フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/30

代表って露出過多

 阿部1人が代表に選ばれたときは「あーあ、連れてかれたかー、怪我しないように健康体で帰ってきてねー」と思っていたのに、巻が呼ばれた途端に「きゃー、代表の試合が久しぶりに楽しみになってきましたよ奥さん!」モードに入ってしまったのはなんでだろう。
 やっぱり巻の場合は「最近頑張ってるけどどうせ選ばれないよなあ。ジーコだもんなあ」みたいなネガティブモードが始まりだったので、マイナスがプラスになるとやっぱり反動で喜び倍!さらに倍!って感じなのかもしれません。人間、意外性というものに弱いですからね。ほら、電車の中でヤクザっぽい人が老人に席を譲るとものすごくいい人に見えるってあるじゃないですか。それと同じで、阿部の場合はどこからどうみてもいい人が老人に席を譲ったようなもので、「ふむふむ、当然当然」みたいな?(古いなあ)阿部にもそりゃもう大期待ですよ。二人とも絶対に怪我などせず、健康体で帰ってきてね。経験をチームに!
 そんなわけで(どういうわけだか)EL GOLAZOの日本代表合宿レポです。うーん、にわかに代表ネタが増えるとは、調子がいいったらありゃしないでげすよ。いやあ、2人も選ばれたらそりゃねぇ。取り上げるでげすよ!(春風亭昇太風に)「『Jリーグ選抜』、東アジアへ」と題してレポです。阿部はボランチで練習試合に出ているそうです。この日のフル出場は阿部と加地、三都主の3人だけだったそうで。個別コメントに巻の「高さで勝負したい」など。巻はこれ以外にも「巻誠一郎という男」という囲みコラムで紹介されています。何か巻の写真どれもこれもカッコイイなあ。お目の高いギャルの皆さん、ナマ巻を観に市原臨海競技場へ足をお運びください。試合前に選手からサインボールの投げ入れもございますよ。巻はメインスタンドに向けて投入することが多いので、メインの指定席を買うといいじゃないかな。
 とりあえずは、8月6日にナビスコカップ準々決勝磐田戦が国立競技場にて開催されます。巻と阿部は出場しませんが、「ああ、巻が出てない試合も見てるしー、ジェフってけっこういいんだよねー。坂本って知ってる?」とか言ってみたりして、他の巻ファンと差をつけてみませんか。巻巻言ってるだけのミーハーじゃないのよ風に。ジェフのサッカーはそんなあなたのハートを狙い撃ちでげすよ!

2005/07/29

こんな巻あんな巻

 毎週木曜日はスカパーch181「Jリーグナイト!」の日です。(我が家にはBSデジタルがない)
 野々村が冷たい態度を示していたアシスタントのちえりちゃんはいつの間にかいなくなってしまいました。司会は野々村と大竹奈美さんです。
 代表初選出の選手の話題で巻について「正直本人もそう思ってたと思うけど、少し前までは代表に選ばれる選手じゃなかった。オシムの指導でここにまでなった」というようなことを言ってました。
 昨日(水曜日)のすぽると!では加藤久さんが巻のことを「久保とタイプが似ている」とびっくりするようなことを言ってみたり(えっ!!)、朝の番組ではセルジオ越後氏が「初選出の中では田中と巻に注目」「ヘディングが強くて足技はすごくもってる選手」と言ってみたり、いろんな人にいろんなことを言われてる巻でございます。ああびっくりした。代表に選ばれるってこういうことなのね。私の知らない巻がいっぱいですよ。足技がすごくて久保とタイプが似ていてヘディングのすごい巻ってどんな巻だ…そんな複合体の巻なんて見たことないぞ…

2005/07/27

どうすればよいのでしょうか。

 巻の代表選出でふっとんだ感のある木村元彦さんのコラム「千葉のサッカーが魅力的なのに観客が少ない理由」を読みました。
 で、23日に首都圏で行われた試合の主催チームが出したお詫び文及び来られなかった観客のみなさまへの対応はそれぞれ下記(J1のみ、HP上で確認したもののみ)。
 FC東京 (24日リリース)
 23日配布の選手カードを8月24日と9月10日の試合で配布。未使用チケットと会員証等提示。(26日リリース)
*試合開始30分延期

 大宮アルディージャ (26日リリース)
 
 ジェフ千葉 (26日リリース)
  スタンプラリーの7月23日分スタンプを未使用チケット提示で捺印。8/24,9/11,9/24の3日間実施。(27日リリース)

 横浜FM HPには見当たらなかった。特に交通手段に支障がなかったのでしょうか。私がニュースリリースを見つけられないだけなのか…ご存知の方いらしたら教えてください。すみません…

 他に当日こんなサービスやフォローがあった、というお話があればお聞きしたいです。
 対応自体はあんま変わらないのね。FC東京はお詫び文を出すのが翌日という早さ。文章もちょっとこなれてる感じ?この辺はさすがという感じがします。ジェフはお詫び文の遅さを謝ってみたり。ついでに言うならジェフのオフィシャル、文章読みづらい。行間あけるとかしてみようよ…

