことをさかんに言っていた(試合前かな?)そうで、頼もしく感じたり。
 テレビで見ると、オシムの表情がよく分かりますね。3点目の水野のゴールでは少し微笑んでいました。記者会見で褒めただけあるかな。

2004/11/21

無冠だったと懐かしく振り向く日が来るさ!

 浦和は大人の階段をのぼったとです…
 ヒロシです…
 12年間いろいろあったということで、浦和の優勝についてはいろんなスポーツニュースで「想い出がいっぱい」のBGMとともに紹介されているのでもう「おなかがいっぱい」です。うらやましいぜ、ちくしょう!(意外と浦和サポにとってはこの言葉が一番の賛辞だったりしてな。ちくしょうめ)
 ジェフだってゆうしょうすればなあ、語ることのひとつやふたつやみっつ、あるんだぞ!…しくしくしくしく。仕方がないとはいえ、ジェフの勝利はスポーツニュースで軒並みスルーされてます。日本テレビ「うるぐす」に至っては、すごいJリーガー略して「SJ」のコーナーで紹介されたのはカズでした…何か以前もこんなシーンをテレ東で見たような…「カズが大活躍!ですが試合は5-1でジェフが勝ちました」だったような…スーパーサッカーではかろうじてゴールに喜ぶ要田のアップが!

 今日の30%オフジェフグッズバーゲンでは、カーサインを買いました。
 よく「子供が乗っています」とか書いてあるやつのジェフエンブレム版。下に「JEFUNITED」と書いてあるので勝手に「サポが乗っています」とでも書き足そうか。

 今日の試合テレビで見たいのにまだ見られないー。みてえなあ… 

2004/11/20

しみじみ

 2004年J1リーグ2ndステージ 第13節
 ジェフユナイテッド市原vsヴィッセル神戸 in市原臨海競技場
 5-1 ○ 阿部1 勇人2 水野1 要田1

 勝ったねえ…(しみじみ)
 多分浦和の優勝でニュースにはあんまり映らないと思うが。
 気持ちがすごく出てた。最初のほうはそれが空回りしてて危なっかしく、どうなることかと思った。点が立て続けに入って何とか持ち直して。3点目の水野のゴールもよかったし、4点目の要田のゴールはちょっと泣きそうだった。巻も点は取れなかったものの、すごく頑張ってた。みんなちゃんと頑張ってた。気持ち伝わったよ。

 今朝方「播戸はとめたけどカズにやられるとかいうのはナシの方向で」と書いたのがそのまんまやられてるのにはちょっと笑ったけど。今日のカズはキレキレだった。あれなら代表にとか言われても納得する。カズ代表入り反対してすまん。交代する時はホームもアウェイ側も拍手で送ってた。何と言うかこれぞカズ。さすがだなと思った。

 オシムの記者会見はこちら
 今日の審判は悪くなかった。オシムも試合後握手を求めてました。
 あとは、オシムとカズが試合後会談してた。そのツーショットはけっこうよくて、写真撮ろうと思ったけど、新型携帯を使いこなせず間に合わなかったです。

 その他、蘇我スタに屋根がつきはじめた画像がありました。 
 http://maichy.s1.x-beat.com/up/data/oo7783.jpg 
 http://maichy.s1.x-beat.com/up/data/oo7784.jpg 
 です。アドレス欄にコピペしないとエロサイト紹介になってしまうご様子です。
 その前に飛んでしまった方々すみません…。

神戸戦今ごろプレビュー

 中途半端に眠ってしまったら寝られなくなってしまった午前2時。
 今日はもう試合なのに起きられるか心配です。
 
 EL GOLAZOの神戸戦プレビュー。
 水曜日のTGで要田が先発したそうで。芳賀、水野が途中出場。
 明るい希望のもてる成果を残したとのことですが、決定力不足はまだ解消されてないみたいです。
 やっぱり巻だよな。シュート打とう、とりあえず。
 予想スタメンは櫛野・斎藤ミリノビッチ水本・村井阿部中島坂本勇人・巻要田。
 神戸の出場停止選手が3人もおるようで。
 とりあえず、播戸おさえてカズにやられる、とかいうのはナシの方向で。
 生中継はナシですが、同日夜10時からBS-iで録画放送。
 スカパーの方は翌日の夜10時からJNNニュースバードにて。
 はてさて、どうなることやら、不安と期待の交錯する第13節であります。

2004/11/18

今日のイビチャ

 報知新聞にオシム監督インタビュウが載っています。
 天皇杯4回戦の試合後の記者会見でいっせいに「オシム辞任!?」と書いただけでほったらかしにしているスポーツ新聞の記者さんたちの中にあって、最も職務に忠実で誠実なのはあなただ、佐々木とも子さん!(ちょっとこうふんしすぎました)
 今日仕事で外出していて、携帯でこのコラムを知ったのですが、
 つい目的の駅で降りるのを忘れそうになりました。
 で、オシムはあいかわらずオシムです。
 

