フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

塚越氏がジェフを愛している9つの理由

 「すきならすきって言っちゃえよ~」(小6男子の気持で)
 
 順位予想といえば週刊サッカーダイジェスト!ということでもちろん購入です。まんまとダイジェストの思惑に釣られまくり!
 FC東京担当塚越氏の今季のジェフ予想順位は16位。愛されてるなあ!もう今日一日、塚越氏のことばかり考えてしまいました(これも愛か?!)
1.たった8行のコメント欄にFC東京に関するコメント(1行)よりも長い2行弱をジェフのために割いている。
2.しかも彼の一番愛するFC東京の昨季になぞらえて心配してくれている。
3.さらに自動降格圏内の17位以下ではない。入れ替え戦のチャンスまでも与えるこの愛よ!
4.彼の予想順位のおかげで編集部の予想ランク、ジェフは磐田の下の順位に位置している。それも1ポイント差で!この絶妙なさじ加減!
5.磐田より下→「なんだとう!」→めらめら!→サポに気合が入る→心をひとつに!(結果的にジェフサポのため)
6.他の編集部員が去年の「主力流出でダメ」予想を覆され、今年は「補強はいまひとつだけど流出してないから大丈夫でしょ」と無難な予想に落着いたところにわざわざ異議申し立て→「ちゃんとジェフを見ろよ!問題点はあるんだ!」→無難な予想を是としない→漢だぜ!
7.ジェフはあんまり注目しすぎないほうがいい結果を出すと知っている。
8.ご両親が千葉に住んでいる。
9.「何言ってんだよ~、にやにや」となりそうなサポにカツを入れたかった。「まだ始まってもいないぜ!」(始だけに)
 …とまあキリの悪いところで居心地悪く終わるのは多分ウソだからだと思いますけど。
 でも私は塚越氏のことはかなり好きです。鼻ほじってカレンダーぺらぺらめくりながら「こんなチームはJ1にいてはいけない」とか書かないし。だから絹見と一緒にしちゃだめ。今年もtoto予想ではご自分の考えを貫いて欲しいです。その方がこちらとしても「ふふっ、また書いてるわ、予想を裏切ってやるぜ!」とやる気がわいてきますから、今年もどうぞよろしく。

ぞくぞく予想だホイ。

 もう今週末にはリーグ戦が始まるということで、先週のスパサカだのやべっちFCだのでリーグ戦の優勝予想などが続々行われているわけですが、今日は(昨日は?)NHKBSで2006年のJ1についての番組(最初から見てないので正式タイトルを知らない…)をやっていました。もちろん筆頭はごっそりどっちゃり補強の浦和だったりG大阪だったりするのですが、対抗馬としてジェフの名前(と映像)もちらり。川勝おやびんは「若手や無名の選手がオシム監督に鍛え上げられてどうのこうの」とおっしゃっていました(うろ覚え)。無名…無名か…阿部と巻以外は無名か…無名なのか?そして若手ばかりでもなかったりして…他のチームはだれかしらのインタビューがあったのですがジェフからはなし。この「取り上げられたかと思えば意外とシカトかよ!」的中途半端な立ち位置は、「あまりやいのやいの言わんといて!ほら、優勝候補には浦和とか浦和とか浦和とかG大阪とか言っておくといいよ!」と思っている私としてはいいんじゃないかと思います。別に卑下して言っているわけではなく、ようはリーグ戦で勝ちゃあいいんでしょ勝ちゃあ!と思っているだけのことでして。事前予想ほど当てにならないものはない、けどつい見ちゃうんですよねぇ、「何?○○(番組名とか雑誌名とか)としてはジェフのことをどう見てるわけ?!」なんて思ってしまって。
 「ジェフは絶対来る!」と言われれば頬をゆるませながら「もぉ、言わんといてよ~(へらへら)」と思い、「ジェフはそう上がっては来ない」と言われれば「ま、実際勝てばええねん」と言いながらムッとして「こいつの名前は忘れねえ」とか思うわけで、サポというのはやっかいなものですな。
 そんなわけで川勝親分が「ジェフみたいなチームが上位に上がってくるのは日本サッカーのためにもよいこと」と言っているのを聞いて「ああ絹○よ、ジェフが上位に上がってくるのは日本サッカーのためにもいいってさ、ごめんな、ジェフはJ1にいちゃいけないチームだったんだよねー、○見さんよー」と一体いつの話だ?いい加減忘れてやれよ、というような粘着なことを思ってしまいました。
 いやあ、どうもね「こんなチームはJ1にいてはならない」っていう言葉だけは忘れられないんですなあ。画面を見たときの熱の上がりよう、悔しさとか歯がゆさとかがこうどばっと出てしまって。それを判定してるのが「今年のカレンダーにもういない選手がいっぱいいるから」だもの。見る目がないって切って捨てればいいんだけど、あのときの衝撃が強すぎて未だ忘れられないっす…彼がきちんと「あのときの自分の文章は申し訳なかった」って書いてくれてればもう少し優しくなれるんだろうけど。

