フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/23

「大丈夫!」は魔法の言葉

 2008年ヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ 第2節
 ジェフユナイテッド千葉vs柏レイソル inフクダ電子アリーナ
 1-1 △ 斎藤1

 今日の試合は内容がよかったせいか、野次将軍はあまり活躍してらっしゃいませんでした。
 ただ、ちょっと旗色が悪くなった時間帯にちょこちょこ野次ってらっしゃったんですけど、攻略法というか、選手を応援しつつ、将軍をけん制できる魔法の言葉を発見いたしました。
 それは。
 「大丈夫!大丈夫だから!!」
 的外れな言葉が耳に入っても、選手に向かって一言、「大丈夫!全然平気!なんてことなーーーい!どんどん行ったれ!」と大きく叫べばあら不思議。
 将軍は野次ってきませんでした(当社比…というか、今日はそうでした)。
 その後選手がミスろうが何だろうが、大丈夫と言ったら大丈夫なのです。
「気にすんなー!気にする必要なーーし!」
 応援しながら打ち消していけばいいんだなー、という新たな発見でありました。
 …ま、今日だけかもしれませんが(笑)。

 しかし今日の試合はおもしろかったです。中継がなかったことが残念至極。
 一試合ごとにちょっとずつかみ合っていく様子がおもしろくてたまりません。
 一人少なくなっても「だ~いじゃうぶ!ま~かせて!」(byボスナー)といった感じで。
 育成ゲームじゃありませんが、久々に育っていく様子を堪能している今年であります。

2008/03/22

ざまーみろー!

 2008年ヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ第1節
 川崎フロンターレvsジェフユナイテッド千葉 in等々力陸上競技場
 0-2 ○ 米倉1、中島1(米倉)

 先に言っておきますが、標題は、フクアリ某所にいる野次将軍に対するざまーみろー!です。

 米倉くん(なぜか米倉には「くん」がよく似合う)のすかっぱれゴールは見ていて気持ちがよかったです。
 そして「なぜそこにいるんだ」中島ですよ。あのひょうひょう感。「やっぱダメなのか?」「いやダメじゃない!」のふり幅が大きいのなんの。何でしょう、この不安定感。惹きつけられる人の気持ちがよく分かりますです。

 見ていて、とか言ってますが現場には行っておりません。スカパー生中継のお世話になりました。
 まあ川崎に攻められ攻められ、よくぞ凌いだとの思いでいっぱいでございます。ふひゅう。
 以前は、「いいサッカーしてんだけどなあ…あとちょっとなんだけどなあ」と思うことが多かったですし、その「あとちょっと」を越えることの難しさやら、それを越えないと「いいサッカーって何かね…」になっていく過程を見てきたものとしては、純粋に結果が出ることを喜びたいです。
 まだまだ、これからですよ。

2008/03/16

ドリフか!

 2008年J1リーグ 第2節
 ジェフユナイテッド千葉vs清水エスパルス inフクダ電子アリーナ
 1-2 ● 巻1(PK)

 標題は、背後から清水の選手に忍び寄られる中島に対し、本気で「志村、後ろ後ろ!」と叫んでしまった私の過ち。中島は左右はよく見えてるんだけど、後ろにはあんまり気づけないタイプなんだろうなあ、とは夫の呟き。うう、いいところもあったのに。

 今はまだ我慢の時期ですね。閉塞感は全くないので、心配はしていません。かみ合う時期がいつ頃かっていうのは気になりますけどね。それに今30節とかなら大問題かもしれませんが、今は第2節ですから。

 しかし、去年まで悩まされてた野次厨に今年も悩まされるのか…というのをフクアリで確認してしまい、困っております。
 隣の人とかならすぐ言えるけど、何列か後ろの方から声が降ってくるのです。すぐそっちをガン見して言い返したりしてるんだけど、こちらの声が届いてないっぽい。人物は特定してるんだけど…その人は、いいプレーには全く拍手しないのです。昨日の試合終了後の選手挨拶でも一人文句を叫んでいたし。
 で、今ライン上げられないやん?というようなときでも「ライン上げろや!」と叫んで、その後「オレ、いいこと言った!」みたいなご満悦顔してる。守備から攻撃に転じるときに、左右に開くじゃないですか。みんなそんなん分かってるときに、「左右に開けよ!」と言ってまたご満悦。もうね、その指示叫びを聞くたびに「ああまたご満悦顔してるんだろうなあ」と思うと腹立ってきて(いつもいつも振り返って顔ばっかり見てるわけじゃないんで)、むしろ選手には「左右に開くな!真ん中からガツンと攻撃して点取ったれ!」とか「ライン上げるな!ドン引きで!ガンガン下げていけ!」とか言いたくなってくるという…
 何かいい手はありませんじゃろか?angrydespair(←初めて絵文字を使ってみました)

2008/03/08

開幕からもう息絶え絶え

 2008年J1リーグ 第1節
 ガンバ大阪vsジェフユナイテッド千葉 in万博記念競技場
 0-0 △

 今年は実のところ、ちばぎんカップも練習も見に行っていないので、リアルタイムで(生で、ではありません。大阪にも行けてないので)ジェフを見るのは今日が初めてなのです。
 そんなテレビ観戦の感想としては、ボスナーが来てくれてよかった!とか、立石やるぅ!とか、去年に比べるとずいぶん守備がちゃんとしてるなあとか、その反面攻撃はまだ構築途中だなあとか。
 今日は守備的にならざるを得ない相手だったというのもあるのであまりシュートは多くなかったですけど、少ないチャンスでもどんどん前へ行こうとする姿勢にはちょっとスカっとしました。若いっていいなあ(そういうことか?)。オフサイドが多かったのも、私としては「攻撃しようという意欲の表れ」のように感じました。
 ま、出来るだけポジティブ且つエモーショナルに見るブログなのでどうかひとつ。去年との戦術との違いとかそういうお話は別の方のブログを読んでいただくということで。
 
 しかし終盤は見ているこちらとしては息も絶え絶え、もう「失点しなければ負けないんだってばーーー、ちょちょちょちょちょ、うにょー!あっ、来る!来る!にょにょにょにょにょ、ぎゃー(奇声)」てな具合で、またご近所さんに「週末になると1週おきくらいに変な叫び声が聞こえる謎の505号室(仮)」とか呼ばれる季節がやってきたのでありますなあ。
 今年はあんまり本気入れて見るのはよそう…なんて愁傷なことを言っていたのは誰?みたいな状況に、春の到来を感じたのでございました。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