チームに残らないとは言っていない。

 と言いつつ、
 

残るかどうかは分からない。

 だそうです。
 とにかく今のオシムは「私も本気で取り組んでよりよく修正しようとしているからこそ、今、こうして練習しているんだ。監督がだれであろうと、クラブとして何をやっていかなければならないかを見つけなければならない」と思ってくれているわけで。例え来季がオシムでなかったとしても、この御方がここまで言ってくれているってことは大事にしないといけないと思う。自分がもし監督でなくなった後もこのクラブがよくなるためにどうすればいいのか、そんなことまで考えてくれるってのは素直にありがたいことだしね。
 今日の名言。
 「監督がだれであろうと、クラブとして何をやっていかなければならないかを見つけなければならない」

(蛇足)
 あ、オシムはさりげなくこんなことも言っています。
 「チームはいい選手を連れてくることはできないと言っている」
 …いい選手、連れてこれないんだ(泣)。サポの皆さん、年チケ買いましょう(号泣)。

こねたしう

 某掲示板でのジェフサポのアイドル・FC東京の茂庭さんが肉離れにより全治2週間だそうです。お大事に。ヨソ様のチームですが、ケガ人というのはイヤナモノデスネ。ジェフ戦には間に合わないもよう。

 このところネガティブニュースばかりです。
 来年の有望大学生2人にはどうやら逃げられたもようですし(うちの夫は永井俊太くんのことを思い出して自分を鼓舞していました)、観客動員を何とかしようとここに来て営業部がリキ入れ始めたみたいですが、遅いよ!…まあ頑張ってください。
 …ふぅ。

 シンガポール戦?
 見てません。玉田が点をとったらしいですね。
 シンガポール監督はお金持ちっぽい。名前が。
 それくらいですか、気にした点は。

 火曜日のプロジェクトX再放送、見てしまいました。
 J初年度のジェフがちらり。古河電工盛りだくさん。
 リストラリストラ言われると悪者にされているようで胸が痛みます。
 エンディングロールにに「ジェフユナイテッド市原」の文字。感動するところじゃないのですが一応。
 
 

2004/11/17

もっと責められたい

 今週のサッカーマガジン武智さんのコラムにジェフ?ネタが。
 スポーツクラブの資金力と勝敗の関係について。
以下要約

 「資金があって勝てる」「資金があって勝てない」「資金がなくて勝てない」「資金がなくて勝てる」この4つのカテゴリーの中では「資金がなくて勝てる」チームに人は魅了される。最終的にはヤンキースや横浜FMや浦和レッズが勝とうとも、このようなチームが優勝争いに絡んだ時点で目から鱗を落とされる感激を味わえる。こういうチームが例えタイトルをとれなくとも、私はそのチームを「なぜタイトルがとれないのか」と責める気になれない。

 ジェフがもっと強くなるためには、もっと「なぜタイトルがとれないのか」と責められるチームにならなければいけないのかもしれないです。感激されてるだけじゃいけないのかも。それは他から選手を取れとかそういう話じゃないんだけど。ちょっとうまくまとまらない。

2004/11/15

エルゴラ赤いなアウレリオ

 アオイ ソラ シロイ クモ
 アカイ アカイ エルゴラ アカイ
 イツモカントウ マッカッカ
 トキニハ ウラモ マッカッカ
 (戦前小学1年生向け国語教科書より)←嘘です

 1日たって天皇杯ショックもおさまりはしませんが、ちと落ち着きました。
 スポーツ紙でオシムの辞任が報じられてみたり、室蘭での試合後の話が少しずつ明らかになってみたり。室蘭まで行ってあんな試合(天皇杯ダイジェストを見たところによれば)見たら怒りますよ。でも監督もバスから降りてきて話をしたとか、試合後の挨拶で坂本がスタッフを振り切ってサポに謝罪してたとか、ちょっとよかったなと思うところもあったり。それにしても観戦しに行った皆さん、本当にお疲れ様でした。
 それにしてもニッカン「既に監督仲間にも『今季限り』の意向を漏らしており」って、監督仲間って誰よ?反町監督?アルディレス?ブッフバルト?それとも清水の前監督アントニーニョ?(それはおじいちゃん仲間)
 で、EL GOLAZOなんですけど。Friskさんとこにも書いてあるけど、何でレッズ永井が巻頭なんですかね。ちょっと度がすぎやしませんか。あと「とことんレッズ」の広告ね。もう見飽きた。

2004/11/14

オシムのコメント&選手たちへ

 公式にオシムコメントきました。

(対札幌戦記者会見より)

