フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

ちょっとだけいい楽山継続ちう

 2007年J1リーグ 第18節
 横浜FCvsジェフユナイテッド千葉 in日産スタジアム
 0-1 ○ 山岸1(楽山)

 日産スタジアムは横浜FCのスポンサーであるところの学習塾マッチデーだったので、子供てんこ盛りでした。今ホントに少子化か?というほどにお子様たち(とその保護者)がわーわーわーとで4万人超えです。人ごみに人酔いしました。よろよろ。あまりのよろよろぶりにベビーカーに轢かれました。体力の低下を感じる今日この頃です。

 今日の楽山は後半疲れてへろへろになるまでは、ちょっといい楽山が継続していました。ちなみに、わたしの行きつけの店の人が新潟戦を見に行ったらしく、どの選手が印象的でした?と問うと「楽山って選手がよかったと思ったよ!」という答えが返ってきました。初めての観戦で楽山に感染。素晴らしい!

 試合そのものは勝ったといってもようやっと、といった具合でしたけれども、結城がベンチに戻ってきたり、伊藤あっちゃんや米倉が途中出場したり、少しばかりの希望をもてる要素もあったのが嬉しかったです。ま、心配事の方が大きいのが哀しいんですがね…
 フロントのバカさ加減というのは、ネタにしておもしろいレベルならかわいげがあっていいんですけど、ネタとしておもしろがれないレベルの大バカはいらんのじゃ。

2007/06/25

敗戦でも、夕焼けは美しい

 …のだ。
 土曜日のフクアリ駐車場そばからの夕焼け。
Vfsh0023

Vfsh0024

 がんばりましょうよ。

2007/06/24

楽山はちょっとだけよかった(当人比)

 2007年J1リーグ 第17節
 ジェフユナイテッド千葉vsアルビレックス新潟 inフクダ電子アリーナ
 1-2 ● 羽生1

 主審のせいで負けたわけではないけど、まあ家本主審はあまりよろしくはなかったです。どちらのサポにもブーイングされるってどうなんだろう。「いいジャッジは褒めて育てよう。見る側も育とう」をモットーとしている私としては、批判ばっかりしたくはないんですが…「それをとるのにこれは流すのか!」ってのが多すぎると、見ている側にストレスがかかるんですよねぇ。厳しくてもかまわないんですよ、この人はこういう基準だから、って納得できるから。基準が明確なジャッジなら、厳しくてもそれはその人の特徴として許せるんですが。「この人の基準はいい加減」という特徴だと思えばいいのか?

 試合の方は失点がどうもやはり。攻撃面では随分よくなってきたと思います。一時期のゴールに結界状態が多少は薄れてきた様子。先制されてもめげない心がでてきたのは、連勝の効果かも。
 新居がスタメンではなかったのは、連戦のためだと思っています。ま、もう少し早く出してもよかったんじゃないかなとは思いますけど。
 タイトルにある「楽山はちょっとだけよかった(当人比)」というのは、楽山はいつもより少しだけよかったよ、という話。CKでもけっこういいボールを蹴ったときがあったし。

 試合後のストヤノフコールについては、外に出ましょう、と言い始めてゴール裏の真ん中だけが先に撤収しようとしたのを見て、今まで思ってたことを改めて確認した気がしました。

2007/06/20

だいどころからでられません

 2007年J1リーグ 第16節
 大分トリニータvsジェフユナイテッド千葉 in九州石油ドーム
 0-1 ○ 山岸1(羽生)

 夕食の支度をしながらテレビ観戦の本日。
 台所から様子を窺いながら見ておったのですが、時折テレビに近寄るとと大分側のチャンスだったりするので、恐ろしくて台所から出られませんでした…だから山岸のゴールも遠くからかろうじて確認したのみ。追いつかれたらと思うとこれまた恐ろしくてテレビに近寄れないよ!
 と、いうわけで試合が終わってやっとこ台所から出たのであります。
 今季初2連勝!いいやまだまだ、とりあえず12時までは喜んで、また明日から、まずはひとつ。
 内容についてはこれから録画したものをチェキる予定っす!

2007/06/17

今日のフクアリはコパトーンの香り

 2007年J1リーグ 第15節
 ジェフユナイテッド千葉vsヴァンフォーレ甲府 inフクダ電子アリーナ
 3-2 ○ 巻2(新居、水野)、羽生1

 夏のような暑ーーーい日差しのせいか、コパトーン(日焼け止め)の香りがそこかしこから…海に出かける前にたんすの奥から去年のコパトーンを出してきました、みたいな懐かしい気持ちになりましたYO!

 今日の試合はとてもギリギリのところで勝った試合でしたので、いやはやお世辞にも「いい試合だった!」とは言い切れませんが、よくなくともとにかく勝った!ということが大事。とっても大事です。今までどれだけ勝てなかったかを思えば!
 さて、ここからがこれまた大事です。羽生のいうとおり、今日の勝利をとにかく喜びつつも次の試合に心を引き締めていきたいところですな!

 しかし端正な顔立ちの人(巻)が涙で言葉を詰まらせるとなんとまあ絵になるんでしょう。つい♪ええ~い~あ~♪ともらい泣きしてしまいました…いやあの端正な顔立ちじゃなくてもこの状況じゃもらい泣きしますけれどもね。ええ~い~あ~(ry

(追伸)
 メイン側コンコースに出店している喜作の新作・台湾かき氷マンゴーソース添えは非常にウマウマでした。暑い日にぴったり。アイスクリームをかき氷状にした感じのクリーミー感。腹具合が強靭だったらもう一杯食べたかったぜい!

2007/06/13

帰ってきた中西

 詳細は公式有料サイト「UNITED ONLlINE」内、姉崎日記(6月13日)参照。
 コーチで、とか、選手で、とかではないですけれども、とにもかくにも姉崎に立つ中西の画像を見て、目から汗がでた。
 
 おかえり、中西。

 …自分、中西と同い年なので「エースケ」とか言えないっす!

2007/06/10

いしゃはどこだ

 2007年J1リーグ 第14節
 横浜Fマリノスvsジェフユナイテッド千葉 inニッサンスタジアム
 1-0 ● 

 2週間ぶりのご無沙汰です。
 しかしまーなんですねー(by桂小枝)、試合のない週末のなんと心安らかなことか!でもジェフ成分が不足するなーなんて思うのですが、実際に試合が始まってみると「あー胃が痛い。前半でもう試合終わってくれ。いいじゃん45分で!」とかいう無茶なことを思ったりするわけです。どうしましょうかこれ。
 試合の方は新横浜まで行けなかったのでテレビ観戦でしたけれども、スカパーの実況中村&解説遠藤雅大両氏によるおしゃべりがこれまたチクチクチクチク神経を逆なでしてくるわけですが、画面で見るジェフもチクチクチクチク神経に触る試合をなさっていて、阿藤快なみに「なんだかなー」と思わされる90分。
 吉田孝行の退場はロスタイム直前だっけ?と勘違いするほどに、相手が一人いないことを気づかせない試合運び。ああもう、明日はどっちだ、いしゃはどこだ!

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