フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« ケガしませんように | トップページ | 地道チラシ大作戦 »

2005/03/12

北風と太陽なら太陽作戦で

 2005年J1リーグ 第2節
 ジェフユナイテッド千葉vs柏レイソル in 市原臨海競技場
 2-2 △ 巻1、阿部1

 とにかく寒い!!!とにかく風が強い。前半は風上、後半は風下。できれば逆がよかったよ…
 巻の1点目は柏のDFたちがこぞって阿部寄りになっていたのも幸いしてフリー。ちゃんと決められる巻になりましたよ、奥さん!
 失点シーンは一瞬競技場内がエアポケットに入り込んだがごとくシーンとしている間にすぽっとな。何が起きたのか正直分からなかった。帰宅して見直したところ、クレーベルが上がってるのに誰も気が付いてなかったようす。声掛け合ったり連携が取れていれば防げたかも。
 勝てた試合だったけど負けなくてよかった試合だったともいえ…ただケガ人が出なくてよかった。巻は何度もやられていたけど、ほんとに巻はつよい子だ。巻がケガをするときは、よっぽどのことがあったからなのだろう。
 オウンは確かに痛かったなぁ。ゴールにボールが入った瞬間、櫛野もストヤノフももうジェフの選手全員、坂本に視線集中。坂本orz。試合終了後くずおれて櫛野に抱き上げられてた坂本みたら何も言えないけどね。でも坂本は逆境に強いというか、痛い目にあったあとほど頑張れる選手だと思うので、もっと伸びるための試練だと思おう。
 それにしても阿部は今季の移籍騒動については相当思うところがあるのか、試合前のホーム開幕挨拶の時にも「ここにいる(今いる、だったかな?)選手たちで今年はがんばります!」と言っていました。ほんとに頑張ってほしい。

 主審の岡田さんがどうも前節のアレをひきずってるのか、ちょっとジャッジがナニで。すごくダメとかそういうことじゃないんだけど、FKの位置をみょうに細かく指定してたり、そこはカードだろってときに全く出さなかったり、ちょっとナーバスになってるのかあまり安定したジャッジじゃなかった。後半もういっこ確実にPKだろうが!という土屋のファウルを見逃されもしたのでちょっとナニなんだけどあまり責める気にはなれない。にんげんだもの。ハーフタイムや試合終了後に引き上げる審判団に「誤審野郎!」とヤジっていた男子がいたのだが、こういうときこそ、あたたかい言葉をかけようではないか。もしかしたらそのジェフサポのあたたかい言葉が主審の心に染み込むやもしれない。その言葉が優勝を決するような試合のジャッジングに影響するかもしれないではないか。微妙な判定、カードを出すか出さないか、それを決めるのは主審である。人間なんだからやっぱりどちらともとれる微妙な場面で、ふとあたたかい言葉が脳裏に浮かぶかもしれないではないか。あまり人にひどい言葉をかけていては、そのうち自分に返ってくることになりますよ…
 なーんて言ってる私も土屋のPK級ファウルを見逃した時は「どこみてんだボケー!」と叫びました。あははうふふ。だって見てるわたしもにんげんだものー。

« ケガしませんように | トップページ | 地道チラシ大作戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/3274719

この記事へのトラックバック一覧です: 北風と太陽なら太陽作戦で:

« ケガしませんように | トップページ | 地道チラシ大作戦 »

サイト内検索


無料ブログはココログ