Q 来年の指揮は?
A このような試合を見たあとでは首をヨコに振るしかない。こんな試合ばかりでは、心臓が持たない。まあ、ベンチで死ぬのも悪くないけどね。

 …試合内容が分からないだけに何だかもう…

<追記>
 選手のコメントもきました。
 気になるのは阿部のコメントで

 すべては自分たちの実力不足から来ていること。ボクは試合に負けてすごく悔しい。ただ、他の選手にももっと悔しがってほしい

 とあるのだけれど、悔しがってない選手なんているの?
 本当に悔しがってない選手がいるんだとしたら、その選手は辞めたほうがいいんじゃないか。「負けたくない、勝ちたい」ってプロの選手として最低限のモチベーションじゃないの。ただ外にその悔しさを出せないだけで、阿部が感じ取れないだけで、本当はそんな選手はいないと思いたい。
 もうね、みんな謝るより勝って欲しいよ。ポイントポイントで負ける、って全部負けてるより悔しいよ。だって期待して期待して、ドンと落とされるってことでしょ。肝心なところで折れて欲しくない。
 そりゃ全部負けてたらそれはそれで怒るよ、当たり前。
 気持ちの問題って今に始まったことじゃないし、何度その言葉を聞いたか分からん。
 頑張ってるのも分かってる。
 ケガ人多いのも分かってる。
 でもだからって、どうしてこうなる?
 また気持ちの問題?
 じゃ、どうすればその気持ちの問題は解消されるわけ?
  大事なのは、「自分たちはもっとできる、勝てる」と信じること。
 (「オシムの提言」第1回より)
 もっと自分たちを信じてよ。気持ちなんかで負けないでよ。
 だってここまでやれてるんだから。
 何だかんだ言ったって、サポは信じてるから。信じざるをえないから。
 年チケも値段上がっても買うから。お金落とすから。
 お願いだから。
 
 

散る

 天皇杯4回戦、ジェフはコンサドーレ札幌に負けました…。
 後半24分に斎藤大輔のゴールで先制して、コンサの上里に取られて追いつかれ、延長前半10分にVゴール決められた模様です。
 
 何もする気になりません…。
 …あ、リーグ戦あるんだっけか…
 何かどうでもいい…
 ジェフィ&ユニティ……なんだかとてもねむいんだ………


 あほかーーーー!

 …もうビンボもケガもなにもかもイヤだ…
 

シーチケ継続案内に思うこと

 昨日は来年のシーズンシートの告知がオフィシャルHPに出ていましたが、今日は我が家にシーズンシート継続の案内が届きました。HPよりももう少し細かく来年のチケットの一試合ごとの値段も記載されています。
 試合数が増えたせいもあるのでしょうが、値段高いなー。
 これで蘇我スタの試合数が増えたらいったいいくらになるのか。ちょとコワイ。
 今ウチは年チケ2席とジェフユナイテッドクラブ会員+家族会員なのですが、来年自動入会となるとどうなるんだろうか。ジェフユナイテッドクラブ会員証が2枚届くとかってこと?ちょっとワカラナイ。
 来年の変更点は、自由席にホーム・アウェイの区別が出来たこと、A自由席がコーナー自由席(バック又はメイン)、BOX席はジェフシートと名前を変えたこと。自由席学生が廃止になり、大人又は小中という区別になりました。
 臨海競技場限定ですが、チケット代は下記のようになるようす。
 SSB指定席(Sバック指定席)4,500→3,500円
 A自由(コーナー自由席メイン)大人2,500→2,700円
 バックスタンド2階自由席(コーナー自由席バック)大人2,200円→2,500円
 バックスタンド2階自由席(コーナー自由席バック)小中600→1,000円
 他は今年と同じです。
 蘇我スタのチケット代は、指定席についてはそれぞれ臨海でのチケット代金に500円を足した金額、自由席については臨海と同額のようです。国立での試合よりも高いんですね、蘇我スタは。職場で加入してる福利厚生共済組合経由でアウェイチケットを購入することがよくあるせいもあって、あまり他チームのチケット代を気にしたことがないのですが、この値段てどうなんでしょ。ちょっと高い?
 <自由席(大人一般)前売り他チーム状況(基本的に一番安い大人席)>
  鹿島、清水 2,300円 
  柏、浦和、横浜、磐田、新潟、名古屋、広島 2,000円 
  FC東京、大分 1,800円 
  V東京、C大阪、G大阪、神戸 1,500円
 ジェフは鹿島・清水に次ぐ2,200円です。やっぱりちょっと高いような気が…
 来年も同クラスでシーチケ買う予定ですけど、正直ちょっと提示額にビビってるとこあります。ほぼ全試合蘇我スタになったら少し席種を下げてもちゃんと試合が見られそうなので、もしかすると再来年以降はまた考えるかもしれません。うーむ。こうやって見てみると、シーチケ買うってかなりの娯楽なわけですね…。
 