2006/02/26

notアクティブなジェフサポの週末

 リーグ戦開幕まであと1週間ですね。皆様いかがお過ごしですか。
 昨日の「スーパーサッカー」はちょっとびっくり。トルコキャンプの様子が少々出ていたのと、元ジェフの小倉がリーグ戦の本命にジェフの名前を挙げていました(おぐら~、引退は早いよ~)。ついでに福田の対抗△もジェフでした。
 この番組内でプレスカンファレンスの様子が放送されていたのですが、毎年この時期にこういうイベントがあって「たくさんの報道陣が来ました」というニュース程度は聞くんだけど、詳しい内容ってJ's GOALくらいでしか見かけないのでいつも詳細不明の謎のイベント、っていう感じ。本スレでもみかけた「名古屋の監督とオシムは何を話していたのか?」とかそういう断片的な何かが多くていつも気になります。シーズン開幕前のお披露目って趣旨なんだろうけどなあ。ちょっとだけ大宮が羨ましいぞ。(大宮公式:プレスカンファレンスレポサッカーボールを追いかけて様より。)
 大宮といえば新しいドコモのCM(play! push talk)にさりげなく藤本が出ていますね。サッカーの試合のシーンはアルディージャのユニだし、もっとJR東日本もジェフをいじってくれないでしょうか。あ、モバイルSuicaだとドコモとauだから他チームのスポンサーとかぶるからNG?いまイチオシはモバイルSuicaだからなー…ぶつぶつ。ちなみにauの「リスモ!」の広告を見るたびに「あれ?auって大宮のスポンサーだったっけ?」と勘違いしそうになります。

 何だかジェフ話から逸れていますが、軌道修正。
 昨日「Footival」を購入しました。もちろん羽生のインタビューを読むためですYO!(さりげなく羽生へアピール。読んでないと思うが(笑))羽生はホントに、試合に出てないと「何か手が足りねえなあ」という不足感を感じる選手ですよ。いつもそう思っていますよ~。
 J PLAYERS CLOSE UPのお題は「今季ブレイク必至の若武者」。ジェフからは青木孝太です。高校選手権以降の青木のプレイを見てないんですけど、TGではかなりの活躍の様子で。でも高校選抜に持っていかれるのか…もう卒業生じゃないんかい?
 その他の記事としては「100Q入魂」のパルちゃんが面白かったです。でも100問は濃すぎたので半分でもよかった…アディダス×マリノスのオサレ広告は見ているこっちが恥ずかしくなるほど隙間なくオサレな感じでしたが、これを「ミズノ×ジェフ」広告でやってみたらどうなるんだろう、と妄想。とりあえず、田中ハユマのように乳首を出す選手は勇人にお願いしたい(笑)。でもだめだ、笑ってしまう!雰囲気のわからない方は、是非現在発売中のフッティバル28号の34ページ以降をお読みください。

2006/02/23

今年もやります!

