フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/29

アウェイの洗礼

 2007年J1リーグ 第8節
 川崎フロンターレvsジェフユナイテッド千葉 in等々力陸上競技場
 1-1 △ 水野1

 今季初のアウェイ生観戦、でしたが、入場口であるところの第5ゲートが超・長蛇の列で最後尾までたどり着くのにへとへと。そうしてようやくゲートが近づいてきたのにどんどん横から入ってくる他者。係員が近くにいるのに係員はシカト。のぉぉぉぉぉぉぉぉ!ようやく中に入ってぐったり、座席までの道のりを思ってガンプラを1個ずつ倒して回りたくなるのをぐっと堪えてコンコースを歩くと行き止まり。階段上がってメインの座席を乗り越えアウェイゴール裏へ、さらに緩衝地帯を通り抜けて座席にたどり着いてぐったり。バックスタンドにあたる直射日光にぐったり。うううう。太陽光が私の体力を奪ってゆく…あああ、ぐったり…これもアウェイの洗礼か!

 さて、試合の方はかなりよい展開になりつつも点が入らない前半、0-0はよくやったというべきか、点を取れなかったではないか!というべきか。後半はかなり押される展開と肉弾戦。カードをもらったわけでもないのに10人で戦わなければならなかった終盤を耐えたのは良かった。怪我人の状況がたいそう気になるところではありますが…今日の勝ち点1はとりあえず最低ノルマはクリア、と。

2007/04/24

今日の目覚まし

 報知新聞1面とはw

 ジェフサポとしてお相手の方に望むことといったら、たとえ「ジャンク○ポーツ」に出演したとて、本田の嫁みたいなことにならなければよいなあ、ということくらいでございますよ。
 …なんか小姑みたいなことを言っているような気が。ま、サポなんて小姑みたいなもんですよ、うしし。
 
 末永くお幸せに!(ちょいフライング?)

2007/04/21

勝った気がしないの…

 2007年J1リーグ 第7節
 ジェフユナイテッド千葉vs大宮アルディージャ inフクダ電子アリーナ
 1-0 ○ 工藤1(羽生)

 なぜなら、得点シーンを見ていないから。
 フクアリにいたのに。
 そのとき私はトイレの中にいたのさ…るーるるーるるー。
 個室の中で聞くガマちゃんのゴールコールは、想像以上に哀しいものでございますよ…
 
 ジェフィとユニティのかわいい水兵さんスタイルは見られたし、ジョレ息子たんの可愛いアオリも見られたし(VIP室で試合前、ゴール裏にあわせて煽るように両手を上げ下げ、手拍子に合わせて手をパンパンやっていてかわゆかったのだ)、メインスタンドの前で選手がでんぐりしてくれたし、いいんだ、いいんだよ、悔しくなんかないやい!(涙をふきながら)

出遅れたのがよかったのかも

 選手登録変更のお知らせ(公式)

 えーと、私がこの話を知ったのは昨日の深夜、いきなり公式のニュースを見たわけではなく、深夜の帰り道、夫と電話で話してて聞かされたというシチュエーションでありました。ついでに、「ジェフリザ行きは今の岡本にとって悪いことではないのである」という夫の説明付きでしたので、何だかこう驚いたものの、そんなにおろおろしなかった、というのが正直なところです。ネットで情報収集なんぞもした後なので、純粋に「公式のニュースだけをみて考えたこと」というものが私にはございません。いろんな人が考えたことが下敷きになっていますので、その点、ご承知おきくださいませ。

 と、前置きを書いたものの、どう書き出していいのやら、とは思っているのですよ。

 立石が調子を落としてサブにまわる、というのと、岡本が調子を落としてサブにまわる、というのは意味合いが全然違うと思うのです。立石がベンチで果たせる役割と、「今の」岡本がベンチで果たせる役割の違い、ともいうかもしれません。
 それを思うと、「今の」岡本がベンチでできることって、あんまりないんじゃないかしら、と。
(「ベンチでできる役割ってナンだよ?」と聞かれると「コレです」とはっきり言えないのがもどかしいですが、これは私の力不足なので申し訳ない、と先に謝ってしまおう)
 ならば、ジェフリザで、JFLではあるけれど、真剣勝負が待っている場所で、定期的に試合に出るってことは岡本のためになることなんじゃないかと思うのです。違う環境の選手と真剣勝負をすることは、自分の調子を取り戻すことにも、さらに一皮向けて成長することにも、絶対に役に立つ。いや、役立てなきゃいけないと思う。今の岡本には、そうすることが必要である、と現場が判断したってことでしょう。
 ジェフリザをどう位置づけるか、っていうのが今までよく分かってなかったんだけど、こういう使い方もあるんだな、と思っておるのです。
 ま、対外的にはPC(または携帯)の画面に、活字でぽーんと「登録変更します、ちゃんちゃん」と書いてあるだけだから、ものっそつめたーーーい印象しかもてないけど、現場(とくにゴールキーパーコーチとか、かなり選手の身近にいる人たちね)はちゃんと話し合いとかしてるでしょ。今日決めたからはいどうぞ、ってことでもないでしょうし(立正大とのTGでの出場順が立石→中牧→岡本とかね)。移籍のときみたいに、簡単に売っちゃえ(行っちゃえ)みたいなことには絶対なってない。上層部じゃないんだから。
 …とまあこんなことを考えておるのです。 

2007/04/17

うをー、頼む、休んでくれー

 はにゅさん日記。

 >僕はもっともっと頑張りますのでジェフを応援してください!