2004/11/13

アヤしげなネタに過剰反応

 来年のシーズンシート発売告知がオフィシャルにでました。
 蘇我スタの席割も出ております。萌えますね。
 値段も上がりましたが試合数も増えるし、蘇我スタ開催試合分も入るので無理もないか…。
 
 話は変わって。某巨大掲示板から仕入れたネタ。
 So-netサマのHPでやってるtoto予想はひどいですね。つか、まだこの絹見って人いけしゃあしゃあとサッカーで飯食ってるのでございますね(何年か前の開幕直前予想参照。チームカレンダーの写真で降格チーム予想されても…せめてキャンプの取材くらい行ったほうがいいんじゃないでしょうか)
 相方の吉沢康一氏もろくなこと言わないし…
以下、吉沢氏の発言引用

聞くところによると、今年のオフは阿部を放出して、その移籍金でお買い得の外国人とFWを補強したいと考えているらしいんですよ。オシム監督は身体のこともあるし、今年で最後だと思いますし、いつまでたっても成長しない若手選手に業を煮やしているとも聞きます。

引用終わり。
 toto予想コーナーってスポーツ紙からインターネットからいっぱいありますけど、大手資本(この場合So-netサマ)がバックについててもこういう予想屋さんはアヤしげなことを言いがちです。去年のオシムの去就ネタ(最終節のヴェルディ戦で「来年私はここにはいない」と選手に語った、とフリーライターの平野某氏がプロサッカーニュースにて明言)にしてもそうだけど、そういう「オレはウラを知っている」的なこぼれ話はほんとにいいかげんにして欲しい。シロウトじゃないんだから、ウラ取りぐらいしてくれろ。「いつまでたっても成長しない若手選手」ねえ…他チームについても言いたい放題で。何だかなあ。
 絹見氏にいたっては、昔のこととはいえJのチームに向かって「そんな市原を残留させてはJリーグのためにはならない!! 」とまで言い切ったことについて何の反省もないのだろうか。ここまで言ったんだったらもう完全なアンチジェフのサッカー関係者として腹くくってくれればいいのに。「 この前の横浜FM戦に負けて優勝争いから脱落しちゃったし、ちょっとゴールが決まる気がしないんだよね」なんてヌルいコメントしてないで「このチームはJにいちゃいけないチームなんだから、毎試合負けるに決まっている!点だって取れるはずがない!今こんな位置にいられるのは他チームがだらしないからだ!」ぐらい徹底してりゃあ、芸として面白いのに。日刊ゲンダイが必ず巨人にケチつけるのと同じようにさ。

2004/11/12

営業激励月間

 今月末から始まる選手の移籍におびえるあまり、ジェフの営業さんを叱咤激励し始めたミナセです。こんばんは。毎日「営業、死ぬ気でやれよコラァ!」とばかり言っていても仕方ありません。言って新しいスポンサーがつくのであれば、ジェフ系サイトそろって毎日書き付けることでしょう。また、サイトを持っていないサポも新たにサイトを作ってまで言うことでしょう。「死ぬ気で営業行ってこいやゴラァ」と。一日に何回更新してもいいくらいです。
 モノを買うとか、試合に友達を連れてくるとかそういうサポ的努力については直接の売上の問題ですからここでは少し置いておきましょう。観客動員を増やすとか、グッズの売上を伸ばすとか、そういう小口現金的なことはとりあえず棚上げです。今ここで問題なのは、いい選手を移籍させないために大口の現金を獲得するにはどうすればいいか、ということです。やはり大口の新スポンサーの獲得、もしくは小口でも大量に獲得してくることだと思われます。ジェフの優秀な営業さんのスポンサー獲得のために、サポには何ができるでしょう。ちょっと考えてみます。
1.千葉市内、市原市内にいるときは常にジェフのことを話題にする。
 ツレがいるときは必ずジェフのことを口にしましょう。試合の日はもちろん、仕事の昼休み、同僚と食事をするときも同様です。周囲の一般市民、もしくは千葉・市原市内にある会社の社員の皆さんに「ああここはジェフのホームタウンなんだな」と認識させることが目的です。ホームタウンという認識が広まれば、ジェフの営業さんが訪問した際にも「ああうちはセールスお断りだから」と門前払いされることもないはずです。例えすぐにはスポンサードできなくとも「悪いね。でも受付にジェフィのぬいぐるみ置くくらいならいいよ」的リアクションにもなりましょう。千里の道も一歩から。地道な努力が大切です。
(例)
 サポ「いやー、今、ジェフはリーグ戦4位なんだよー(周りに聞こえるように)」
 同僚「オマエ声デカいよ、ちょっと声落とせよ」
 サポ「来年は蘇我にスタジアムもできるんだぜ!サッカー専用でさー(以下、蘇我スタのよさを力説)」
 同僚「もう聞き飽きたよ」
 (ジェフサポはうるさい、そのうえしつこい、という刷り込みができる危険性もあります。ご注意ください)
2.千葉市内・市原市内の店舗の「お客様の声」に要望を出す 
 ありとあらゆる両市内の店舗の「お客様の声」ボックスに「ここはジェフのホームタウンなのに試合の日に旗が出てないのはどうしてですか?」「ジェフグッズを買いたいのですが置いてないのですか?」等、善良な一般市民を装って柔らかな表現で「ジェフと何かコラボらないの?やってくれるといいのになあ…(ちら見)」というような要望を出しまくる。そこへジェフの営業が訪問すると。
店長「いやあ、最近お客様からこんな声がたくさんあるんですよ」
営業「おや、それなら我がジェフにおまかせください!」
(何をどうするかは営業が考えてください。私は営業じゃないので)

