フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/28

マガジンやるう!

 と、いつもの愚痴はどこへやら、今週はサッカーマガジンを買いで。
 表紙はJリーグアウォーズ後に撮影?のジェフ阿部とFC東京今野の2人です。俊輔さんじゃなくてよかったんですか?
 そのアウォーズからの流れでラフな格好の阿部と今野の対談が4ページ。今野はにこにこしていながら試合で相手チームを地獄に突き落とすので福西とは違った意味で恐ろしい子…なのですが、いい選手ですよね。ホント、敵に回すと恐ろしい。(試合中ににこにこしているわけではありません)
 連載「サッカー景」は5人のオシム。オシムを知る5人に聞いたオシムの姿。「オシムと生活を共にすることで意識が変わり、いまでは『目先の補強』を考えなくなった」という祖母井さん。このところの他チームからの超即戦力選手が少ないのはそのへんとも関係があるのかも?オシムが昔言っていた「他のチームでベンチにいて、試合に出たいと強く思っているいい選手がほしい」(確かこんなようなことを…)ということなのか…そうなのか…わかりませんが。
 そして今年の「J1リーグ決算報告書」には勇人のインタビュー。「やはりリーグが主で1シーズン通してつかみ獲るタイトルですから。これで自分たちの目標がはっきりしました」と語る勇人。来年もまた成長した勇人を、ジェフを見たいものです。データで攻撃や守備の分析してるんですが、時間帯別得点数では、75分~90分が15点と最も多く、失点数はこちらも75~90分が10点と一番多いのですね。劇的勝利も多かったけど、劇的引き分けも負けあったなあ、そういえば・・・劇的勝利の余韻が強すぎて(最終節もそうだったし)忘れてた。
 ちなみに立ち読みしたダイジェストの投稿ページに写真にセリフをつけるコーナーがあるのですが、次のお題がナビスコ優勝時、胴上げを拒否したオシムと斎藤の会話になってます。この写真のオシムがすごくおじいちゃんぽい表情なので機会があったら。超おじいちゃん顔。

2005/12/27

静かやね

 サッカーの日本代表選手が出ている東京フレンドパーク2を見ながら、バナナをゴールに蹴りこむゲームのぐるぐる回ってるサルのユニが黄色と紺だったので「なにぃ、ジェフをサル扱いか!TBSめ…」とデンパなことをつぶやいたのは定時で帰れるけど仕事が忙しい(矛盾?)ので少しおかしくなってるからです。

■新人さんはいらしゃいいらしゃい
 安里くんようこそ!(スポニチより)
 秋田の熊谷くんとか島根の川上くんとか追いきれてません。みなさんいらしゃいいらしゃい。頑張って大きくうまくなってねー。

■代表にいらしゃいいらしゃい
 巻と阿部が代表合宿と遠征に呼ばれたどー。
 「団長(海外遠征時)・釜本邦茂」にデカサングラスとライフル持って白いマフラーを垂らす釜本を思い描いたのは私だけではないはず。バックミュージックは西部警察で(笑)。大都会でもよし。(←あんま関係ない)
 …そんなどうでもいい話は置いといて、二人ともケガには気をつけて、どうせならドイツまで行けるようにアピールしてらっしゃれ。トルコキャンプに今年も阿部は行けないのか…ちょびっとションボリ。

■戯言
 ウチのチームが即戦力の他チームの選手を獲らないのは、選手再生+常勝チームになりたいんだろうか。優勝したくないとか本気で優勝目指してないとかじゃなく、その後売るとか売らないとかじゃなくて、再生させた上で優勝争いしてリーグ優勝するのが醍醐味、裏目標だから…とかだったら見てみたい気がするが、それって監督の力量に頼りすぎてるから危険だよなあ。だから違うと思います。私が勝手に妄想しただけです。あまりに動きがないんで、そんなことをつい考えてしまいました。

2005/12/24

叩かれて這い上がって来い!

