フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/26

ワンコ対決は先輩の勝利

 2006年J1リーグ 第33節
 ヴァンフォーレ甲府vsジェフユナイテッド千葉 in小瀬陸上競技場
 2-3 ○ 阿部1、羽生1(青木)、青木1(羽生)

 よよよよよかったよ~~~。
 と、言ってもJリーグタイムで得点シーンを見ただけなのでどんな雰囲気ゆえの200勝目なのかは分かりませんがおめでたい!
 やっと結界が破れたよ~~~!

2006/11/23

やっぱ結界やねん

 2006年J1リーグ 第32節
 ジェフユナイテッド千葉vsサンフレッチェ広島 inフクダ電子アリーナ
 0-1 ●

 やっぱり相手ゴールには結界がはられてるんすよ、絶対!
 みんなで厄払いのために成田山新勝寺へレッツゴーだ!
 今度の土曜日はジェフサポは成田山へ行くんだ、それしかないんだ!
 (目を血走らせながら)

2006/11/22

結界症候群

 2006年J1リーグ 第31節
 ガンバ大阪vsジェフユナイテッド千葉 in万博記念競技場
 1-0

 結界じゃ~、結界じゃ~!!

 なんどめだ結界。

 今年のジェフの試合は相手ゴールに結界がはられていることが多くてですね。いや~、困った困った。何の罰でしょう。やっぱり臨海くん?
 ここはひとつ、ジェフサポ全員でやっさいもっさいを踊りながらフクアリのコンコースをぐるぐる回ってみるってのはどうでしょう。アウェイ側を通れないなら柵のところで折り返しで。
 「えらやっちゃ」「ええじゃないか」が流行ったときもほら、庶民の心の不安の表れとか言われてるじゃないですか。ならばここはひとつ、ジェフサポならばやっさいもっさい。
 結界封じにも効くんじゃなかろうかw

2006/11/17

サッカーJ+はいい雑誌だ!

 笑顔の齋藤を表紙にする雑誌の編集部に悪い人はいない(去年の話)。
 こんばんは、ミナセです。

 今号でシーズン開幕までお休みの「サッカーJ+」、表紙は胴上げのアマルです。素晴らしい!
 内容でジェフに関する部分は、
 ・ナビスコファイナル記事
 ・クラブマスコット応援ページ「マスコットな日々」
 ・素朴な疑問をチョー解決の2~市原臨海競技場
 ・ハラペコ大王が行く!フクアリ編
 ・昼田さんインタビュー
 …といったところです。
 他にも元ジェフ関係で言えばザスパのGK高木インタビューや、かつてのジェフでは困ったときの代行監督といえばこの人!頼れるコーチの神戸さんインタビュー(ジェフに帰ってきてくれんじゃろか…)など、盛りだくさん。他クラブの記事も読み応えがあって非常におもしろい一冊です。柏に関するえのきどさんの記事はいいなあ。横井広報の熱さがちょいと羨ましくなってみたり(ジェフのスタッフもきっと頑張っているはず!…と思いますけれども、とフォロー)。

2006/11/16

新人さ~ん、いらっしゃーい!

桂三枝「奥さん、だんなさんに不満は?」
新婚妻「おふろに、はいらへん」(言葉を投げ出すように)

 どうもこんばんは。 
 ジェフにも来季から新人くんが入団するもよう。今年も若手だぞお~。

 おひとりめは、もう何人コウちゃんがいるのか分からねえ!米倉恒貴

 おふたりめは、櫛野とリョウちゃんズ結成予定!金沢亮

 おさんにんめは、セイゴウじゃないよセイコウだよ!山中誠晃

 是非ともジェフの力となり肉となり、レギュラー奪取できるようガンバレ!
 よろしくメカドック!(きしだんじゃないよ)

 しかしみんな10代なのね…(しんみり)

2006/11/11

口は閉じて、目を開け

 2006年J1リーグ 第30節
 ジェフユナイテッド千葉vsアルビレックス新潟 inフクダ電子アリーナ
 1-3 ● クルプニコビッチ1(PK)

 38度の発熱と咳のし過ぎの嘔吐にはこんな試合(ドラッグ)がキクぜ!(ご挨拶)

 そんな小粋なジョークがふっとぶほどのマヌケ試合でした。試合中も水野は主審とぶつかるわ(水野ブチギレ)、3失点のうち2つは「それで失点するならもっと他に獲られるときがあっただろうに!」というようなほんわか失点。なんじゃあこりゃあああ!

 羽生がPKゲットしたあたりまで、何だかもうアレでナニな試合展開。一体どれだけ今日は失点してしまうのか、とぞくぞくしました。真性どMか私は。(そのぞくぞくは風邪っぴきの悪寒です)
 タイトルはテレビドラマ「ビッグマネー」より。試合後に拡声器で説教する君に。

2006/11/10

なんのこれしきふはははは

 天皇杯 第4回戦 
 ジェフユナイテッド千葉vsコンサドーレ札幌 inフクダ電子アリーナ
 0-1 ●

 えー、生観戦できなかったのでBS中継をみたのですけれども。
 うふふあはは。
 「お母さんは怒りますよ!あなたはやればできるこでしょう!」
 と叱りつけたい気持ちと
 「まあまあ母さんそう怒るな、そういう日もあるよ、な、ジェフ男?」
 という気持ちが一緒くたになっております。
 ああ母性と父性。(反対かもしれませんけれども)
 「もう、お父さんはジェフ男に甘いんだから…」
 「何言ってるんだ母さんこそ…」
 「うふふ」
 「あはは」
 「12月の週末はヒマになったわね…」
 「どうだい母さん、ジェフ男に弟でも…」
 「いやだわあなたったら…」
 (以下、自主規制)

 白目がちの犬は子供たちの健やかなる性長成長を応援しています!