 …ふぅ…石は投げないで石は。

 営業の皆さんは頑張ってるんだと思いますよ。
 もちろんオシム監督就任以後、サッカー雑誌やサッカー番組などでジェフが取り上げられた全映像と全記事はデータ化して、営業に回るときに使ってますよね。その前の露出の少なさと比較して、これだけ露出が増えましたと。成績も上がってこの位置にいますよと。レアルマドリーとも試合しましたよと。視聴率これくらいで全国ネットでしたよと。こういうところにお金を出してもらえれば、こういうふうに取り上げられ、このようにテレビに映ったり雑誌に載ったりしますよと。もちろん優秀なスタッフの皆さんですもんね、こんなことやってるに決まってますよねえ。

2004/11/11

営業叱咤月間

 EL GOLAZOに村井の記事。今が旬のJリーガー特集。ジーコジャパンに何で呼ばれないんだ!と思われている選手の1人として登場。いろんなとこで村井褒められどおしです。
 褒められれば褒められるほど不安もつのろうというもの。
 日本のスタジアムの中では臨海が最も好きだという村井。
 来年からは蘇我スタジアムが最も好きなスタジアムになっておくれだよ。
 
 ええ、そんなわけで今月はジェフ市原営業部叱咤激励月間とします。
 死ぬほど頑張って大口スポンサー見つけてくるように。

2004/11/10

ジェフ市原営業部に告ぐ!

 「プロサッカーニュース」のオープニングクイズで満員(だろうと思われる)臨海競技場がちらっと映る。そりゃリピーターもつかないわ。ジェンカを踊る中西と城。うーん、城がちゃらちゃらしてます。
 今週のサッカーマガジン。モノクロ半ページで要田勇一。いろんな人が言ってるけど、マツケンに似ている…。
 ジェレミーさんのコラムにオシムの心配事が少し。今年のシーズン開幕前、オシムはジェフの選手が今シーズン終了後他クラブに引き抜かれてしまうのではないかと心配していたとのこと。
 以下引用。

ユナイテッドはトッププレイヤーを失うことにならないだろうか、彼(オシム)はそう心配していた。今シーズンが終わる頃、阿部や村井、羽生といった選手は、さらにお金と野心のあるクラブに引き抜かれてしまうのではないか、と。(中略)
羽生がポスト名波として磐田へ?
村井はFC東京の左ウィングとか?
浦和で阿部&鈴木のコンビが実現?
うーん、確かに想像を掻き立てる話ではある。
 

引用終わり。
 やーめーてー!!!!!!想像なんてかきたてなくてよろしい!
 もうほんとに勘弁してください。記者の人はいろいろ想像して楽しいかもしんないけどね、サポはそれどころじゃねえんだよ!!…あらやだ、私ったら、いやだわほほほ。
 でもジェレミーさんをちょっと嫌いになった。

 そんなわけで、ジェフユナイテッド市原営業部の皆さんに告ぐ!
 死ぬ気で大口スポンサー取って来い!!
 それが無理なら小口を大量に取って来い!!
 選手があれだけ頑張ってんだから、あんたがたも頑張れ!!
 蘇我スタできたらなんとかなるー、とか思ってんだったら大きな間違いだかんな!!
  

2004/11/08

だからあとは巻なんだって

 今日はえるごら、買いそびれました。
 横浜戦の選評に何かグッとくることが書いてあったらしいです(未確認)。
 「この戦力でようこの位置におるのう。賛辞を贈りたい。褒めても褒め足りない」的なことらしいです。褒めてくれてありがとう。だがしかし。褒められるよりも現金を!そんな選手たちに現金を!
 もうすぐ寒い冬です。2ndステージが終わりに近づいている、ということはまた契約更改がやってくるのです。ああ、このままシーズン終わらないでくれ。浦和の優勝?ナニソレ。食べられるの?と言ってしまいたい。言ったところでシーズンの終わりはやってくるのですが。
 私にできることはチームに金を落とすことくらいなんで、来年のシーチケも買うし、新しいカレンダーも買うからさ、でっかい現金については選手たちに頑張っていただいて、賞金圏内少しでも上を目指して残りの試合を戦ってください。できれば2位になってください(ジェフキッズの気持ちで)。あ、それからジェフの営業も死ぬほど頑張って大口スポンサー見つけてくるように。選手がこれだけ頑張ってんだから、営業はそれに応えなければならない義務があると思う。
 それから巻、頑張れ。横浜戦の阿部のゴールに結びつくフリーキックは巻がとったんだもんな。今度は直接オマエさんが点を取ってくれ。頼む。お願いします。このとおり。あんまり頑張れ言うのはスキじゃないが、言われてナンボだ!