 そうでないと報われないわよ…うぃっ、ひっく(一升瓶を抱えながら)

■また言われちゃってるよ
 昨日発売のEL GOLAZOにオシムオタクの木村元彦さんによる「成田空港直撃独占オシムインタビュー」(私が勝手につけました)が載ってます。アシマ夫人の「ヤー(はい)」が素敵。帰りの飛行機の中での夫婦の会話を勝手に想像して盛り上がる私。
 オ「勝手に返事するなよ」
 ア「あら、もう帰らないつもりなの?」
 オ「…」(そっぽをむく)
 ア「うふふ…」
 …ハァハァ。

 空港に社長が来なかったのは別に責められるべきことではないと思うし、親会社の減額は親会社の思惑が絡んでくるので一概にフロントのみのせいと言い切れない気がするのだが(違うのかな、その辺の関係ってどうなんでしょう。頼み方が下手とかそういうこと?)、来年が努力のしどころというのは本当のことなので、本気でピントのずれていない努力をして欲しいと思うのですよ。頑張る方向を間違えた一生懸命は時に迷惑。
 マスコミを味方につけたほうがいいんだけど、今叩かれといた方がへんに癒着してどんどん悪いところが隠れて後からおおごとになるよりはマシなんじゃないかと思うわ。一番いいのはマスコミを味方につけつつ、癒着せず、いいところが増えていくことだよな。

2005/12/22

とりあえず踊っとけ!

 羽生お誕生日オメ!!(さびしがりやさんには特別扱い)

■仕事帰りに軽くアジア体験
 2006年A3開催決定?(YON HAP NEWS
 8月2日から8月8日の間に3試合in国立競技場。日本からはリーグ優勝のガンバ大阪とナビスコ王者(言ってみたかった)のジェフが出場。ガチでケガが心配ではありますが、ジェフのアジア体験ですから。ジェフの試合全部行く所存。(ケガとか審判とか何かいろいろ)不安ももちろんありますが、とりあえず「賞金稼げる」「海外に行かなくても海外体験」と前向きに捉えたい。
 国立なら仕事帰りに行けるな…。昼間だったら死ぬぞ。

2005/12/21

勇人、タイが曲がってるぞっ

 選手にオファーが来たくらいでビビってたらジェフサポなんてやってられねーぞ4649!!
 でも選手の口調には敏感なの…くすん。いがないでーー!

■ようやくのベストイレブン
 2005年Jリーグアウォーズにて阿部&ストヤノフがベストイレブンに選出されました。おめでとう!ようやくジェフからもベストイレブンが誕生しましたっす。ストやんの「この賞は私だけのものではなく、千葉が受賞したものだと思っています」というコメントにグッときて、アウォーズ終了後日比野真理さんのインタビューに答える阿部ちゃんの「来年はチーム全員でこの会場に来たいと思います」にまたもグググッときてしまいました。あうあう。泣かすなよ…(J'sGOAL)勇人は来年また頑張ろう!(次はタイを曲げないように)
 そして、セレッソの小林監督と共にオシム監督が特別監督賞に選ばれました。代理でいろいろ受け取ったのは淀川社長。もしやスピーチもするのかっ!とテレビのこちら側からハラハラドキドキしながら見守っていましたが、ナシということで、がっかりしたような、ホッとしたような…。
 寿人がベストイレブンのスピーチで今まで在籍してたチームに感謝を述べていて、何かちょっとほろりとしてしまった。ああっ、「ぜってえ不敗神話をとめてやる」とか言われてキレてたくせに(私が)簡単だなあ、自分。

■イメージ戦略
 とあるサカ好きの知人に「ジェフは強くなってもうまい選手を毎年売らざるを得ないじゃないか」「ジェフがいいのは監督がいいからだ」と言われてしまったので「違います。勝手に出て行くだけです。出てった選手のほとんどがパッとしないんです」(すまん、ちくん、寿人)「監督がいいのは当然ですが選手もいいから強いんです」とキレ気味に答えてしまいました。あんまり「勝手に出て行くんです!」と主張するのもどうかと思うが…>自分
 日頃からジェフのことを追ってるわけじゃない人にとっては、「ジェフは選手を売らないとやってけないチーム」と思われてるんだなあ…と酔っ払いながらも寂しく思った次第です。8億補強チームに行った人もお金の問題じゃなかったわけだし、本当にお金がないから売りました、うっ、うぅっ、っていうのはここ数年ないんじゃないかと思うのだけど…中西の件はうーん、お金の問題だけじゃないみたいだし…
 うちのチームはサッカーバカというか、サッカーそのものを魅力的にすることについてはけっこう頑張ってると思うんだけど、イメージ戦略はヘタクソですよね。中西のときもちょうど鹿島の秋田の戦力外と同時期だったから、余計に差が際立ってしまったし。営業と広報と全てひっくるめてイメージ戦略をもうちょっと考えて欲しいところです。
 がんばれフロント。サポも他人からいろいろ言われて傷ついてるんですよ…