2006/11/07

勝手にもちあげたくせにぃ~

 さあさあ、ナビスコ決勝明けのサッカー雑誌発売日ですよ。
 本屋へむかう足取りも軽いってもんです。ふんふふんふふ~、鼻歌だって歌っちゃうぞー。
 雑誌売り場にたどり着き、おもむろにサッカーダイジェストを手に取る私です。

 Reds_kayo
 そうそう、ナビスコ優勝は浦和レッズ~、かー、長谷部強かー!って何でやねん!赤いにもほどがあるがな!ジェフは表紙にちょびーっとチラリズム。真っ赤にポイントカラーは黄色。映えるわ~。ってオイ。
 もうええわ。こうなったらマガジンマガジンっと。

Daihyo_kayo
 そうそう、代表徹底比較な、しとかんとな、どういう調子やろか…って何で今?ねえ何で今週?今じゃないとあかんのかーー!

 一応週刊サッカーダイジェストの名誉のために言っておくと、記事中のナビスコ取り上げ度数はマガジンよりもはるかに高いです。坂本と水野様の対談とかあります。
 あれだ、日本サッカー界ではジェフの連覇は事件じゃねえんだ。獲って当然なんだ。だから記事が少ないんだ、きっとそうだ。(焦点の定まらない目をしながら)

 …まあそんな不遜な考えは冗談として、先代が代表にもってかれた直後のジェフ大特集時代が異常だったわけで、どうせならこういうきちんと結果を出したときにきちんと(オシムチルドレンという言葉を使わないで)褒め称えてくれればいいものを。去年のナビジェフ特集が売れてなかったなら、オシム絡みとはいえがんがんジェフネタばっかり垂れ流していた各種特集は売れたんかい。もがー!
 ナビ決勝明けなのでつい「プロサッカーニュース」を見てしまい、久保が得意げな顔で「今週のオシム」とか言ってるのもただただ、虚しいばかり。ああ、見なきゃよかった。ぺけぺん。
<追記>
 ジェレミーさん!ジェレミーさ~~ん!(泣)そういうことかあああ!(←単純)

写真がうまく撮れる人が羨ましい

Smile_amar

2006cup_winner

 以前フクアリで得点シーンに落としたデジカメ(バッテリーのフタ損傷、輪ゴムでむりやりとめて使用中)を国立にも持参したのですが、優勝の喜びに手が震えてどれもこれもぼやーーっとしたブレ画像ばかりで使えねえったらありゃしない。せっかく京葉線経由でフクアリへ向かったのに、京葉線通路のジェフ雨あられもぼけぼけ。まともに撮れたのはこの2枚くらい。アマルの笑顔がよかったので載せてみました。

 この試合前、私の中での願かけは「職場でナビスコ決勝の話題が出なかったら優勝できる」というもの。職場でジェフの直近の試合の話が出ると必ず負けるといういや~なジンクスが私にはあるので、このネタを振られなければイケル!という自己暗示でもって1週間を過ごしていたのですが、見事に、ビタイチ出なかったのです。それはそれでいいはずなのに、なぜか寂しい…。いや、いいんですけどね。な、泣いてなんかいないんだからね!

2006/11/04

連覇、Yeah!

 2006年ヤマザキナビスコカップ決勝
 鹿島アントラーズvsジェフユナイテッド千葉 in国立競技場
 0-2 ○○! 水野1(坂本)、阿部1(水野)

 むっはー!!
 ありがとう、ありがとう、ありがとう!!
 何度言っても言い足りない。
 ほんっとうに、ありがとう。

 今年は辛いことが多かったので、深く傷つけられることがあまりにもあったので、チャンスがことごとく決まらない時間帯、鹿島の時間帯、「もしかしたら。準決勝で負けていたら一般の人にはわからないようにひっそりと敗退していただろうに、衆人環視のなか華々しく負けてしまうのだろうか」と被害者意識の塊・超絶ネガティブになっていたのは私ですごめんなさい。私が基本的に超絶ネガティブ人間だからです!選手のせいでは全くありません!!!選手たちの気迫、気持ちの強さはものすごく伝わってきました。強いからこそ不安にも襲われてしまったのです。受け取る私がネガティブだから。

 去年の優勝はPK戦だったので、最後の瞬間にどわーーーーっ!という感じの歓喜でしたけど、今年は得点でどわーーー!どわーーーー!試合終了のホイッスルで「ほっ!」みたいな感じでした。得点シーンでは泣けてしまいましたが、試合終了時はにこにこしてしまいましたYO!

 ちなみに。
 国立にたどり着いたら目の前に芸能界ジェフサポ部長(?)寺田 農さまが!
 「さんま御殿」出演時にジェフのエンブレムピンバッチを胸元に燦然と光らせていたこと、「ドラゴン桜」の休憩時間にジェフタオマフを首にかけていたこと、忘れませんぜ。

2006/11/02

公共の場でいい大人を泣かせないでクレ

 今週のサッカーマガジンは本屋でハナ垂らして泣きました。買いました。
 ジェレミーさーーーーーん!
 「おれ…勝ちたいです…」

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