 木村さんが当日クラブ事務所に電話して体験した話を聞くとそりゃないだろう、とは思うのです。払い戻しはしません、の前に何かあるだろうと。ただでさえ電車動かなくてイライラするのに、それやられたら腹立つわ。そのあたりはチームは猛省するべきだし、サービス業なのだから損して得取れ的な何かプラスアルファを提供しないと観客の心はつかめない、という意見も分かる。まっことそのとおり。反論のしようもございません。1人でも多くの観客に試合を見てもらうためには観客の目線に立ちましょう、ということなのもようく、分かるのです。それが言いたいための今回のコラムなのだということも分かっております。実際バスを出すとかどうとかいうことではない、ということも分かっております。
 分かっておりますのですよ。
 おりますのですが。
 ちょっと納得いかないところもあったり。できることとできないことがあるだろうに、とかね。
 チームの擁護をするなら、交通手段の確保として競技場行きの東京駅・千葉駅からのシャトルバスを出すのは不可能だったんではないかと思うのです。私も当日は車だったのですが、ものすごい渋滞。高速アウトだったので下の道は混み混み。シャトルバスを千葉・東京に向かわせて臨海に戻るのは不可能。30分試合を遅らせたくらいじゃフォローできないです。それでも「気持ちの問題だから出せ」と言われたらそりゃそうっすねとしか言いようがないんですけどね。

 試合を観にきた人については、シャトルバスを競技場→五井駅から蘇我駅・千葉駅まで延長する(料金据え置き)というフォローがありました。半券があれば、五井駅からでも乗れたとのことです。
 来られなかった人に対するフォローとしては、払い戻しはしないけど、臨海での別の試合のチケットと今回の未使用チケットを交換してご招待、くらいしか思いつかないなあ。クラブ事務所に未使用チケットを送ると例えば9月24日の清水戦チケットが返信されてくるとか(あくまでも臨海を体感していただくために、あえてフクスタの試合ではない)。これで本当に観にきてもらえるなら安いとは思うけど、たぶんフロンターレサポからしたら意味ないでしょうしね。果たしてどうしたもんでしょう。何だったら納得できると思います?それ考えるのがチームの仕事だろ、ということで頑張って考えてください。ジェフの中の方々。
 
 私としては、この文中に出てくる臨海初観戦のIさんが「もうJEFの試合はアウェーかテレビで見ますよ」と木村さんの携帯にメールをよこしたのはなぜなのか知りたい。結局臨海に行けなかったということでいいのかな?Tさんと同じってことか?
 ついでに重箱の隅をつつくならば、オシムサッカー、オシムサッカーとおっしゃるがあくまでも「ジェフのサッカー」であって、オシムが1人でボールを蹴っているわけではありやせんですぜ(笑)。

頑張っておいで、巻。

 ナビスコのこと考えたら複雑ではあるものの、ひとまずは巻オメデトウ!(オフィシャル
 「この機会に得た経験をチームに還元できるようにしたい」という巻。ぜひぜひ、ナビスコアウェイの磐田戦で早速還元して欲しいものでありまするよ!いいところをいっぱい吸収してきてほしいです。

 そんなわけでサカマガを購入しても憑き物が落ちた私にとって怖いものなど何も載っていませんよ!!
 「ヒューメイン・フットボーラー」に水野登場。「いいんですか?僕に3ページも使ってもらっちゃって(笑)」という一言に水野が見える(笑)。先日の大宮戦ではスタンプラリー係(途中からサイン専用になっていた)もにこやかに。ああ、ヒデさん的サングラスでガンくれていた日々はもう終わりました。私が見たのはもう幻です。
 えのきどいちろうさんの「サッカー茶柱観測」はジェフvs大宮の試合評。大宮目線からのジェフを「惚れ惚れするほど強いと思った」と評しています。「巻が格段に良くなってる」とか、「村井・茶野が抜けたときはオシム監督でも難しいのじゃないかと思ったが、そんなことはもう誰も言わない」とか、ジェフサポ的には嬉しい一言。あの日、記者席に向かうえのきどさんをスタジアムで見かけたので、ネタになってて嬉しい。
 第18節のマッチレポートは「『簡単』の難しさ」。ジェフ目線で。MOMは巻。

地味な感じで行こうじゃないか

 フジテレビ739「プロサッカーニュース」視聴。
 リーグ戦についてジェフに関するコメントはなし。
 ナビスコについては、注目するカードということで夕刊フジサッカー担当久保さんが「ジェフvsジュビロ」をチョイス。「ジュビロこんちくしょう、というジェフの意地に期待」とのコメントです。
 ちなみに次回の放送は8月16日だそうです。

 新しいJEF PRESS読みました。崩壊寸前のJEF BOXに涙しつつ。
 マスター・ヨーダ!「国立WARS EPISODE8.06 ジェフの挑戦」がツボった。ハースの写真がどっかのオッチャンみたいだったのが可哀想。ストヤノフの鋭い目線がカッチョイイ!のでありました。

 昨日のEL GOLAZOは第18節マッチレポート「守備の成熟で千葉連勝」。MOMは巻。ベストイレブンには巻と水本が選出。

Keikyubus1Keikyubus2
写真は京急鮫洲駅にて激写。
京急の駅には大概貼ってあるみたいですね。都内でジェフ関係なものを見つけると何だか無性に嬉しくなってしまうのであります。

2005/07/25

やられ役と審判と

 NHKBSの「速報J」がJ1の前半戦を振り返る特集でした。ええと、ジェフは鹿島にやられるシーンとか、ゲストの長谷川健太監督率いる清水が今季初勝利をあげるシーンとかガンバの大黒がデビューした臨海とかでいっぱい露出してました…せんでええちゅうに。最後の方で植木さんが挙げたベストゴールに鹿島戦でのハースのゴールが出ていました。これはすばらしい。植木さんありがとう!