 ジェフの新着情報に「レールでゴールキャンペーン2006」の情報が(公式)。
 もらえるプレゼントはサイン入りレプリカユニフォーム!2名様!レールでゴールオリジナルジェフタンブラー!20名様!(各試合ごと)以上!…Suicaは?Suicaはーー?もうJR様は今「モバイルSuica」に必死でらっしゃるので、普通のSuicaは配ってらんねーぜ!と言うことなんでしょうか。モバイルSuica、ボダフォンがシカトなのはレッズのスポンサーだから?などとたわごとを言ってみました。
 それにしても今年のジェフはタンブラー大盤振る舞い。今後フクアリで使うと飲み物50円引きとかやるつもりだからこその大盤振る舞いだと信じていますわ~(純粋な瞳で)。
 フクアリへはJR東日本で!!

 そんなこんなでクルプニコビッチ来日(姉崎日記より)。早速結城と楽しそうに会話をしていたらしいです。ハースが木陰からハンケチを噛み締めて嫉妬しているやもしれませんぞ。

2006/02/22

戦力分析

 この時期は各新聞・雑誌ともリーグ開幕直前の戦力分析花盛りですね。
 読売新聞の短期集中連載・J1戦力分析に本日ジェフが登場しました。
 課題は控えの戦力アップと題して、注目選手ということで羽生と巻の写真入りです。
 「リーグ初制覇への期待は高まる」と書きつつ、オシム監督の「今までより大変なシーズンだと思う」という冷静な一言を載せています。
 「補強による大幅な戦力アップは望めないが、昨季の主力はほぼ残留。早いパス回しと走力を生かした攻撃サッカーのさらなる成熟を目指す」ともあり、最後は「レギュラークラスは安定しているが、長いシーズンを戦うには、控えの実力アップが課題となる」と結ばれています。
 このところのような戦力流出がほとんどなかったものの、やっぱり何かしらのプラスアルファがなければ戦いぬくのは厳しいでしょうし(いくら戦術的成熟があったとしても)、ここはひとつ、レギュラークラスを脅かすほどの成長をとげる選手の出現を切望したしますね。それによってまたレギュラークラスの選手に更なる成長をうながすことができるでしょうし。切磋琢磨はひつようだ!

2006/02/21

レイくんのパフォを見逃したっ

 第12回ちばぎんカップ 
 ジェフ千葉vs柏レイソル inフクダ電子アリーナ
 2-0 ○ 坂本1、ハース1

 いやー、今年はもう4冠しちゃうぞ(笑)と言ってみたりして、言った先から居心地の悪さを感じてしまう今日この頃、いかがお過ごしですか?ちばぎんカップに負けてダウナー気味にリーグ戦開幕を迎えるのがデフォルトなので、何だか身の置き所がありません。あわあわ。
 日曜日はSA自由席で観戦だったのですが、試合開始ギリギリに到着したためSA自由はもうめいっぱい。仕方ないので空いていたコーナー近辺の自由席(それも2階)に陣取りました。それでもなんて観やすいんだフクアリ!試合開始前に何だか浦和のゴル裏的違和感及び戦わずして白旗みたいながっくりくる何かを目にした気がするんですけど、試合で頑張る選手たちを見ているうちに頭から(無理矢理)吹っ飛ばしてしまいました。
kuma
 ガツガツプレスをかける柏。大きなサイドチェンジを使うジェフ。山岸がけっこうよかったです。左山岸ってけっこうイケる?羽生はまたよく動くね。ボールが急所に直撃してましたが大丈夫でしょうか。放置されてるのが気の毒であった。勇人はすごく疲れてたという印象。
 千葉ダービーは谷澤の姿を確認して「ああ~、谷澤だ、谷澤だ~」とつい口にしてしまう・・・だって存在がおもしろいんだもの。ただそこにいるだけでいい(笑)。すごく褒めてるんですよこれでも。

 (リーグ戦じゃないけど)坂本のゴールで始まった2006年。
 選手たちには観ていて楽しくなるようなサッカーを望みたいですし、コチラとしては選手を鼓舞して素敵なサッカーを引き出せるような応援をしていきたいものでございますね。

 *そんなちばぎんカップの記事が載っていたのでEL GOLAZOを購入したら、京都vsC大阪のPSMの結果が載っていて、ワラシさんがサブだったみたいなのよ…ワラシぃ、リーグ戦では先発しろよなぁ!

2006/02/16

売りませんてば!