2004/11/07

勝手に妄想

 昨日の夜にこの間のナビスコ決勝再放送をやっていた。
 横浜から疲れた体をひきずって帰ってきた身にとってはしみた。
 それも延長後半とPK戦しか見ていないというのに。
 加地がPK決めてハラヒロミやらFC東京の選手やらが喜んでいるところを見ていたら、なんやほろほろと涙が出てきてしまう。「これがジェフだったら…」と勝手に画面をすりかえるとより泣ける。最後のPKを止める櫛野。飛び出すベンチの江尻と小倉コーチ。同じ格好でガッツポーズする間瀬通訳とオシム。櫛野に駆け寄るジェフの選手たち。喜ぶ阿部。目が真っ赤。にこにこしている村井。抱き合う坂本と茶野。目をぐりぐりさせながら吼える羽生。汗びっしょりかいて客席に手を振る斎藤大輔。メダルの授与で横一列に並んで喜び爆発。オシムはインタビューで「今日はジェフの方が少しだけ賢くプレイできたということ。これからジェフの黄金時代が始まるって?さあね、選手たちがこれからも賢いプレイを続けていければ不可能ではないかもしれないが、人生はそううまくいくものではない」
 うー、そんな光景みたら泣かずにはおれん。ちゅうか、これ書いてる時点でディスプレイが涙でにじんでゆがんで見えるんですけど。
 …ゆうしょうしてえなあ…
 できればオシム来年もいて欲しいんだけどな。どうだろうか。
 ケガ人続出の現在では来週の天皇杯すら恐怖なのですけれども。

2004/11/06

ダフ屋さんがいました。

 2004年J1リーグ2ndステージ 第12節
 横浜Fマリノスvsジェフユナイテッド市原 in 横浜国際競技場
 2-1 ● 阿部1

 現場でしゃべってた人からパクり。
 今日は教育的な試合でした。
 高卒ルーキー3人が揃い踏みのスタメン。それをフォローするルーキーじゃない選手たち。
 いやー、こりゃ大変ですよ。フォローしながらミスしたりすんだもん。
 勇人のオーバーヘッドは惜しかった。バーに当たって落下。ライン外。
 今日はマリノスの坂田のゴールもポストに当たって入ってたので、こういう勢いってあるよなあと。当たって入るのってそれなりに勢いがあるときで、大概そうなると勝てたりするもので、ダメな時はやってもやってもポストやバーが外に出してしまうんですな。
 メンバーみて、こりゃもう期待はすまい(ある意味ワクワクしますが)と思っていたのですが、「ハーフタイムに浦和が負けてる情報入手→後半開始すぐに阿部がゴールで同点→んん?もしやするやもしれん→マリノス坂田投入→ダメだこりゃ」というふうに気持ちが変わってゆきまして。人間ちょっとでも「もしや」と思うと欲張りになるものですな。ガンバが前半3-0で勝ってるというのに。
 それにしても楽山がちょっとひどい。見ていてムカツク。ひょろひょろ蹴ってんじゃないよと。あれなら結城ボランチ、坂本右のほうが全然いいのでは?と。巻がんばってんだけどなあ…
 羽生のケガは大丈夫なのか?
 もうほんと試合をするたびに人が減っていくのが見てられない。
 なんとかならんか。

 ほんとに横国行って足取り軽く帰ったためしがない。
 帰りの横浜線のホームでお水なおねえちゃんに「もう帰る!」とか言われて振り回されてる薄ら禿げのおぢさんが不憫でならんかったです。

2004/11/05

ばかばなし

 ドイツワールドカップアジア1次予選・シンガポール戦のメンバーが発表されました。
 ええと…何をどう読み取れば?
 