 久方ぶりに「CONTRO CAMPO」を見たら、セリエAでも審判問題花盛り。特にユベントスとミランがからむ試合は問題が多いぞ、という話で、ユベンティーノである哲学者・ムギーニさんは不機嫌のご様子。どこの国もいろいろあるのですねぇ…特にイタリアではマフィアが絡んだり絡んでなかったり?闇な話があるようで。それを話題にしたい論客がいたのですが、それはまた別の機会に・・・とうまく流されていました。コワー!それでも、問題のシーンを何度も流して「明らかにゴールに入ってますね」と検証し、監督やら元審判やらファンやらが喧々諤々、「ICチップを入れろ」だの「ゴールラインにセンサーを仕込め」だの、テレビで言いたい放題しているのはいいことですなあ。イタリアはイタリアで、いろいろあるんでしょうけれどもね。
 それにしてもローマのルチアーノ・モッジさんの役者ぶりがすばらしい。悪役たるもの(?)ああでなくては。

2005/07/24

帰宅は午前様

 2005年J1リーグ 第18節
 ジェフユナイテッド千葉vs川崎フロンターレ in市原臨海競技場
 1-0 ○ 巻1(羽生)

 地震お見舞いもうしあげます。
 と言っても、自分も充分巻き込まれたわけなんですが、電車組よりは多少ましな車組です。
 京葉道路が使えなかったので下の道を地味~に走って臨海へ向かいまして。キックオフのときは蘇我スタ改めフクスタ(仮)の前で迎えました。ああ、ここで試合だったら今走って入場するさ…(そういう問題ではない)
 それでも何とかハーフタイムには臨海にたどり着きました。なので昨日の巻ビューチホーゴールは生で見られませんでした。
 後半の試合展開は川崎にも押されつつ、チャンスにはジェフが攻め込むといった形です。携帯のネット実況によれば、山岸がどひゃっ!というようなミスをして危険な瞬間があったようですが、後半の山岸はするするっといいところに出てきてシュートまで持ち込むなどいいプレイも見せていたように思います。あれで最後の精度がよければ神になれるんだろうけどなあ…あとちょっとだ。あそこで顔を出せるのがFWだな、と思うんだけど、山岸は巻みたいなガツガツさが感じられないので(見た目に見えてこないだけで心の中ではフツフツとやる気がたぎっているものだと信じているが)、なんだそのあっさりとした仕事は!みたいに思われてしまいがちなんだろうなあ、と。
 巻も昔は「だいじょうぶか?!」と思ったものでしたが、今じゃこんなにも成長が感じられる選手になったのだし、山岸にもその素養は充分あると思うので、もうちょっと見守ってあげたいと思うしだい。がんばれ、山岸。
 ところで阿部は6針縫ったらしいけど、韓国行って大丈夫なの?大事をとったほうが…と思うのはジェフサポのワガママか?
 オシム監督・選手コメント(オフィシャル)→
 臨海滞在時間1時間…行けただけでもありがたいことです…

2005/07/22

阿部と坂本

 EL GOLAZOにGOLAZO!!!!
J TOPICSに「がんばってこい!阿部!」と題して阿部の代表選出記事です。
 「千葉でプレーしていなかったら代表には選ばれなかったわけですし」など阿部のコメントが載っています。ああっ、阿部よ…愛してるぜ!
 記事の中心は阿部なのですが、途中から坂本に主役がシフトしていきます。「今の日本代表の試合はみんながどう思っているかはわからないが、僕はつまらないと思う」を筆頭に、千葉愛にあふれるコメントの数々。ああっ、坂本よ…愛してるぜ!
 このところ静岡方面からノイズが聞こえていただけに、改めてああっ、阿部よ坂本よ、そして今年ここでプレイしている選手たちよ、おまいら全員愛してるぜ!と他人から見たらごっつい気持ちワルいことをしみじみ考えてしまいました。ほんまやで。
 その他ジェフ記事としては、J1前半戦ベストイレブンに阿部とストヤノフが選出。お薦めスタジアム飯の第8位にサマナラランクイン。蘇我球技場命名権はフクダ電子に売却の記事もあり。
 問題の*第18節プレビューは3分の1ページにて。「千葉、無敗臨海でリベンジへ」と題して「同じ過ちは繰り返さない」と語る阿部のコメントなど。
 さて、川崎のガッチリ守備をどう崩してくるのか。 
 気持ちを引き締めながら見守りたいと思う所存。

 *「問題の」と言っても別に何がどうということではなく、後半戦の初戦なのでさてどうなりますか!的問題の。

2005/07/20

何があったんだ塚越!(敬称略)

 蘇我スタの命名権内定!おめでとうフクスタ(仮)!というお祝いムードの空気を読まず、今週のサカダイ・サカマガのジェフ記事を抜粋してみますよ!
 J1リーグ戦第17節のMOMおよびベストイレブンにストヤノフがダブル選出(マガ、ダイ共)です。ついでにEL GOLAZOでも選出されているので実のところトリプル選出です。ダイジェストにはモノクロページ1Pで要田が取り上げられています。華やかなJリーグにあって苦労人、というコンセプトの記事です。新潟戦後のオシムのコメントには愛がありますね。おおっと、忘れてならない、サッカーダイジェストFC東京担当の塚越氏による恒例のtoto予想、次節川崎戦においてはジェフの勝ちにマークされています!これは大事件です!どうした塚越、お腹でも壊したか?前日妻とケンカでもしたのか?(妻がいるかどうか不明ですが)単に間違えて出稿しちゃったのか?それとも新手の嫌がらせなのか?たった一つの「1」へのマークにもかかわらず、妄想が膨らみます。それもこれも塚越氏の人徳ですよ、人徳。