2005/12/17

あの感動をもう一度

■ナビスコカップの優勝杯などを展示するそうですよ~(公式)。
 千葉ポートタワーのイベントはジェフィとユニティが出るそうなので見に行こうかなー。年賀状の写真とりがてら。公式のもいいんだけど、何かちゃんとしすぎてるから(笑)。
 (^ ^;;←巻風味。

■天皇杯 ガンバ大阪vs柏レイソル
 本当にガンバのちっさいオッサンはレンタル終了なん??ちっさいオッサンマニアとしては悲しい出来事づら。ジェフサポ的には「うっしっし」だー。浦和さんは「趣味:選手収集」なの?というほどの集めっぷりですね。お金持ちってすごい。ウチとこも思い立ったら好きな選手をひっぱってこれるくらいの小金餅になったらええのになー。そいで「いっぱいお金があるけど、あえてシブめのいぶし銀外国人やら「そこキタかー」というようないぶし銀日本人選手を獲る」というのをやってもらいたい。カッコえーー!もしくは、新聞に「金満」と書かれても「ふふっ、それが何か?」と余裕の笑顔をかましてやっぱりいぶし銀のシブ選手を獲得して欲しい。…ってどこが金満?
 ウチとこのチームはナンも分からんので人んちのことをやいのやいの言ってみた。
 柏は入れ替え戦のときよりいいサッカーしてたですね。前半の平山?の惜しいシュートとかそこまでの流れとかとてもよかったのにな。

ありがとう

■ポペスクが引退(公式
 突然の報に驚き・そして何だかじんわりと悲しみが…
 「もう帰っちゃいました」っていうアナウンスはお願いだからもうちょっと考えておくれ、フロントよ。いくらなんでも悲しすぎるじゃないのよ…しくしくしくしく。
 ポペのおかげで今年は楽しかった。(ネタ的にも)ナビスコ優勝もできた。もちろんポペひとりのおかげじゃないけど、重要なところで重要な点を獲ってくれたのはまぎれもなくポペ様でした。本当にどうもありがとう。
 何だか彗星のごとく現れて、彗星のごとく消えていった星のようなあなただったわ…

■で、高橋はどうなってるの??
 トレーニングゲームで今年77点獲ったとのことですが、彼の日記を読んでると、そこはかとなく悲しくなってくるな…トライアウトの件といい、だからフロントの方々、何が何だかわからないままオフシーズンの人事になだれ込んでいくのはサポを置き去りにしすぎです。
 要らない情報まで開示しなくていいから、最低限、「ら」と引退選手の情報だけは出してきてくださいよ。「公式に情報がでてこない」という状況がどんだけ不安か、もちっと考えたら分かるでしょ。人間不安定な状況が最も怖いんですよ、想像力は人を内部からガタガタにしていくんですから(もちろん、助けることもあるわけだが)。

あとで笑い話になるならそれでいい

 フライング気味と分かっていても、あとでそれが「あの時つい踊らされちゃったよ、だって必死だったからなー」と言えるならそれでいい。

 羽生はジェフにとってすごく大事な選手だ。

 たぶん去年の彼よりもずっとずっと、いなくなってしまったらダメージになる。

 羽生がいない試合は、何かピースが欠けているような気がする。

 もし羽生がサポに愛されてないなんて思っているならそれは大きな間違いだ。

 ナビスコのときだって、サポが作った優勝カップをあんな大事にしてくれてた羽生だもの。

 
 すごく真面目に書いちゃってるぞ。
 後で読み返して「何オレ超フライング?普通に今年もジェフで頑張ってるじゃないか羽生は。アハハハハ」と言わせておくれ。恥ずかしすぎてこの記事を消したくなるくらい、ごくごく普通にジェフにいてほしいと思う次第です。

2005/12/16

油断大敵

 リーグ戦が終わったとたんに風邪をびぎばじだ。
 何この体の油断。リーグ戦終わったらもう休みモードかい!
 仕事は忙しいちゅうねん!!休まれへんちゅうねん!!