 昔々あるところに、ファン太の工場がありました。全世界のファン太工場は、4年に一度、ワールドテイスティング大会を行います。世界各国の工場からよりすぐりのオリジナルな味のファン太が集まります。この大会には2回の地区予選があり、ここを勝ち抜かなければ世界大会には出られません。日本にも工場があります。工場長はブラジル出身。フェスタの大好きな工場長です。アジア1次予選を通過した工場長はご機嫌です。シンガポールとのテイスティング勝負を残したまま、1次予選通過を決めました。頑固な工場長は今までのオリジナルテイストが大好きでしたが、ここへきて、ある提案をしました。
「ぼくはファン太ゴールデングレープ味で勝負したいんだ。この味ならシンガポールとのテイスティング勝負に勝てるさ!ぼくはゴールデングレープ味が大好きなんだ!」
 工場長のていあんに社長は大喜び。
「ぼくもゴールデングレープは大好きさ!あの味をまた味わいたかったんだよ。大賛成だね!原料は海外からも取り寄せてあげるよ。ぼくが直接取引きしたっていいさ!」
 ところがこれをきいた作業員達は喧喧諤諤です。
作業員A「ぼくだってゴールデングレープは好きだけど、なんで今復刻する必要があるのさ!本選に出るまでに原料が海外から出荷停止になったらどうするの?今はまだいろんな原料を試してみた方がいいよ。国内にだっていい素材はいっぱいあるよ!新しい味を開発しようじゃないか」
作業員B「ぼくもゴールデングレープがいいと思うよ。1次予選はとおったんだもの、あの味をもう一度復刻したっていいじゃないか。ゴールデングレープの何がいけないっていうんだ!」
 作業員達の間でいろんな意見が噴出しています。フェスタ好きの工場長もこれにはちょっとびっくりしました。その上、アジアファン太連盟から「復刻版とかじゃなく、オリジナルテイストに近い味わいでよろしく」との手紙が社長に届いてしまいました。
 作業員達が見守る中、工場長はシンガポール勝負に提出するファン太を発表しました。
 そのファン太の味は・・・
 作業員A,B共に「…何かビミョー…」

 すみませんすみません。お前がばかだと言われたらそれまでです。
 思わず訳のわからないことをつらつら書いてしまうくらい微妙な空気が私の傍を駆け抜けていきました。
 若手…は大久保かな。
 控え…は藤田とか小笠原とか…?
 …茶野はどこへ?
 浦和の選手は三都主だけですかね。独走首位だけれども。攻撃しまくりですけれども。おやおや鹿島の人がたくさんいますね。はて、鹿島は何位じゃったかのう…あれあれ、日本人得点王がいませんね。その相方であるところのジョビジョバの中の人(二川)もいないもようです。どうしたのでしょう。(棒読み)
 若手も選ばんが功労もナシってことで。ジーコ工場長の結論ですかね。

 ええと、選出された皆さんおめでとうございます!頑張ってくださいね!

2004/11/04

あとは巻だよ

 昨日のナビスコ決勝を見てから、何というかFC東京がうらやますぃ。「なかなか決まらなかったPKキッカーの5人目に立候補した加地。『ぼくはあまり目立ちたくないんですけどね』と言ってはにかむように下を向いた」(日経新聞より)みたいな記事を読んで、なんだ加地っていい奴じゃん、代表でも頑張れよ!とつい思ってしまった私はひねくれ者のくせに意外とピュア(自分で言うな)。
 そんなこと言ってる間にもう週末は近くてですね、横浜戦が間近なわけです。去年横浜行ったときはモーニング娘。のコンサートとかち合ってて、なかなかヘヴィな駅前もようだったんですけれども、今年は何のコンサートがあるのやら。その上負けるとシンドイんですよ、帰るのが。今まで横浜行って勝ったことないんですけど、今回は久保がいないので期待してもいいだろうか。ジェフは広島に弱かったんじゃなくて、久保に弱いんだとおもうんですけれども。
 今夜の「Jリーグナイト!」では市原の勝ちにつけている人はいませんでした。ケガ人多すぎてダメだってさ!先週とスタメンは同じなのに(泣)。なんだよ、どうせtoto予想とか当たんねーじゃん(暴言吐きすぎ)。
 そんなよくわからないくだを巻きつつも、オシムの提言の「チャンスはピッチの中で生まれるものだ」を心の中で1000回写経する気持ちで週末を迎えようと思います。

2004/11/03

「チャンスはピッチの中で生まれるものだ」

 FC東京の皆さんおめでとうございます。
 こんだけケガ人いるんだから、もしジェフが決勝まで残ってたらそらもう大変だったろうなあと思っても、人が喜んでる姿を見ると羨ましくなるのはしょうがありません。
 「ええ、浦和さんには、リーグ戦で優勝していただいて」ハラヒロミ、おもしれえぞ。

 今日はトレーニングゲームを見に行くつもりだったのですが、やっぱり起きられなくて断念。ナビスコ決勝も前半だけ見て、あとは昨日の朝日新聞「オシムの提言」をコピりに図書館へ。もういきなりのタイトルが「金持ち勝つとは限らない」ですよ。文中にも「金満クラブ」とか書いてあるし。海外の話をしているので、浦和のフロントから朝日新聞へ抗議が行くことはないと思いますけれども、注意しないと日経新聞のように抗議されてしまいます。
「(ギリシャを指して)スター選手がいなくとも、頂点には立てるのだ」「市原も財政的には苦しくスター選手はいないが、同じことが市原に起きる可能性は、なくもない。チャンスはピッチの中で生まれるものだ」
 じーん。