 でもってEL GOLAZOです。リーグ戦も再開されるとつい買ってしまいます。1面は「Jリーグの力を証明せよ!」ということで日本代表発表に関連した記事。写真は田中達也・今野・われらがキャプテン阿部勇樹です。第17節マッチレポートは半ページ。上にも書いたとおり、MOM&ベストイレブンにストヤノフが選出されています。
 個人的に気になった記事は、エメルソンが荷物整理で日本に一旦帰ってきて浦和のスタッフに「ボクはいまも浦和でプレイしたいんだけど騙されたの!騙されてカタールなの!」と盛んに言っていた、というのがツボ。騙されたて!
 もうひとつはカズさん横浜FC移籍。ジーコがアジア1次予選で功労者として呼ぶ、という話があったときに、私は反対派でした。活躍したら呼べばいい、現役なんだからもう功労者にするのは失礼だと。去年の神戸戦でもジェフはカズにゴール入れられてます。ナマで見たらキレキレカズさんでした。すごかったです。きっとまだまだやれると思います。

呪文をとなえろ

 JFAからのニュースより。→
 えー、そんなわけで阿部が代表に召集しゃれちゃいました!
 ケガには充分気をつけて、ナビスコ準々決勝アウェイに出場できるよう、無傷で帰ってらっしゃい!

 何だか相手チームの誰やら誰やら誰やらも選ばれているみたいだけど、まあどうでもいいや。
 ただ、彼の枕元にジェフサポみんなで集まって「代表に選ばれたのは移籍したからじゃないよ代表に選ばれたのは移籍したからじゃないよ代表に選ばれたのは移籍したからじゃないよ代表に選ばれたのはジュ(ry」と、朝になるまで唱えてみたいものですが、まあ大人なのでそんなことはしませんけどね。(充分大人じゃないことは百も承知!)
 あはは、それくらい因縁と言うものは不快深いのですよ、ということで。
 因縁上等!

 あ、ほんとに阿部はケガに気をつけるんだよ。東アジアはいろいろ大変だからね(はぁと)

2005/07/19

一人減ったのはどっちだ

 2005年J1リーグ 第17節
 ジェフユナイテッド千葉vs大宮アルディージャ in市原臨海競技場
 2-0 ○ ストヤノフ1(ハース)、阿部1(巻)

 風邪をひきばした…風邪でふらふらなのか、試合中だから緊張でふらふらなのかよく分からない状態だったのでありまする。
 それにしても昨日の他会場の試合が6-0だの4-0だの3-0だのとど派手だったおかげで、2-0なんてものすごい僅差の試合に思えますね。いやあ、勝ってよかった!
 トニ男さんが退場になったのですが、やっぱり10人相手というのは難しいのでしょうか、あんまり相手が一人少ない感じがしなかったんですけれども。
 今日の特筆は途中出場の中島でしょうか。後ろより前目のほうが安心かも。そしていいパスをぽんぽこ送っていたような気がします。あ、NAKAZIMAぽいミスもやらかしてましたけれどもね(笑)。
 久しぶりに見た3バックは水本の課題が浮き彫りに。1対1はあんなに強いのに、なぜにフィードが下手なんだ…それが若さか?!でもいつも2バック的な守備ばっかり見てたから、今日は何だかいっぱい守備の人がいる感じがしましたよ。
 あとはオシムがカマーチョさんばりの水色シャツ(半そで)を着用していたのが印象深いです。監督、やっぱり暑いでしょ・・・?
 ぼー。
 帰りに蘇我スタ前を通ったら、コンコースに素敵に明かりがともっていてまたバカみたいに「うをーーーーーー!かっけーーーーー!」と叫びました。風邪も一時的にふっとびました。蘇我スタはいい薬になるようで。

2005/07/16

姉崎へGO

 練習見学に行ってきました。超ひさびさ。
 鳥かごの後、5対2。2はDF、5はFWとMFです。ビブス2色とビブスなしで構成され、片方の色のビブスの選手しかシュートしてはいけない、とか、今度は攻めてる側なら誰が打ってもいいとか、いろいろなパターンで練習。
 途中、とあるグループは横浜戦の失点シーンをやる、と言われていて、実際に横浜戦の2点目の失点シーンが再現されてました。クロスを上げようとするシュートを打とうとする選手に結城がついていて、打たせなかったところで止め、オシムが「結城は今このようにマークについたから打たれずにすんだが、あの試合でコージ(中島)はこっち側からついたから入れられてしまった」と身体を使って解説。説明のため何度も「コージ、コージ」と言っていたので、違うグループにいた中島の心中やいかに。横浜がゴールに持ち込んだシーンを何度も繰り返し選手にやらせて、では自分たちが攻める側だったらどうするか、というのを徹底的に考えさせながら実践させていました。うーん、見ているこっちもためになるなあ。
 最後は仮想大宮相手の攻撃練習など。
 やっぱり練習見学もおもしろいですね。何を目的にした練習なのか、考えながら見ないと全然意味が分からないのでついていくのが大変。
 以下雑感。
 ・ハースのシュートは威力が違う。絶対自分には当たらないと分かっていてもついよけてしまう。
 ・タッキーがんばれ。
 ・櫛野の殺気オーラがすごい。
 ・アマルコーチのFKもうまくて威力がある。岡本と中牧の練習に役立っていた。
 ・休憩時間もFKを蹴って櫛野をかまうハースがおもろい。
 ・初めて元祖じゃんがららーめん浜野店に行った。ウマかったです。
anesaki
 ↑全体練習終了後GK中牧の練習につきあうアマルコーチ。左は岡本。