■Jリーグナイト!に毒舌スーさん登場(相馬もね)
 スーさん(鈴木チェアマン)がまた毒を吐いていました。横浜FCの城に向かって「まだ動けるじゃん」というようなことを言っていました。恐ろしい70歳…
 野々村が選ぶ今季のベストイレブンにジェフからは阿部とストヤノフが選出。
 今年を振り返って「マリノス、磐田の不振」というコーナーでは4月13日の素晴しいジェフ戦の映像が流され、ジェフの全得点を振り返ることができるものとなっておりました。
 ゲストの遠藤さんが事前にスタッフに話していた今季のMVPはうちの坂本だったらしいが、なぜか本番になって「セレッソの西澤」と答えていた。さらに「柏の土屋」とも言っていた…で、遠藤さん、どうして本番でも坂本と言ってくれなかったのさ。その上、なぜ坂本なのかという理由も教えてくれなかったよ…

■見逃した「Foot!Thursday」
 どうやらパネラー4名中3名が今年のベストゲームにジェフ絡みの試合を選んだ模様。
 16日(金)朝6時から再放送なのでビデオチェックやで!

■我らが同士、今年を振り返る
 一日話題に乗り遅れた感がありますが、「犬の生活」の西部謙司さんのインタビュー。「僕にとっての「マイチーム」は千葉しかない」がツボ。ありがとう西部さん。オシムがいるからとかいないからとかではないし、たとえJ2になったとしてもとか言ってくださってとても嬉しい。おお、同士よ。(おこがましいにもほどがあるわい)
 どこチーム寄りのライターさんっていろんなところにいると思うんですけど、対戦相手のことをちゃんと見てない人が多すぎる。ブログ書いてる単なるサポは偏ってて当然だし、それが「単なるサポが書くべきこと」だと思うので変に中傷とかするのでなければOKだと思うんですけど、一応どこだか新聞とかサッカーほにゃららとか名乗ってお金もらって文章書いてるんだったら、自分がひいきしてるチームが正義、惚れたぜ万歳!みたいに書くんじゃなくて、もっと中立の視点もっていてくれないと、単なる一ブロガーと変わらないじゃないか!と思います。あくまでも中立の視点“も”です。ずっと中立じゃなくてもいいですから、そういう俯瞰の目は持っていてくれないとプロとは言えないですよ。その上で、「あ、そこのチームびいきなのね」というスパイスがあればいいと思うんですよね。でないと、相手チームがどこになっても同じような記事になってまうですよ。

2005/12/14

芳賀がんばれ。

 ジェフのことを語る際に「オシムマジック」と言った人は罰走(但し微分積分の問題を解きながら)。それから「走るサッカー」も禁止。「は?」と思ったら週刊サッカーダイジェストの今年のナビスコ優勝特集号にある「イビチャの犬笛」(西部謙司さん)を読もう!

■芳賀、コンサドーレ札幌移籍(オフィシャル
 今年の移籍(エクスポート)第1号。札幌でも頑張れ!
 去年の臨海での神戸戦のアシストはすばらしかったです。

■プロサッカーニュース(フジテレビ739)
 ジェフネタなし。むしろ天皇杯がらみはほっておいて…
 今年最終回でようやく夕刊フジの久保さんが「アレックスミネイロははずれ外国人」発言を謝罪しましたよ。
 次回は1月17日。

2005/12/13

ちょいとおまいさん

 昨日巻がらみで「行列のできる法律相談所」を見たら、「絶対ムリと思われるプロジェクトの責任者にされて失敗したら左遷された斉藤浩司さん」が出てきたので「ナニぃ?スタッフにジェフサポがいるのか?そうなのか?」と妄想したのはヒミツだ。 

■表紙のちクンがカッコつけている件について
 「Footival」を購入。表紙をみてちょっと笑う。ああ、ちクンよ…。
 巻と勇人の対談を読んで「ジェフ残留とみてよろしいか?」、阿部のインタビューを読んで「国内移籍はやめとこう、と思たなら某氏に対するブーイングの嵐は効果があったと見ていいか?」とそれぞれ思った。
 永井雄一郎の目からは赤い殺人ビームが出ると思った。
 ジェフの頭脳明晰なインテリ・理論派は斎藤大輔。斎藤大輔。「プライベートの眼鏡姿がまた理知的な感じなので『オシャレな眼鏡ですね』と話を向け」た赤沼さん、いいですぞ~!赤沼さんもメガネ部入り決定(勝手に)。
 勇人は手相も見てもらってましたよ。