 久方ぶりにフジテレビ739「プロサッカーニュース」。
 今回はJリーグ今シーズンの展望、優勝予想、アメリカ戦を振り返るを柱にお送りされました。
 今シーズンの展望では、去年のリーグ戦上位5チームからチェキ。もちろんジェフも取り上げられております。野洲高校青木等、若手を中心に補強でオシムの育成に期待とのこと。クルプニコビッチのガンバ時代の映像もちらり。元Jリーグにいた選手をとることによりある程度計算できる人材を入れ、去年のメンバーをベースにプラスαを狙っているとかなんとか。ここで清水秀彦さんが「素質ある選手をオシムが育て上げるという形をとっている。クラブの姿勢がはっきりしていて、ハースやストヤノフといった上手いベテランをトントンと置いて若手の選手を中心に据えると。そして育てて売る、とはっきりしている」と言ったからさあ大変。(我が家が)
 売りませんてば!
 社長、まだまだジェフは誤解されたままみたいですよ…

 ちなみに優勝予想では秀彦・中山淳氏、礼子ちゃんが浦和を、平野氏が横浜Fマリノスを推す中、清水圭氏がジェフ千葉をイチオシ。「『オシムの言葉』を読んだ。オシムがすばらしい。心酔しました。もしW杯に出た選手がいて、チームに戻ってきてから気持が抜けてしまうことがあったとしても、オシムはそれを許さない。これはオシム買いです。ジェフの場合、ずっと1位をキープして優勝というかたちではなく、リーグ後半に追い上げて優勝するのではないか」とのことでした。優勝するならそういう形だろうなーと私も思いますですよ!!清水秀彦氏曰く、「優勝争いに絡んでくるのはジェフ。ガンバや浦和みたいなチームを運動量で凌駕できるのはジェフだけ。優勝争いがもつれたらガッとくる」ガンバや浦和みたいに選手層を厚くしたところに対して、その選手層の厚みを運動量で埋めて対抗できるのはジェフのみ、という考えのご様子。売りませんから!(←しつこい)
 あんまり期待しないで!
 もうね、優勝浦和浦和ときどきガンバ、補強成功補強成功選手層厚い厚いとか言うといてください。みんながそっちを見ている隙にこそこそっと行くってことで…
 でもまあとりあえず、見もしないで予想とかしない!

 あ、名前は出していただいて、ありざす!
 売りませんからね!!(←これは言っておきたい)

2006/02/15

てれれてってって~

 ジェフのとるこきゃんぷがおわった!

 けいけんちが30上がった!

 しゅびりょくがさがった!(え?)

 こうげきりょくがさがった!(え?)

 ボコられてもへこたれない“つよいはーと”をてにいれた!(ほんとか?)

 君津住宅サマがオフィシャルパートナーになった!公式

(ドラクエやらない人にはさっぱりわからないノリですみません)
 まあキャンプではいろいろなチームにボコられたみたいですけれども、とにもかくにも経験は積んだことでしょう!そこから何も学べないのであればリーグ優勝は夢で終わることでしょうけれども、彼らはやってくれるはず。この悔しい思いはぜひともリーグ戦でプラスの方向で爆発させて欲しいものです。
 何かほら、大リーグ妖精養成をはずしたらびっくりするくらい跳躍力アップとか、キック力増強とか、そういう感じで「あれ?ボコられたようでいて実はレベルが上がってた!」となることを祈念しておりますよ。
 それはそれとして、オシム監督体調不良で帰国遅れるそうですが…大丈夫ですかぁ~!帰国してからの地獄トレーニングその2を考えていたら熱が出ちゃったの、ということにしておいてくださいませよ。 