2005/07/15

1日1大輔

 オールスターの中間発表を今更ながら見た。
 監督部門
 1 オシム 千葉 35,267

 GK部門
 1 櫛野 亮 千葉 16,598

 DF部門
 7 水本 裕貴 千葉 11,312
 9 ストヤノフ 千葉 10,605
 11 斎藤 大輔 千葉 9,460←!!

 MF部門
 1 阿部 勇樹 千葉 40,584
 4 水野 晃樹 千葉 20,676
 7 佐藤 勇人 千葉 15,710
 12 羽生 直剛 千葉 10,822
 14 坂本 將貴 千葉 10,526

 FW部門
 4 巻 誠一郎 千葉 15,545
 7 ハース 千葉 13,329
 16 林 丈統 千葉 5,131

 …もっと斎藤に投票するように。何で斎藤が1万越えじゃないのさーー!!
 林のことは聞かないでください。

2005/07/13

ノォーーーーーッ!

 2005年J1リーグ 第16節
 横浜Fマリノスvsジェフユナイテッド千葉 in日産スタジアム
 2-1 ● 林1(相手DFナイスアシスト)

 仕事中、スタメン表を盗み見る。「DF中島」「DF斉藤」スタメンのディフェンスこれにて終了
 マジかよ!?と思う午後5時。
 うひー!

 試合はねえ…やっぱり横浜というチームは強いですよ。パスだしゃちゃんとそこに味方がいるし、これがまたほいほいと回るし、おっしゃスルーパスっ!と思ったら中澤がジャマするし、ベンチには久保やら奥やら控えてるし。うまいわ。そんなわけで、ダメだこりゃ目線で見ていたので、いつもと違って穏やかな気持ちで試合が見られていたのです。
 
 後半35分あたりで林が決めちゃったですよ。同点弾ですよ。
 もしかしたら、誰かが決めるかも。
 もしかしたら、もう1点入れられるかも。
 期待しちゃうんだこれが。この後のほうがもうみてらんないのな。

 ただ、あと10分、ロスタイム込みだと15分近く試合が残っているということが、さて、どっちに転ぶかな、と。でもどっちかっつーと、ジェフにとっては『耐え切れるだろうか』という思いの方が強かった。
 つか、林がしゃんとあそこでシュートしてれば坂田にやられることもなかったんじゃねーの?と思っているなあ、私は。
 なにもロスタイムにとられなくてもいいじゃないかさ!
 …と言いながら、意外と凹んでない自分がいる。
 何でだろう。
 坊掲示板のネガティブぶりにも「はて?」と不思議な気持ちです。
 セレッソ戦のときはあんなにむかっ腹たちまくってたのに。今日の私は心が平穏だ。
 ロスタイムの失点時は(表題)と叫んだのに…
 去年の2ndのマリノス戦のような気持ちだ…
 なぜなんだ?
 あれか?ものすごデカイ口内炎ができてていろんなことに集中できないからか?あせもがひどくていろんなところがかゆいからか?ついでになんか首筋のリンパとか腫れてるからか?つか、病院行け、私。

 それはそうと、坂本のケガの具合はどうなの?大丈夫なの?そっちの方が心配だったりして。

2005/07/12

もう次が…

 日曜日のアリオ蘇我で「勇人を見た」と言い張る夫に「暑さのためにまぼろしをみた」「そんなばかな」とハナから否定してしまい、コチラコチラでの日曜日の勇人目撃情報に愕然、現在夫にパソコンを使わせない(ネットを見せない)という暴挙にでているミナセです。こんばんは。しばらくの間、ネットの情報は私の口述により、夫には伝えられるということで。(大げさ)
 リーグ戦再開後のジェフホーム初試合だったので、先日のアルビレックス新潟戦より西部同士の「犬の生活」も再開です。坂本着用アロハ、西部さんも来週買って下さい。チームにお金を落としてくれぇ!
 EL GOLAZOは1面上部に「激闘シーソーゲーム。ヨーダが決めた!千葉vs新潟」という見出しと要田&工藤の後姿が載っております。でもマッチレポートは4分の1ページで少ないの…MOMは要田。もうどこもかしこもスターウォーズネタを絡ませまくりです。よっ、愛と正義の戦士!オシムの要田を褒めるコメントは私の涙腺をぎゅいぎゅい刺激しますですよ(泣)。
 新潟戦の録画放送(J SPORTS)でオシムの会見を見ましたが、通訳の間瀬さんが「新潟にはベテランの選手が」と訳したところ、「ベテラン」のところでオシムからダメだしが入り、即「経験の豊富な選手」に言い換えさせられてました。この2人のやりとりは面白いですよね。プレスパスをお持ちの皆さんが羨ましいですよ。いくらジェフのオフィシャルHPの「UNITED Online」に加入すれば月420円の会費で毎試合の監督会見がネットで見られるとはいえ、こういうやり取りを生で見られ、なおかつ質問まで受けてもらえるんですからねっ!(詳しくはジェフ・オフィシャル参照)
 なんて言っているともう水曜日には次の試合が!
 ストやん不在のマリノス戦、果たして?!