■スキありすぎだよ
 「サッカー批評」熟読。
 「クラブが捉えるサポーター像」という記事のため、J1J2全30チームに編集部が「ファン/サポーターという呼称についてのアンケート」を送ったらしいのだが、回答しなかったのが鹿島と千葉だけだったらしい。そのことを批判されてはいないのだけれど、印象はあまりよろしくないねぇ…理由があって回答できない旨回答したんだけどそれは本アンケートとは関係ないから紹介されてないのかもしれないし、本当にシカトしただけなのかもしれないし、このアンケート結果からだけでは「今回のアンケート項目には答えなかった」ということしかワカラナイよ…
 U-31原作者・網本さんのコラム「センチメンタルゴール裏合唱団」は先日のニッカンスポーツのコラムにあったジェフの営業についての注文等。
 選手や現場のスタッフたちは結果を出しているのだし、これだけ露出も増えているにもかかわらず、いろんなところでフロント(営業・広報)の意識がまだまだだってことを指摘され続けていることについて、フロントはどう思っているんだろうか。お金がないならアイディアを、って難しいことだけれど、それをやってもらわないと困るわけで、今後クラブが存続できませんごめんなさい、なんて謝って済む問題じゃないですから…
 チームの強化についてはかなり筋道がはっきりしてきた感があるけど、それを支える資金面をどうにかするためのビジョンがうちのチームには見えないんだなあ…
 話せないことまで話してくれなくてもいいから、チームがどっちへ向かっているのかだけは教えて欲しい。また今年もサポコミがあると思うのでそのときにでも聞いてみたいと思うのだけれど。
 その他ジェフ記事としては、「さぁ、スタジアムへ行こう!」の記事中の写真がフクアリでのジェフゴール裏2階とナビスコ決勝のジェフゴール裏(「ALL YOU NEEDS FOOTBALL!」のビッグフラッグ)写真。記事自体はジェフ記事じゃなかったり。
 それと日経新聞の武智さんが「オシムの言葉」のレビューを書いています。5名様に本のプレゼントも。
羽生のメッセージ更新
 ううう…はらはら。

 ところで「ら」はどうなってるの、「ら」は?! 

2005/12/12

ジェフェスティバル

 天皇杯での大敗にヘコんでいるジェフサポを慰めるために民放2社(日本テレビ&テレビ朝日)が仕組んだ巧妙なフェスティバル?前者はある意味、火に油…まあよくクラブハウスまで日テレさんいらしたもんですわ。個人的にはスポレクでの練習風景で羽生が映って「ををを!羽生がゴールデンタイムに!」と感動しましたw
 
■相変わらずジェフに優しいやべっちFC
 今年もリーグ戦を振り返る巧アウォード。ジェフからは巧なパス賞に阿部(柏戦?DF4枚で巻へのパス)、巧な守備賞にストヤノフ(フクアリでの磐田戦ゴールラインから折り返して勇人ゴールの件)。受賞はならなかったものの、巧なゴール賞ノミネートにホームの鹿島戦でのハース→勇人ゴール。堀池さん、あざーす。
 ジェフの不思議なところは、こういう受賞対象になるようなすごいプレーがリーグ後半ではあまりでてこないのに、後半戦の方がじわじわ順位を上げていくところなんだよなあ…ないとは言わない。あまりない、ね。勝ちを落としてもいるけど拾ってもいるという不思議。
 とりあえず、昨日の天皇杯のビデオは、自分が慢心しそうなときに見るためにツメ折り保存しました(うちまだビデオ派なので)。調子に乗るなと。少しの差でこうなることもあるんだよと。

2005/12/10

千葉の厄日

 天皇杯 第5回戦
 ジェフユナイテッド千葉vsセレッソ大阪 in鳥取バードスタジアム
 2-5 ● 林1、ハース1

 …サムい、寒すぎる、ひゅー。
 試合内容はそう悪くはないんだけど、ブルーノ・クアドロスすごすぎ。体を張ってチームの硬い空気を和らげるだけのことはある(こちらから仕入れた情報による)。天晴。
 2バックっちゅうのは阿部と斉藤とストヤノフがいないとなかなか成立させるのは難しいのやも…浦和戦は何とかなったんだけどなあ(ぼやき)。
 大量失点とはいえ、攻めに行った結果の失点なのでまあよい。いや、よくはないけど、リスクを犯して攻めにいった結果「ぐはあっ!!!」とやられたと思えば、それもまたサッカーぞなもし。何か「夜叉」とかで高倉健が一人敵地に赴いて壮絶に殺られる様を見るような(注1)、そんな壮絶さ?(反疑問形で)
 見事散ったのだよ…