プロサッカーニュースはお休みです

 例のごとくマガダイ購入。
 こないだのガンバ戦は扱いデカい。どちらもベストゲームだそうです。
 ああうれしい(棒読み)。
 MOMはダイでは羽生、マガでは阿部です。
 マガジンは999号らしく、今までの表紙が全て載っているのですが、ジェフで表紙になったのは(古河除く)城と阿部のみ。阿部はオリンピック代表としてだし、ああ冷遇。去年躍進しているときでもベルデニックのときでも表紙になってないんですな。代表がらみばっかだよ。記事中には水野がモノクロで半ページ。
 ダイジェストはJの特集でジェフ記事2P。村井イチオシ。「MY BEST」が新潟の秋葉。昔通ってたカルチャースクールに市船高で秋葉の同級生だった子がいて、卒業後クラス会で集まると秋葉は必ずジャージ姿だったというエピソードを教えてくれた。ものすごくイイ奴で、ジャージ姿も「秋葉くんだからいいよ」と許されていたらしい。秋葉を見るといつもこの話を思い出すなあ。

2004/11/02

たなかゆうじさんへ。

 闘莉王、テンション上がりすぎ。
 例の一言を言わない福田正博にはもう期待すまい。これからは闘莉王に期待だ。
 そうさ、浦和は強いよー。超攻撃サッカーだよ、フットボールだよ。
 うんうん、守備重視のFC東京のサッカーなんて腐ってるよね、サッカーは攻撃してこそだもんね。
 だからさあ、闘莉王、言っちゃえよ。
 例の一言をさ。他サポはみんな期待してると思うよ。
 そんな腐ったサッカーとか言ってないで。
 もっと言わなきゃならない言葉があるじゃないか。
 強い浦和だよ。1回しか負けてないよ。
 アレだよアレ。もう、分かってるくせに。じらし屋さんだな、たなかゆうじは。
 
 サンスポの闘莉王記事の下にちっちゃく出てる記事に笑。

浦和の日本代表MF三都主(27)が、今年7月に中国で行われたアジア杯の優勝メダルをなくしていたことが1日、分かった。現地でなくしたという三都主は「(中国の)どこでなくしたか分からない」と悲しんでいる。

 かわいそうな三都主。

 *FC東京サポのみなさんごめんなさい。でもどちらかというとFC東京寄りの気持ちです。私はジェフのトレーニングゲーム見に行く予定だけど。

シジクレイ邪魔。(やつあたり)

 「J-SPORTS」にて昨日の試合をおさらい。
 前半45分間と後半30分以降のみ観戦。
 いやあ…けっこう押されてるのな。
 こりゃ2-0で終わるわけないわ。
 後半30分以降は全然見てなかったので、とても新鮮に見入ってしまいました。
 ぎゃーとかわーとかのわーとか。
 試合終了間際の村井の右足シュートは何回見ても涙がにじむ。悔しいー!
 ちゃんと要田も詰めてたのになあ…ポストで跳ね返った角度がちょっとずれてれば、要田触れてたよ。
 そうすれば英雄だった…
 そしたら私も今日もう少し仕事頑張れた。
 パトラッシュ・・・何だかぼく、眠いんだ・・・

 シジクレイはやっぱり邪魔。立ちはだかりまくり。ものすごく邪魔。
 のかんかい、オッサン!と言いたくなる。うー。
 あとちっさいオッサン(フェルナンジーニョ)。ヤな動きー。
 はあ…2-0だったんだよなあ…前半終わった時はさ…
 ああ、足取りが重い。

 あ、EL GOLAZOね、1ページまるまる昨日の試合。MOM二川。あはあは…はあ。
 巻頭はナビスコ決勝ネタ。また浦和っす。あはあは、そりゃそうだ。
 Jの特集「サポーターのココロ」セレッソ大阪編にあったこの言葉で今日は〆。
 

セレッソにはモリシがいるじゃないですか。(中略)ましてや石を投げるとか、殴りつけるとかは絶対にしない。それは、モリシのチームメイトに対しても同じですよ
 
 愛されてるね、モリシ。
(蛇足)
 セレッソつながりで昨日の風はどんなのだっけ?さんところで見つけた「長居のおばちゃん」(アルパイinRedsさん)というお話、胸に染みました。こういう人が実は市原市にはたくさんいる、って言われたらすごく嬉しいのに。
 いや、まあジェフとしてはもっと試合見に来てくれるとよりいっそうありがたいですけどね。日曜日試合前にアピタ行ったら、普通に買物している人でごったがえしてたので、「今日試合なんですよーー!」ってアピタの中心で叫びたかったですけど。それはまた、別の話。
 
 

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