 うわーーん! 無理はしないでくでー!
 頑張りすぎて取り返しがつかなくなったらそっちのほうが困るよー!
 今羽生が休んでも応援するからー!
 

2007/04/14

なーにをしちょるがか

 2007年J1リーグ 第6節
 ヴィッセル神戸vsジェフユナイテッド千葉 inホームズスタジアム
 2-1 ● ジョルジェビッチ1

 スカパーの生中継、実況鉄人八塚さん・解説川本治さんという組み合わせだと勝てない気がするわっ!(人、それを八つ当たり、という)

 そーれーにーしーてーもー、ほんっっと、大久保に弱いのな。
 そして2点目とられるとテンション下がるのな。
 前半はまだしも、後半は「あーあーあーあー」と嘆きの声がつい漏れてしまうようなそんな内容。1点とって生き返るのが遅いんじゃあああ!もおおおお!いーらいらいらいら衣良!
 現地組の皆さんはお気をつけてお帰りくださいまし…

2007/04/12

寒い…こごえてしまう…

 2007年ヤマザキナビスコカップ 予選Aグループ 第4節
 ジェフユナイテッド千葉vsガンバ大阪 inフクダ電子アリーナ
 0-1 ●

 試合内容が、ではなく、気候が。

 それにしても平日夜の試合を見に行くのは体力的に消耗しますな。年なんじゃろかのう…ずずず…(茶をすする音)
 メガネスキーとしては、仕事帰りのメガネ男子がスーツ着用だったりするとウキウキなものですが(コンコースで終わらせてきたはずの仕事の件で携帯電話に連絡が入り「その件につきましては…」とテキパキ処理している男子を見かけると「をっ、男前度アップ」と思ってしまいますがそれはまた別の話)…って一体私は何を語っているんだ。キモい。

 今日の印象としては、ガンバの選手はうまいなあ、ジェフも悪いわけじゃないんだけどやっぱり羽生がいないのが響いてるのかなあ、といったところでしょうか。
 新居は「フィットしつつあるなあ。あとちょっとだなあ。点がとれればなあ」と試合に出るたびに思ってしまうのですが、いつその日がくるのでしょう。ジェフの動きも分かってきている(ように見える)し、惜しいシーンもけっこうあるのに…きそうでこない。実に惜しい。でもそのあとちょっとを越えたら、必ずやジェフの大きな戦力となるはず。あとちょっとだ!(と、今回も言う)

 あまりに寒くて手がかじかみすぎてもうキーボードが打てないでは仕事の後の観戦は体にこたえるのでこのへんで。おやすみなさい。

2007/04/08

とうとうこの日が来ましたよ

 2007年J1リーグ 第5節
 ジェフユナイテッド千葉vs横浜FC inフクダ電子アリーナ
 4-0 ○ 水野1(下村)、巻1(工藤)、羽生1、山岸1(水野)

 イヤッフォーーーーイ!(2度目)
 リーグ初勝利だーー!

 試合前は「今日はナビスコ今日はナビスコ次もナビスコとにかくナビスコなのだ!」と自分に言い聞かせていた私ですが、そんな心配は無用だったようです。
 前半1-0で終わったときは、「ああ、勝つとしたらこういう感じで勝つのかなあ、ガンガン攻めてても点差があまりつかない感じで…」と思ったものですが、そんなことを思った自分を拳固殴りしたい。バカバカ、私のバカ!
 そして下村のインタビューに泣かされました…ううう、ありがとう下村、来てくれてありがとう。
 これからこういう試合が続けてできると本当に復調してきた、と言っていいでしょうね。そうでありますように。

2007/04/07

今頃か!

 2007年ヤマザキナビスコカップ 予選Aグループ第3節
 ガンバ大阪vsジェフユナイテッド千葉 in万博競技場
 0-1 ○ 黒部1(水野)

 イヤッフォーーーイ!(遅)

 いやあの結果は知ってましたけどね。生中継がないので、情報遮断しようか迷いながらJ's GOALのライブ画面をつけたり消したりしてて、「見るのやめよう!」と決意しながらポチったら燦然と輝く「1」ですよ。黒部ラブ!
 そして当日の録画中継を見ようと決意するもあえなく5分で撃沈。ね、ねみぃ…
 ビデオ録画したので(我が家は未だビデオですともさ)、翌日再生するもまたも撃沈。しごといそがしい…
 いよいよ金曜日、さて見るぞ、と見始め、ふと新聞のテレビ欄を見ると「鬼平犯科帳スペシャル~一本眉~」の文字が。「をを!」
 ぽちっとな。
 すみません、鬼平に負けました。疲れてるんや…心にしみるんや…はー…

 そんなわけで再生ボタンスイッチオンです。
 いやあ、いい展開でしたなあ。
 サイドチェンジが効いてました。うまくサイドチェンジができてた試合は大概いい試合ですよね。
 下村のフィット感が嬉しい。
 黒部オメ。そして新居はもっと長い時間見ていたい!動きがジェフにますます合ってきました。
 こういういい展開になれたのは、あんまりガンバのプレスが強くなかったせいもあるのかな…?と思うところもないわけではないですが、明日ベタ引き相手にどう打開するのか、楽しみではあります。 

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