 ま、前半の羽生のポスト直撃弾が入っていればまた違った展開になっていただろうし、惜しいシーンはちょいちょいあったのであまり悲観はしてませんが、選手は凹んだでしょうね。結果としてはこうなってしまったわけですし。でも選手たちが素晴しい試合をここまでいくどとなく見せてくれていたことは、今年の試合を観ていたサポには充分分かっていることなので、落ち込まないで欲しい。もちろん、「サッカーやってればこんなこともある」って選手たちも分かっていると思うけどね。ちゃんと個々の反省点を分かってると思うし。(注2)

 選手たちには「今年1年間お疲れ様でした。本当にどうもありがとう」と言いたいです。
 つけたすことがあるとするなら…

 行かないで!ってことくらいか(笑)。
 笑えねえけどもw

(注1)「夜叉」がそういう映画かどうかは当方存じ上げません。
(注2)私の感想がヌルいのはいつものことでした。

鳥取で勝ちを取っとり!

 いやー、寒いですね(表題が)。
 リーグ戦も終わってほっと一息つくまもなく、明日は天皇杯セレッソ戦です。
 このところ去年の2ndからリーグ戦3連敗と相性のよくないセレッソですが、年が明ける前に悪い連鎖を断ち切っておかないといけません。勝ちやしょうや!!

 それはそうと、先日99年の残留争いのジェフの激闘を振り返ったレアものビデオ「サバイバル」を見返してみました。阿部、若っ!髭がねえよ、つるつるだよ!下川とか中西とか酒井とかちくんとか、もうみんな若いの。振り返った試合のコメントが若すぎて、何かもうね、「タハー」って感じ。後半ロスタイムに追いつかれてVゴール負けしたマリノス戦について、下川が「ああ今日はラッキーだ、勝てちゃうかなって思った」「でもそこで追いつかれるのが若い選手が多いウチの特徴」というようなことを言っていて「おいおい、勝っててラッキーってどないやねん、経験豊富なあんたがそんな物言いでどうする」とトホホな気持ちに。まあ、それくらいあの頃は勝ちがなかったってことなんですけどね。もうこんな時代には戻りたくないですよ…。
 でも一番気になったことはワラシさんこと林丈統選手の私服がものすごおいことです。見てもらうのが一番早いのですが、キャプれないので一番近いイメージを。
皇太子殿下みたいな感じのハイネックとジャケット↓
img20041201_03
 …天皇杯ですから…。
 つい見終わった後にナビスコ優勝関連ニュース映像を見倒してしまいました。阿部も林も、ほんとうにおおきくなったねえ。しみじみ。「キレてないっすよ」の後の恥ずかしそうな林に激萌えっすw。

2005/12/09

いつになったら

 ウチのチームの「ら」は発表されるのでしょうか…
 いまだ灯油を買いにいけないのでサムーーーい部屋でぽちぽちとジェフの公式を更新してはチェキっとるとです…ああ、練習場に様子を見に行きたい、この目で様子を、ようすおおおお!

 と、ネガティブになっても仕方がないので、今この小さな幸福(嵐の前の静けさ?ヒィーー)をかみしめることにします。

■Jリーグアウォーズの優秀選手賞に阿部・ストヤノフ・勇人が選出。(J's GOAL
 得点王になってもベストイレブンに選出されなかったオルデネビッツの悲劇にもあるように、今年もベストイレブンにはジェフから選出されないのかどうか。ジェフサポ的には気になるところだが、今年阿部を選ばないのだとしたらJリーグアウォーズなんてやめちまえ!!と強気になって言ってみる。アウォーズには応募もしなかったなあ。この時期の平日夕方なんてどうせ仕事で行けねえよ…(←八つ当たり)

■今週の「Foot!Thursday」司会は平畠啓史(ひらっち)。
 別にジェフネタはありません。ガンバの優勝と京都と福岡の監督の話と昨日の入れ替え戦の話。
 シーズン当初に「もし今年ジェフの成績が悪く、全然勝てなくとも絶対にオシムを解任しないで最後まで指揮をとらせて欲しい。ともかくオシムの采配が見たい」とかなんとか言っていた(この番組内ではない)ひらっち。そのことは忘れてやるからジェフの応援番組の司会を(ry。でもるみるみが司会をやめてしまうと、私のオハコの「るみるみが茶野の名前を呼ぶときの間合い」という物まねができなくなってしまうのが悲しい。(茶野はもうジェフにいないんだから既にできないのでは?というツッコミは不可)

