フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« チョー悔しい! | トップページ | ぐったり »

2006/03/30

フクアリで春!

 2006年ヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ 第1日
 ジェフユナイテッド千葉vsサンフレッチェ広島 inフクダ電子アリーナ
 2-1 ○ 羽生1、勇人1

 でら寒いよ。
  いやもう寒かったの何の。桜満開とか言っててもまだまだですのう。

 前半半分ちょっとくらいまではジェフもうまく立ち回っていたのですが、何だか点が入らないなーと思っているうちに広島の方へペースが流れていった感じ。今日は広島のまずさにだいぶ助けられた試合でした。ジェフの選手にももちろんいいところはあるんですけど、ジェフがゆるいなーと思っているとカウンターでやられるというか。ジェフのいい時間帯の広島は、前線の2人と中盤から後ろが離れてしまっていて、ボールを取られてもあんまり怖くなかったんですよね。それがジェフが点を取れないでいるうちに、その溝が埋まってきててやられたりやられそうになったりしてました。それでも1点しか取られなかったのは、櫛野の神セーブだったり、広島がシュートふかしたり、途中でボールを奪ったりできたからなんですけどね。

 よかった点は山岸のFW的な動きとか、水野のひょっこりと飛び出す動きとか。クルプニコビッチがだんだん合ってきてるなとか、意外とと言っては失礼だけど楽山がけっこうよかったとか、いい点も多々。今回は試合を見直せないので、いろいろと印象でしか書けないんですが…すみません、うちの夫がいればもうすこし試合内容がよく分かるんですけど、なにせエモーショナルにしか試合を観ていない人間(私)の1人観戦だったもので。点がなかなか入らなくて焦れた時間が長く、終わってしまったら「おっ!」と思ったいい点をよく思い出せない…おかげで帰宅してから夫に「ゴールシーンはどのような状況から生まれたのか」や「広島に取られた1点はどのようなシチュエーションからやられたのか。完全に崩されたのか、セットプレーだったのか。誰がついてたのか」などといろいろ聞かれたのですが、「何かひょいっときてくるっとしてズガーン!て感じ」(羽生ゴール)とか「えっと…何かこう、すっときてはっとしてドン!みたいな」(勇人ゴール)とか「失点シーンは…ショックで忘れた」とかしか答えられず、夫の欲求を満たすことができません。妻としてどうすればいいでしょうか。(人生案内 読売新聞より)

« チョー悔しい! | トップページ | ぐったり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47265/9324780

この記事へのトラックバック一覧です: フクアリで春!:

« チョー悔しい! | トップページ | ぐったり »

サイト内検索


無料ブログはココログ