2005/07/10

蘇我スタにいってきました

  蘇我スタの中の人と密会をしてきました。蘇我スタ見学会に参加させていただきました。
 前回の見学会といい、今回のジェフサポ向け見学会といい、千葉市の皆さん、チームの方々、本当にありがとうございます。
  前回は中にまだ重機があって完成形がイメージしづらかったのですが、今はもう芝も植えられ座席もついていて、妄想度120%でした。
 コーナー自由席(メイン)の近いことと言ったら!もうね、ポール抜いてやろうと思ったらできるんじゃないの?というくらいの近さです。
 Sメインの身障者席からもピッチを見下ろしてみましたが、全く見づらくないです。臨海ではほとんどピッチレベルの高さだったので、試合自体を見るのには結構大変そうだと思っていたのですが、ここではコンコースから見下ろすような高さになるようですから、全体を見渡すことが充分可能です。また、どの売店のカウンターも一部低いところを作ってあるので、小さいお子さんや車椅子の方も無理なくお買い物ができるようになっていました。
 中の人のお話(個人的に聞いている人のを盗み聞き)によれば、来年は臨海の改修工事もあるため、蘇我スタのほうがメイン会場になる模様。それと、技術者ぽいおじさんが照明について質問していたのですが、埼スタの照明はハイビジョン対応になっているらしく、かなり明るいものなのだそうです。で、蘇我スタはどうなの?的なことを聞いていたのですが、そこまでの出力が出せるかどうかは分からないらしいです。すみません、どちらもあくまでも盗み聞きです。
 それにしても開業まであと99日なんですね。いやあ、楽しみだなあ!
kurumaisu_seat
↑Sメイン身障者席からの眺め。

勝利ですよ、奥さん!

 2005年J1リーグ 第15節
 ジェフユナイテッド千葉vsアルビレックス新潟 in市原臨海競技場
 3-2 ○ 勇人1(羽生)、巻1(ポペスク)、要田1

 わーい、勝った勝ったー!と小学生のように喜んでしまいます。いやあ、長かったなあ。実質1週間くらいしかないわけだが、ちっとも勝ってなかったかのような勝利への渇望感であります。
 2-1にされたときに、新潟のベンチがうひょーいうひょーいと喜んでいて、みんなで喜びまくっている姿を見て「こりゃもしかしたらジェフが勝つぞ」と思ったのは秘密だ。だってまだ30分くらい試合が残ってるのにこんなに喜んでたらヤバいと思うよ…と思ったのです。そしたら2分後に巻がどっかん!と入れてくれたので「ほらみろー!反町ー!」と思いました。本当に巻は成長してますよね。ああ、しみじみ。ポストもうまくなったしねぇ…負けてるときや同点になったときは必ずといっていいほどボールをすぐとりに行ってセンターサークルに戻す姿はイイ!です。巻はホントにあきらめない子ですよ、奥さん!
 でもって要田の決勝点です。ああ、要田よ。要田が点を取ると泣けるんだよなあ。ううう。
 もちろん勇人の1点は反撃の1点ですから大事なわけですけれども、君津住宅の看板に足かけてよー!そしてそんなに喜んでたら取られちゃうぞー、とか思ってしまいました。勇人も嬉しかったんだよね。
 本当に勝利って嬉しいものだ!

 スタジアムでしか見られないことその1。
 試合前の練習時、新潟の反町監督と江尻コーチがベンチからジェフの練習を見ていまして。江尻が指差しながら2人で何やら話しており、「あれはこういう練習で…」とか説明してる感じでした。その様子がどうもこそこそしているように見え、「江尻チクんなよー」と思ってしまったのであります。江尻、新潟のコーチなんだから当たり前だっつの。
 スタジアムでしか見られないことその2。
 メインのコンコースでは出場停止のハースがスタンプラリー係をやっていましたよ!
 ワンコインカードのハースがものすごい勢いで売れていました。私も買ったですとも。購入したカードにサインをいただいて、握手してもらいました。サイン攻めでお疲れのご様子ながらも握手の際には素敵な笑顔…惚れた…(簡単だなオイ!)

2005/07/09

ぼかすかぼかすか

 ようやく前節セレッソ戦観戦。
 …うわー、入らねえ…
 監督会見を見て、ゴールが決らないことが続くと「もしやこれも入らないのでは」と心のどこかで思ってしまうのかなと思いました。オシムの言う「逆に、うちの選手の欠点はいいプレーしていてもなかなか結果でないと、除々に不信感を持つことだ」っていうのはそういうことなのかな、と。
 オシムの中では、この2連戦というのは結果が出ていないがその過程、そのプレイ自体は悪いものではなかったと思っているのでしょうね。ひそかに心の中で「よしよし、思惑どおりの方向には進んでおるな。さて次は何をやったろか」と思っているんだろうか。
 そんなわけで臨海へ出陣。

2005/07/08

まあ落ち着け(自分)