■オシムがボスニア国内紙のインタビューを受けたそうだよ(クロアチアサッカーニュース
 「どこでもドア」を私が発明できたなら、オシムにプレゼントしてあげたいよ…。
 発明したことがばれたら交通業界の放つ刺客にヤられるだろうけどね…。

2005/12/07

表紙がガンバでよかったよ

 一日遅れでサッカーダイジェスト&マガジンチェキ。
■ダイジェスト(表紙はガンバの宮本&ちっさいおっさん←ポイントプラス)
 13年間のガンバを振り返る見開きに99年ガンバと試合中のジェフの写真(残留決定の試合っぽい。選手は武藤とみられる)。ちなみにガンバ時代の斉藤が同じ写真に写りこんでいます。微妙に若いw
 サッカーダイジェスト選定・2005SDアウォーズ、ベストイレブンにストヤノフと阿部選出。アシスト王はハース。
 「J談~DUOで行こう」では立石と結城の対談。ここで結城をチョイスするダイジェスト編集部に巧を差し上げたい。「オシムの言葉」での阿部のコメントといい、この対談での結城のコメントといい、まさに西部さんのいう「イビチャの犬笛」状態。素敵なシンクロだなあ。
 第34節マッチレポートは「その笑顔のために」。MOMは坂本。

■マガジン(表紙は中村俊輔ガンバの選手たち。真ん中に宮本)
 第34節マッチレポートは「90分間の賜物」。MOMは羽生。隣のページにオシム記事。
 新連載選手インタビュー「SWICH」第1回ゲストは巻。メガネ部員は集合!
 投稿ページのオフィシャルグッズを紹介するコーナーに犬変身グッズが!

 ナビスコカップの優勝記念号と記事の多さは変わらんなあ、テレビの取り上げ方もあんまり変わらないなあ…な~んて思ってたんだけど、リーグ優勝にはコレがあるんですな!→週刊サッカーダイジェスト臨時増刊「ガンバ大阪・2005年J1リーグ優勝記念特別号」オールカラー63ページ!!←これは羨ましい!!

■入れ替え戦第1戦
 しょ、照明が~~~~~!カメラさんが転んだのかと思ったよ…
 

2005/12/05

ほわほわスタジアム

 「オシムの言葉」(木村元彦著)を読了。
 泣きながら腹をくくる。でもたぶんいざとなったらあわあわすると思うわたしだ。

 昨日の試合を見返してみると実に今季のジェフらしい試合であった。
 前半ぐだぐだ(昨日はぐだぐだというほどぐだぐだではなかったけど、シュート打っても枠外とかバーに当たるとか、得点に結びつかないという意味でのぐだぐだ)、後半ネジ巻いてロスタイムにどっかーん!と。図らずも前日に自分で予測したとおりの試合展開であった(と、無理矢理自分が考えていた通りだわ、とこじつけてみる)。
 それにしてもハースはうまいなあ(敵に寄せられてるときのシュートを除く)。でも時々ひょほっと取られちゃうんですよね。カットされるたびに後ろの席のおばちゃん(すごくいい声でアメイジンググレイスを歌っている)に「ああっ、またハースだわ(怒)」と怒られてました。(近くの席の人を非難しているわけではありません)
 巻もけっこういいポストプレーをしてるんだけど、最近シュート数が少ないのが懸念材料。うまくなったんだけどね、FWやからね、打っていかんと…
 水野はケガ後しばらくクロスの精度がよくなかったけどだんだん調子が上がってきてて、昨日の水野はかなりいい状態になっていたような。

 話題チェンジ。
 1試合1試合重ねるごとにフクアリでの雰囲気がよくなっている気がする。
 ロスタイムやら試合終了間際の得点で勝つ試合が続いたせいもあるんだろうけど、得点シーンでフクアリが一つになってる(除アウェイ)。メインもバックもゴール裏もどっかーーーーん!と立ち上がって喜ぶ人多数。私はメイン住人なのだが、臨海のときの席幅よりも狭いせいか、今のほうがみんなでぐわっと立ち上がってる感じがするなあ。
 私はどっちかっつーと「絶対勝て。勝たなければ明日はない」みたいな殺伐応援は好きではないし、臨海でのあののどかな雰囲気+ジェフキッズwが好きだったので、今の一体感を持ちつつちょっとほわほわしているフクアリの空気が気に入っている。確かに「絶対勝て」という局面はこれから出てくるかもしれないし、時にはガッツリいけやコラァ!という試合もあるだろうけど、「絶対勝て。勝つんじゃこの野郎!」と言った先から「それでも人生はつづくのよね…」とも言えちゃうのはある意味健全なのかなあと勝手に思ったりして。
 フクアリでの浦和戦を経験してから、サポートするとは何ぞや、選手を後押しするとは何ぞや、ということについてちょっと考えております。フクアリのようなキャパで、コンコースなんかも狭いところで浦和体験してないもので(除く駒場)、とりとめなくいろんなことを思ったもので…ここに書けるほどまとまるかどうかは未定。オフの宿題。