2006/02/12

トルコ直前レポートinスカパー

 もう昨日のことになってしまいますが…
 スカパー!ch306のキャンプ情報番組でジェフがちらっと出ておりました。
 トルコキャンプ前の姉崎にて日比野真理さんがレポートです。
 オシム監督と阿部・坂本にインタビューしています。
 オシム監督インタビューの内容は今月号の「UNITED」での監督インタビューと同じです。スカパーが見られない環境にいる方はぜひとも今月のユナイテッドをご購入あれ。
 阿部のインタビューは、代表合宿に向けて怪我をしないようにしたいことと、参加するだけでは意味がないと答えています。チームとしての目標はとにかくひとつはタイトルを。
 坂本のインタビューでは、去年は勝ち点1の重みを感じたこと、そのためには失点を減らしたいこと、グラウンド上で「できるプレイヤーになる」こと3年間学んだことを生かして今年こそリーグ優勝したいとのことでした。トルコキャンプに向けてどうですか、との問いには「レッドスターとやって去年の借りを返したい」みたいなことを言ってましたよ…
 ナレーションで宮沢ミシェルがしゃべってまして、クルプニコビッチのことを「がっちりしていてスルーパスが出せる選手」とか言ってました。
 2006キャンプレポート#1はJ SPORTS1にて、再放送予定はコチラ

 ところで、昨日ジェフがTGで戦った相手チームなんですけど、もしかしたら「FC DINPRO」じゃなくて「DniproDnipropetrovsk」じゃないのかなあ…(Ukrainiansoccer_netよりUkrainian Soccer Clubs

2006/02/11

イマイvs香港宝くじ団

 …を見ていた私は負け組(笑)。
 表題の戦いが一息ついたところで日本代表vsアメリカ代表を見たら巻がゴールしていたよ…orz
 いやいやいやおめでとう巻!そして後半のさらに後半しか見てないけど阿部もいーい仕事してましたよぉ。
 前半をちょいちょいで見て「あちゃー」と思って日本テレビの報道特捜プロジェクトを見てしまいました。イマイさんのねちっこい取材ぶり、好きなので。テレビ局の取材と知っていきなり態度を変えるコールセンターに(笑)。でも本当にカネを振り込んでいる人がいるとは思わなかったぜ!!最近はクレジットカードでも購入可、とかいってクレジットの番号書かせようとするところもあるから注意だ!こんなところにカード番号渡したらどんなことになるやら。おそろしや、おそろしや~。

 (注)イマイvs香港宝くじ団とは?
 勝手に送りつけられてくる「2000円の香港宝くじ購入で16億ドルが当たる!あなたにだけチャンスです!!」とかいうダイレクトメール。その会社に電話をかけて根掘り葉掘り聞くイマイ。だんだんキレてきて人格攻撃を始めるコールセンター。結末やいかに?!

 …なんか巻とか阿部とか関係なくなってしまいました…
あっ、サポコミの議事録が公式にup。いろいろとオツカレさまでございます。
 営業の説明をした方は部長さんだったんですね。今までと比べてとてもヤル気が感じられたので、部長代理の若手だとばかり思ってました。今後ともよろしくお願いいたします。

いまのうちに負けておけ

 何だかキャンプのTGではディナモ・ザグレブとASK trenkwalder Schwadorfとシュトルム・グラーツに負け倒しているようですが、今のうちならまあいいんじゃないでしょうか。ただ負けてるだけなら意味がないですけど、それから何かを学んでいるんでしょうから…今は悪いところをどんどん見つけておいて、それをつぶしていく時期ですからね。
 1日のオフを挟んで、今日はまたTGがあるようですが、お相手のチームはどこなんでしょうね。そろそろミリノビッチのいるLASK LINZあたりとやるんじゃないかなーと思ってるんですけど、今のところ不明であります。
(06.2.11追記:ジェフ公式によるとこの日のTGはオーストリア3部リーグのST ポルテンとのこと。公式HPはこちら、かな?)

2006/02/09

TG2連発

 ジェフのトルコキャンプもいよいよ佳境ですね。
 TGも今日はサテ組とトップ組で2連発のようです。
 サテ組の相手はおこのみジェフ屋さんと公式を総合すると、オーストリアのASK trenkwalder Schwadorfというチームのようです。(そのチームのHPと思しきサイト←どっかに変更している?)
 さて、トップ組はオシム監督とハースの古巣シュトム・グラーツとの練習試合だそうで。はてさてどうなりますやら。

絶句

 ジャンルカ富樫氏がアフリカで急死(nikkansports.com)

