フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 地道チラシ大作戦 | トップページ | サポとはそういうもの »

2005/03/13

黄色いスタジアム その2

 昨日はホーム開幕試合。さらに千葉県内にホームタウンを持つチーム同士の対戦。
 夜、風強し、寒い、をあわせても6612人の観客。
 ちばぎんカップよりも少ないとはどういうことか、と。
 今日の新潟vs大分の試合を見ていたら、雪が降りしきっとるわけです。
 でも35337人なわけです。その上新潟のゴール裏には上半身裸がいるとです。(本当)
 
 営業努力が足りない、というのは何度も何度も言われているので、今日は別の種。
 うちの夫の職場は千葉県内にあるのですが(総武線沿線)、職場で話していて潜在的ジェフサポはたくさんいると感じているようです。テレビ中継があった次の月曜日は、ジェフの話題がけっこう出るのだといいます。うちの夫がジェフサポだというのはもう有名になってしまったので、気を使ってジェフの話題を振ってくるのだと思っていたらしいのですが、そうではなく、昔からテレビでは見ているという人ばかりらしいのです。
夫「どうして臨海で見ないの?生で見るとテレビよりももっとおもしろいよ?」
同僚A「臨海で見たことならあるよ。Jリーグバブルの頃に、自由席で。あれ経験したら二度と行きたくないね」
同僚B「あ、俺も。たまーに国立なら行ってもいいかな」
 うちの夫はJリーグバブルの頃はテレビ観戦だったので、満員臨海自由席の恐怖を知らないそうです。昔の映像を見ると確かに観戦するには大変そうだなぁ、というのは分かります。
 でもやっぱり生観戦のほうが楽しいからと、メインを勧めてみたり神殿2階席をアピってみたりしてみたようなのですが、Jリーグバブルの頃に足を運んだ人々には頑として受け入れてもらえず、口をそろえて「蘇我スタが出来たら絶対に行く」と言われたそうです。
 先日、別の同僚Cさんが近所のスーパーか何かでジェフ戦のチケットが当たり、子供さんを連れて見に行ったそうなのですが、「試合はおもしろかった。でも子供連れて行くのに臨海は遠すぎる。自由席も見づらかった」との感想だったそうです。「蘇我ならもっとうちから近いんだけど…」
 ホームタウンではないのですが、千葉県内での話です。
 単なる一会社での出来事ですが、もしかするとこういう潜在的ジェフサポはけっこういるのかも。
 (その割にはJEF PRESSがあまり減ってない、というのはナイショだ)
 見やすいスタジアムで、素晴らしい試合。
 お客さんをつかむのにはやっぱりハード面の充実というのも重要な要素の一つなのだと。臨海も行き慣れれば「我らのスタジアム」ですが、一見さんにはちょっとつらいのかもしれません。
 上記の同僚さんたちも、ジェフがいいサッカーをしていることは分かっているようですが、過去の記憶が張り付いて、臨海には二の足を踏んでいるようなのです。

 別に臨海をこき下ろしたいわけではないのは分かってください。確かに場所によって見づらいのは事実だし(汗)。それに見づらかろうが寒かろうが、スタジアムにやってくるサポを今まで増やすことができなかった、ということは確かなので。

« 地道チラシ大作戦 | トップページ | サポとはそういうもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/3282874

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色いスタジアム その2:

« 地道チラシ大作戦 | トップページ | サポとはそういうもの »

サイト内検索


無料ブログはココログ