 ジェフが遠い関西の地で試合に負けて、その映像をこれっぽっちも見られなくてどういう状況であったのかを確かめるすべがなくても朝はやってくるのであった…まあ一晩寝ればちっとは気持ちが落ち着いてくるわけですが。
 あのさ、ほら、去年もセレッソには長居で負けてるじゃん。それも3-0で!去年に比べたら失点が1減ってるよ、2バックなのに!(阿部がリベロぽかったのでホントは3バックとか言わないように)

 でもって、ふとこれまでの試合を去年と比較してみるとですね。
 第1節名古屋△→同じ(1st)
 第2節柏   △→同じ
 第3節東京V△→勝ち点+1(1st)
 第4節大分 ○→同じ
 第5節磐田 ○→勝ち点+3(1st)
 第6節鹿島 ●→勝ち点-3
 第7節清水 ●→勝ち点-3
 第8節G大阪○→勝ち点+2
 第9節川崎 ●→対戦なし
 第10節広島△→勝ち点-2
 第11節浦和△→勝ち点+1
 第12節F東京○→勝ち点+2
 第13節神戸 △→勝ち点+1(1st)
 第14節C大阪●→同じ(2nd)
 結果…勝ち点+1+2

 …な?

 まあまあ、よく分からないけれども、ヨーロッパ3人衆がチームに組み込まれてさらにすばらしいサッカーが完成する、その産みの苦しみってことでどうかひとつ。なにせ試合はまだあと20試合もあるとですよ!試合中でも前半と後半で大きく変わるジェフですし、長いシーズン、後半に強いのもジェフというチームですから!
 な? 
(追記)
 神戸戦の勝敗修正。こないだ負けてねえよ…

2005/07/06

泣いてもいいですか?

 2005年J1リーグ 第14節
 セレッソ大阪vsジェフユナイテッド千葉 in長居スタジアム
 2-0 ●

 昨日サッカーマガジンで「追撃宣言~横浜FM,千葉は鹿島を逃がさない」というタイトルの記事を読んだような気がするのですが、それはわたしのみたまぼろしなのでしょうか、かあさん…横浜は鹿島を逃がさなかったわけで。
 泣いてなんかないよ、泣いてなんか!!

 それにしてもほんとにもう、22本シュート打って枠内シュートが2本ってどういうことだ!
 このバカチンがっ!

 オシムおよび選手コメントはコチラ→(オフィシャル)

2005/07/05

巻が急成長ですよ、奥さん!

 いつもはダイジェスト派なのですが、今日はサッカーマガジンの方がジェフ度数が高かったのでマガジンを購入。
 「アテネ世代に注目・彼らがA代表のFW陣を活性化する」では金田喜稔さんが代表に推薦したいFWとして巻を「面白い存在」と評しています。最近急成長していると。走り方が変わり、ポストプレーの精度が格段に上がって身体の強さやうまさ、バランスも身についているとベタ褒めです。うひひ。
 「HOT6夏、追撃宣言~横浜FM,千葉は鹿島を逃がさない」と題して、ジェフからは阿部のロングインタビュー。監督は一口メモみたいな短いバージョンです。ああっ、だからどうして神戸戦は引き分けなんだー!「監督に恩返しするためにもタイトルを取りたい」と語る阿部。
 マッチリポートはジェフ寄りの内容。「1人ひとりの距離が遠かった」と語る坂本。当然MOMは相手GK掛川です。そりゃそうだ…ダイジェストではベストイレブンに阿部の名前がありましたが、マガではなし。ちなみにガンバのアラウージョが9点なんて評価点を取ってました。そりゃ7得点全部に絡んでて、自分はハットトリックってゆうたらそれくらい評価されるわなあ。
 綴じ込みピンナップはマガ・ダイとも水野です。
 ちなみに、今日のプロサッカーニュースは深夜0時より放送です。
 

2005/07/04

FootballBaton

 EL GOLAZOを買ったら「ま た う ら わ か !」と思った私です。
 1面コラムでは東アジア選手権で阿部が見たいとか書かれてるし…東アジア選手権はナビスコの試合がないチームから選べばいいじゃん!鹿島とかいっぱい選手いんじゃん。(自分勝手)
 千葉で宅配がはじまったのですが、ちょっと前にエルゴラの号外が新聞に挟まってたくらいで、あまり本紙では千葉千葉してない感じがしますけれども。埼玉で宅配が始まった頃と違って。

 そんなわけで、回していただいたフットボールバトンです。
1.Number of your soccer video (DVD) あなたの持っているサッカービデオ(DVD)の数
 99年残留争いのさまを描いたジェフのセルビデオ「サバイバル」。
 変な服(似合わない)を着ている林が見られます。
 自分ちで録画したビデオは、2000年以降全てのジェフのリーグ戦。それ以前はBSでやったのなら全て。他にはちょこちょこスポーツニュースでジェフ関係の報道がなされたやつを細切れにざくざく撮ってたり。自分の居場所がありません。

2.People who patronizes it now 今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)

 ジェフユナイテッド市原千葉(即答および早口で)

3.The GOAL I remained  印象に残っているゴール
 日によって変わるのですが…今日は2003年ファーストステージ浦和戦での巻J初ゴール。入れてすぐボール持ってセンターサークルに走る姿がイイ。