 遠い臨海までいつも足を運んでくださってありがとうございます。
 早い時期からジェフのことを表立って褒めてくださってありがとうございます。
 「ジェフTVもやってほしい!24時間見ていたい!」とおっしゃってくださってありがとうございます。
 坂本のことをすごく推して下さってありがとうございます。
 ああ、もう…早すぎますよ…
 今年はもうスカパーでcalco showをやっても富樫さんはいないんですね。ああ、もう…
 ご冥福をお祈りいたします。

2006/02/07

やくにたつやらたたぬやら

 今日人材派遣の営業に来た人は、自己紹介のチラシに「浦和○ッズ命です!」と書いてあったので、丁重にお帰りいただきました。最近、営業の人がいろいろ自己アピールをしていくことが多いんですけど、このところの営業スタイルでは自己アピールが流行っているのでしょうか?せめて最初は「Jリーグをよく見ます」くらいから入ってほしいの…
 *えー、ウチの職場は基本的に飛び込み営業の方にはお帰りいただくスタンスをとっています。*

 えー、今週のサカマガ・サカダイジェフ関連は…
 サカマガ 「キックの達人」に阿部のフリーキック。代表関連記事のボランチ奪取で福西vs阿部ちゃん。FW関連で巻。
 サカダイ 「スーパーさぶっ」のタイトル画がオシムとジェフの選手たち。この漫画のタイトル画を見て泣きそうになった(多分普通の人は泣かないと思います)のは初めてだよ…ちょっと涙もろくてかんわ。

 そして地元の駅でJEF PRESSを手に入れてきました。阿部ちゃんカッコいい!中島の話の続き気になるぅ!UNITEDは明日発売。明日届くだろう、きっと。今年の全選手名鑑がちょっと面白いです。何か中原の写真、首が合成みたいに見える…オシム監督は就任したときからずっと同じ写真だな。

 そんなこんなで今日のTGの相手はディナモ・ザグレブだそうです。公式HPはこちら。でもどこに何があるのかよーわかりません・・・ジェフ公式のキャンプ情報は去年に比べると格段によくなっている感じですし、今年もトルコへ飛んでいらっしゃるおこのみジェフ屋さんからの情報もありがたいです。今日はディナモ・ザグレブ、明日はシュトム・グラーツ、何てステキなキャンプなのだ~!私もトルコ行きたいーーー!
 ちなみにオーストリアのブンデスリーガのHPにオシムとハースがトルコに来てるで~みたいな記事が載ってました。コチラです。自動翻訳でいろいろやってみましたが、再会を喜んでどうのこうの、くらいしか分からないのであります…

2006/02/05

サポコミに行って

 今年のキャンプ情報は比較的さくさくと送信されているようですね。
 そんなわけで明日の練習試合の相手はブルガリア1部のチェシカ・ソフィアだそうです。
 お相手の公式HPはコチラ、でいいんでしょうか?英語とブルガリア語を選べます(国旗のところをポちっとな)。

 今年もサポコミに行ってきました。
 前に飾られてるジェフのフラッグにアイロンがかかってましたよ。折りジワなしです。去年指摘されたからでしょうか?
 今回は司会進行が酒井道代さん。サポからの質問事項を酒井さんが読み上げて各担当者が答えるというスタイルだったのでとてもスムーズに進んでいたように感じました。以前は真ん中に演台があって質問ごとに担当者が出てきて…という流れだったのですが、今回は最初から長テーブルに各担当者が着席していてその場で答える形。ちょっとした時間のロスがなくていいと思いました。
 内容についてはまたHPに議事録がアップされるそうなのでそちらを。
 けっこうポジティブになれる話が多かったように思います。やっぱり祖母井さんは話が上手いですね。場の空気を変えるというか、全部かっさらっていくというか(笑)。話術が下手な私は羨ましいですわ。
Ichihara
↑今年のサンプラザ市原からの夕焼け

2006/02/04

スポンサー様ありざす!

