フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 今こそ臨海へ来い | トップページ | うひょ~い! »

2005/06/11

Jはあなたのそばにある

 ジェフサポ…いやいや、Jサポは必見!「サッカー批評」購入です。特集は「Jリーグを応援する」。
 ジェフ関連は、西部さんの「オシムサッカーに魅せられる理由」。全6ページにわたりオシムサッカーの魅力について。読み応え充分。購入すべし
 「U-31」原作者網本将也さんのコラム「ゴール裏センチメンタル合唱団」は4月のジュビロ戦。ジェフサポの心境をあますところなくお伝えしています。あちらさんの14番の挿絵(ジェフサポのブーイングによろめいている)が変な板前みたいでワラタ。手前にいるブサイク選手は誰イメージ?ユニからしてジュビロの選手くさいのですが…購入すべし
 「サッカーの国になるために」Jリーグ現チェアマン・スーさんのロングインタビュー。もともと臨海嫌いのスーさん、これまたはっきりと「ジェフに客が入らないのはスタジアムのせい。お金払う価値のある席は5000席しかない。蘇我スタイイネ!」という内容のことを話しています。…そんなきっぱり言わいでも…スーさん他にも問題発言?をしていてちょっと笑える。とりあげるのも悪いので、購入して読むべし。スーさん、鹿島サポだって人のこと言えないじゃんか…(読んでない人にはわからない一言ですみません)。
 「千葉県リーグに見る高円宮杯までの流れ U-18日本最強決定リーグ、プリンスリーグの軌跡と可能性」ジェフユースの話や千葉県の高校サッカーについても触れられた興味深い話。ジェフサポは購入すべし

 ジェフ関連以外だと、宇都宮徹壱さんの「サッカーブログを覗いてみる」。あまたあるサッカー関連ブログについて、今後の可能性や掲示板からブログへの流れ、ネットから紙媒体への越境など。

プレスカードをぶら下げることの優位性についても『ブログ以前』と比べてかなり揺らいでいるのではないか、という危機感さえ覚える。

 直木賞作家・奥田英朗のアテネオリンピック観戦記「泳いで帰れ」という本からのエピソード。オリンピックの取材パスはテレビと新聞社なら1社に何枚も発行されるのに、雑誌関連は日本雑誌協会で何枚、と発行枚数が限られているのでカメラマンが優先的にフィールドへ送り込まれるのだそうだ。なので、雑誌社のライターさんたちは競技場で普通の観客と一緒に観戦して記事を書いていたそうだ。
 この話だけでも、大手マスコミ(特に新聞社・テレビ局)が抱いているプレスパスをもつ者の優越感は、他の取材者たちのそれとはまた違うんだろうなあと推測されるわけです。そうすると、北朝鮮戦の翌朝、代表ユニ着てタイからわーわー言っているテレビ局のレポーターを見てると、君らは何をしに行ったのかと思うのです。「もう喜んじゃいました~」とか言われると脱力。それは国立競技場やスポーツバーで見守ってるサポたちがやればいいことで、あなたがたが今タイにいるのは何のためなのか、ちゃんと考えてものをしゃべってくれ、と思ったのです。で、宇都宮さんの「やはり精進あるのみ」という言葉にはプレスカードの重みをきちんと考えてくれているのではないかと期待し、玉石混交あるとはいえこれだけあらゆる人がサッカーについて書く(発言する)ことができる環境にあるのだから、プレスカードを持てる人々はもっと真摯に仕事して頂戴よ、と思ったしだい。…話ずれすぎ?とにかく「サッカー批評」、ご購入あれ(そして読者カードには「ジェフのことが書いてあるから購入した」と書いて送りましょう)。

 ともかく、明日(今日)はナビスコ予選最終節。これからワールドユースも始まるよ!
 プレスカードをお持ちの皆さん、わたしのような一サポにやいのやいの言われたくないだろうけど、しっかりお仕事お願いしますね。ジェフはカレン・ロバートや森本の引き立て役のために存在しているのではありませんよ>フジテレビ様

« 今こそ臨海へ来い | トップページ | うひょ~い! »

コメント

話題になっている季刊「サッカー批評」購入されたのですね。…季刊だし価格が高いのは内容も考えて仕方ないかなと過去何度も店頭で迷っては見送りました(笑)。以前も、オシム監督の記事、ありましたよね。GK特集(しかも練習の仕方)も激しく買いたかったのですが。

明日以降本屋で健闘してみます。情報ありがとうございました。

>あちらさんの14番の挿絵(ジェフサポのブーイングによろめいている)が変な板前みたいで

思い入れのない人の似顔絵(サカダイのさぶっとか)を見ると改めて、「あっ彼は結構ブサイクな部類なんだ」と気づかされますね。
私、今描いてもちょっとかわいくなるかもしれない。いかんなー、早く心のフィルターを撤去せねばw

>しょうさん
 今回はジェフ関係じゃないところも読みがいがあって中身がつまってます。よろしければ是非。(まるで関係者のような薦めっぷりだな…)

>くりくらさん
 昔はあのぶさいくぶりが逆に可愛かったものだが…
 私は絵心がないので、もともと可愛くなんて描けないですけど、目にはフィルターがかかっていたと思うので、今度テレビやなんかで見かけたときにブサイクに見えたらそれは呪縛から放たれた証拠かも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/4502951

この記事へのトラックバック一覧です: Jはあなたのそばにある:

» サッカー批評買うべし [blo・blo・blog]
今日はナビ杯、臨海行く前にJEF系Blogを巡回していたら、白目がちの犬さんちで「サッカー批評」の紹介。たまらず書店へ買いに走った。 JEFサポでブロガーなら間違いなく 買い! くわしくは水瀬司さんのエントリーを読んでもらったほうがいいが、買ってきてざっと読んだ感想。西部さんのオシムサッカー論、イイ!宇都宮さんのサッカーブログの話ではいつのお世話になってるJ.B Antennaなどおなじみのブログが紹介。さらに、「ゴール裏センチメンタル合唱団」はグッときます。共感・・・ 今日の京葉線の車中の友... [続きを読む]

« 今こそ臨海へ来い | トップページ | うひょ~い! »

サイト内検索


無料ブログはココログ