2005/12/03

お願いがあるのよ

 2005年J1リーグ 第34節
 ジェフユナイテッド千葉vs名古屋グランパスエイト inフクダ電子アリーナ
 2-1 ○ 阿部1(PK)、坂本1(ハース)

 劇的空間フクアリ!やっぱロスタイムやで!坂本が〆た、というのがキモですな。ようやったようやった!!

 そしてガンバ大阪優勝オメデトウ。
 やっぱりリーグ優勝もいいなあ…またうれし泣きしたい…

 それはそれとして、
 「シュワーボ、オスタ二!」
 お願い!

増刷か?そして静かな朝

 フライング気味で「オシムの言葉」(木村元彦著)を購入しようと職場の近くの書店に行ったら入荷しておらず、帰りに秋葉原の書泉ブックタワーに寄ったら、既に売り切れてましたよっと。
 地元の駅で買いました。私が買ったら残り1冊でした…
 フクアリで即日完売を出した方がいいのか、それともあらゆる本屋で「『オシムの言葉』はありますか?」と聞き倒して「ん?何か問い合わせが多いぞ?即行売り切れたし」と書店員を惑わせた方がいいのか悩むところではありますが、フクアリは500冊らしいので完売できるでしょう、きっと。

 そんなこんなで今日で2005年J1リーグ戦も最後。
 「ひとつタイトルを!」のひとつを手にして、今もリーグ戦のタイトル争いに一応一枚噛んでる状態。
 この試合、とにかくいい内容でいい勝利を手にして欲しい。
 そしていいリーグ戦だったと思える締めくくりにしたいものです。

 …なーんていいつつ、前半ぐだぐだーっとしながらも0-0、「おいおい何やってんだよー」でハーフタイムにネジ巻いて後半調子を上げて何点か獲ってジェフ勝利、が私の予想なのだがw何だか今年のジェフっぽいというか、めちゃめちゃ普段着の勝利っぽいなと思うのはちょっと選手に対して失礼だろうか・・・。先に謝っておこう、ごめんなさい。
 何だかドキドキしてはいるんだけど、すごーく静かな心持ち。心のそこから穏やかに楽しみだなあと思えるぞ、今日の試合。

2005/12/02

ここまできたら

 ココログが重くて更新しづらい…
■スカパー「Jリーグナイト」
 混戦J1優勝はどこだ?ゲストは川勝良一さん。ジェフのところでオシムマジックと言わず、外国人選手に頼るところはあるものの、日本人選手がいいからこの位置にいると言ってくれた。ありがとうかわかっつぁん!

■J SPORTSの「Foot!Thursday」
 混戦J1優勝はどこだ特集。ゲストは高木琢也さん。上位5チームの第34節大予想。高木さんの予想ではジェフvs名古屋は2-0。キーマンはストヤノフ。ストやんの仕事がこのチームを左右するんだそうです。で、セレッソとレッズが勝つのでジェフの順位予想は3位でした。

 ま、何はなくともいい試合をして勝利でしめくくる2005年シーズンであってほしいです。今シーズン最後のフクアリ帰りの足取りを軽くしてほしいわー。

 いろんなところでいろんな戦力外情報が出ておりますが、柏の増田はびっくりした。何だか昔野々村が戦力外になったときのような驚き。
 びっくりした、とか言っててもジェフの戦力外の話題が出てくれば、それにまたびっくりしたりしなかったりするんだろうけど…この時期は何が出ても驚かんぞ!と思うようにしているが、ヤな季節だなあ。

(おまけ)
のブログが更新されていた
 …私の会社の子が最近巻のファンになったのだが、ブログを読むたびに「…巻はアホな子なのですか…」と悲しそうに聞いてくるのがせつない。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