4.Five players favorite of me, or that mean a lot to me
  好きな、または特別な思い入れのある選手5人

 え、選べない…
 強いて、ということで…
 ◇大柴克友(現・ベガルタ仙台)
  オシム以前にオシムイズム全開だった。よく動き、よく働く。
  ヨンスとのコンビもよかった。
  オシム以前の大柴が、オシム来日時であったなら。
  同い年で大学の同期なので(私が知っているだけだが)、
  これからも頑張って欲しい。

 ◇巻誠一郎(ジェフ)
  あのちょっとずつながらも確実に成長しているあの地道さと
  ごつごつしたところがいい。
  こないだの神戸戦でもあきらめずにボールを追って、
  ハースにクロスあげてたのはらしくてとてもよかった。
  ああっ、あのシュートがバーに当たらなければっ!(←コレが言いたかった)

 ◇斎藤大輔(ジェフ)
  もうJ創設時からジェフにいたかのような馴染みっぷりで定着。
  99年の残留争いの最終節ではガンバに所属していた、ということが違和感なほどに。
  キャラもメガネもプレースタイルも何もかも好きだーー!(愛の告白かよ)

…あとは坂本とか阿部とか勇人とか羽生とか水野とか水本とか、もうジェフの選手全部思い入れているんでこんくらいで勘弁してくらさい…

5.One-Five people to whom I'm passing the baton バトンを廻す1~5名
  いろんなところでいろんなものが回っているようなので、とりあえずトメで。

 日テレの「うるぐす」(?)で北澤豪さんが日本代表にお勧めの選手ということで阿部と水野、水本の名前を挙げてました。特に阿部については筆頭で。お願いだから、東アジアへは(略)。ワガママといわれようとも、ナビスコ大事だよー!

2005/07/03

相手GKの能力を引き出すチーム

 …だったりしたらヤダ。
 神戸からのご帰還お疲れ様です。神戸に行った方々のブログを見ると、何だかおいしいものがいろいろと…ちょっと羨ましいですぞ。
 昨日の試合をもう一度見直してみる。
 昨日はついサッカーの神様に問うてしまいましたが、掛川の神具合はジェフ自身が引き出したものかもしれないなと思ったり。前半の山岸の1対1にしたって逆ならなあとか、後半の林のナニもそっちに蹴ったかぁ…とか。
 ジェフの試合で引き分けだったり負けだったりしたもの、って相手のGKが神がかってたことが多いような気がします。広島戦の下田とか、ヴェルディ戦の高木とか、清水戦の黒河とか、浦和戦の都築とか…単に印象の問題かな。ガンガン攻めたのに点が入らない、っていうとキーパーの頑張りのように感じられるだけだろか。
 今日鹿島や浦和の試合を見ていて、ウチがこういうときに勝てるチームになるにはどうすりゃいいんだろかと思ったり。ああっ、まったく、世話の焼ける子達だこと。

2005/07/02

つい、サッカーの神様に問う

 2005年J1リーグ 第13節
 ヴィッセル神戸vsジェフユナイテッド千葉 in神戸ウイングスタジアム
 1-1 △ 阿部1(ハース)

 えーと。
 神戸に行くはずだったのになぜか家でBS中継を見て、試合終了後、「出没!アド街ック天国」で船橋特集を見ていましたよ。市立船橋高校が上位に入ってて、有名なOBとしてカレン・ロバートと並んで茶野が紹介されてたよ。すまん、激しく笑ってしまった私を許してくれ。

 ああもう。
 ジェフは優勝するつもりだったんじゃないのぉ。
 怒涛の後半の攻めはよかったけど…よかったんだけど…そりゃよかったけど…1点取られてるんだから2点以上取らないと勝てないわけですよ。取れる瞬間はあっただろう…掛川が当たってたといったって…
 これを負けなくてよかったと言ってはいけないように思うのです。
 本当に優勝する気なら。
 ハースのシュートがバーに当たってたり、阿部は足が滑ってふかしたり、キーパーとの1対1が決まらなかったり。ああ、まだサッカーの神様は、ジェフを甘やかしては下さらない。お前らまだまだだと。俺を乗り越えて行けと。俺はとことんいじめてやると。面白いサッカーをしていることは認めてやるが、その上で勝てるようになるにはまだ足りないと。何が、何が足りないのですか、サッカーの神様。
 ちなみにオシムのハーフタイムコメント。
 「ヴィッセルに勝ち点をあげるために、神戸まできたのではない。選手たちは、もっとできるのに、何もしていない」

 加茂さんの解説はおじいちゃんのサッカー談義といった風情で、実況のアナウンサーのフォローが必要な状態だったですけれども。「あの2番をつけてる選手がね…」「坂本ですね」とかね。

2005/07/01

HOT6ってナンだ

 やはりJが始まろうとするとEL GOLAZOを購入する機会が増えます。
 J情報満載。
 そんなわけで1面は「J1再開!」どどんとトニーニョセレーゾにオシム・ブッフバルト・岡ちゃんの写真で。1面コラムではジェフは台風の目として期待されているご様子。
 J TOPICSでは「ありがたいオシムの言葉」と題してWY帰りの水野の記事。
 第13節プレビューは神戸ホームのせいか、記事のサイズは3分の1ページ。主にパベル新体制の神戸について。
 ちいさいおっさん(私の中での敬称)ことジャンフランコ・ゾラ選手引退だという記事もありました。

 「ループ&ループ」のユミコさんからFootballBatonいただきました。
 サッカー関係ときたひにゃ、どんな陰謀が隠れていようとも(なんの陰謀だ?)はりきって熟考いたします!中身は後日。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