 もう公式にも載ってるし、遅いネタではありますが…
 昨日の日経新聞朝刊スポーツ面に「サッカーJ1千葉 人材派遣と提携」と題して株式会社バックスグループ様とのオフィシャルスポンサー契約についての記事が大きめに載っていました。
 記事の主旨は「下部組織の選手に仕事紹介」という新たな取り組みについて。今年の4月からジェフクラブの選手たちを社員として雇用してもらい、選手たちはホームタウンである千葉市・市原市内の企業に派遣されるとのことです。記事の最後には「(社員として雇用してもらう)対象を女子チームの選手、若手コーチらにも広げていく考え。クラブが費用を負担せずに選手の収入を保証する取り組みとして、他のクラブに広まる可能性がある」とも書かれています。「クラブが費用を負担せずに」というところにジェフの苦労のあとが滲んでいるような気がしますが、ぜひともこの取り組みとスポンサー契約は来年度以降も続けていけるといいですね。これで派遣先の企業がジェフに興味をもってくれるようになれば、新たなスポンサーの開拓にだってなるわけですし、この一つのスポンサー契約が今後2倍3倍の効果をもたらすものになるかもしれません。
 …ま、ものごとがそんな簡単にいけばステキ、なんですけどね…ふっ…
 ちなみに、同社は人材派遣と営業支援を手がけているそうなので、ジェフの営業も支援してもらったらどうかと思ったり思わなかったり。(同社HPによると「家電量販店やスーパー、ホームセンター、ドラッグストアなどの店頭で、明るく元気に接客をしている販売スタッフ。クライアントの営業担当者に代わって量販店やGMSなど個々の店舗を実際に巡回し、マーケティング活動や各種調査を担当する営業スタッフ。これらのスタッフは、バックスグループがクライアントより業務委託を受けて営業支援を実施しているスタッフです」とのことなのでサッカークラブの営業とはちょっと違うかな?)
 がんばれ、ジェフの営業! 

2006/02/02

ハイハイからたっちへ

 今年のジェフは違いますヨ!といきなり何を言っているかというと、ジェフのサイトが成長しているのです。
 去年のキャンプ情報は有料会員しか見られない仕様になっていましたが、今年は無料部分にもトルコキャンプ情報が随時掲載中なのであります。(キャンプ情報vol.1)(キャンプ情報vol.2)(キャンプ情報vol.3)もうね、わが子の成長を見守る親の気持ですよ。
 ナニナニ、この程度で満足するな?そりゃもうもちろんですけれども、わが子を見守る親はとりあえずハイハイからつかまり立ちへ移行したらそのたっちを喜ぶじゃないですか。ひとまずはたっちの喜びを楽しみたい私です。ちなみに今日のTG相手FCコペンハーゲンABコペンハーゲンのサイトはコチラ

 それはそうと、高橋のロッソ熊本移籍が決定したのですね。頑張って!
 …で、タッキーはどうなったの…
 そして小倉コーチも退任なのか…(おふぃさる
 小倉コーチが試合終了後、某選手をポッケに手を入れた状態で叱っていたのを見て「きーーー、あのナマイキな奴は誰ーー!」(私超失礼。そのうえなぜかユースの選手がガンたれているのと思い込んでいた)とムカついていたのはもう何年前のことだろう…いつか必ずジェフに帰ってきてね…

2006/02/01

もうええちゅうねん

 火曜日は(自分の中で)恒例のサッカーダイジェスト・マガジンチェックの日です。
 最近小野伸二祭りであれやこれやの表紙が小野小野小野なので、小野には罪がなくてもだんだんうっとうしくなってまいりました。だんだん小野の洪水→レッズも洪水→もうええかげんにせえ!三段論法ができあがりつつあり、反射的に目を背ける今日この頃です。(もう赤い表紙は見飽きたワイ!)
 そんなわけで加地さん表紙の週刊サッカーダイジェストを手にとった次第。勇人のインタビューがどかんと3P。元ヤン好き日本人の心を揺さぶってやまないできばえです。もちろん、ジェフサポの心も揺さぶってやみません。
 ちなみにモノクロ1Pで京都移籍の林記事が赤沼圭子さんの手によって書かれていました。うううう。最後の1行に赤沼さんの愛をみた。

 職場では日経新聞を読んでいるのですが、スポーツ欄に祖母井さんのコラムが載っていました。日本のマスコミのスポーツ報道に対する苦言。膝をぽんぽんぽんと打ちまくりです。サポコミでのお話も楽しみにしております。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