フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/29

ほひゅー

 2009年J1リーグ 第8節
 アルビレックス新潟vsジェフユナイテッド千葉 in東北電力ビッグスワンスタジアム
 2-2 △ ボスナー1(アレックス)、斎藤1(下村)

Dscn1212Dscn1219Dscn1214

 今回はスタジアムグルメも新潟の食も堪能できなかったので、負けずにすんだのかもしれません、なんて言っては選手に失礼ですね。ごめんなさい。
 ジェフの得点は全て反対側のゴールでの出来事だったので、もう誰がどうして何とやら、とにもかくにも「入った!!!…よね?」ってまず喜んで、「で、誰が?」みたいな状況でした。得点者のアナウンスもよく聞こえず、見える電光掲示板には得点者の名前は出ずなので(2階席の上にオーロラビジョンがあるものの、アウェイゴール裏からは見えない仕様)、私は斎藤のゴールをずっと巻のゴールだと思っていて、事実を知ったのは帰りの車の中でした…
 よくぞ追いついた、今はともかく勝ち点を積み上げていくことよね、順位?シラネ、という感じです。選手たちも言っていましたが、課題は山ほどあるけれど、でも最初の頃に比べたらずいぶんと得点のにおいがするようになってきたなと思います。コーナーキックもとれるようになってきたなあとか、今日のシュート数なんて相手より多かったぜ!とか、小さなことでも成長してると嬉しいもんだ。
 それにしても前節と同じく、ゴールシーンを狙うカメラマンの数がまたも段違いだったのに苦笑。ジェフの攻める側のカメラマンは3人くらいしかいませなんだ。まあなんだ、がんばれ。

2009/04/26

じわくや

 2009年J1リーグ 第7節
 ジェフユナイテッド千葉vs浦和レッズ inフクダ電子アリーナ
 0-1 ●

 何だか「あれー?」って感じー。 試合終了後は首をひねりながら「負けたんだよねぇ?」みたいな。
 試合の内容はずいぶん改善されてたからなー、大丈夫大丈夫!なんて思ってたのに。

 試合終了から時間がたつにつれじわじわ悔しくなってきた!
 帰宅して見た「アフターゲームショー」のハイライトにかぶさるナレーションで「なすすべもなく敗れたジェフ」みたいなことを言われて「えーーー!なすすべがなかったかー?!」とか、同じくナレーションで失点シーンはひとり少なかったことを言ってもらえず「ちょちょちょ、ひとり少なかったこと言ってくれー!」とか、勝ったチームにとってはどうでもいいことをいちいちツッコまなくては気がすまないあたり、相当悔しかったもよう。じわじわ。 

2009/04/19

ガッときてドバッ

 2009年J1リーグ 第6節
 FC東京vsジェフユナイテッド千葉 in国立競技場
 1-2 ○ 巻1、深井1

 イイイャッフォオオオオオオオオオ!

 何だろうあの同点弾と逆転弾が入った瞬間の、脳内で何かがドパッと出る感覚。
 脳みそのどこかの栓が「ガッ!」と開く感じがするんだなあ…
 深井のゴールのあと、周りを見渡したら自分も含めていい年の大人が泣いてました。いやもう泣くって。
 「1勝したくらいで…」と言うなかれ。1勝に泣き、1分けにヒヤヒヤし、1敗に嘆きつつも励ますのがいいんじゃないですか。
 
 いつもフクアリではメインから、アウェイだとバックスタンドから見てることが多いんですが、今回はバックスタンドは全てFC東京席ってことで、久しぶりにゴール裏からの観戦でした。試合を縦に見ることが久しぶりで、横から見るのとはまた違っていて面白かったです。けっこうジェフも左右ワイドにボールを動かせるようになってきたじゃないの、なんてことを思いましたが、いつもエモーショナル観戦の私が言うことなので聞き流してくだされ。うほほ。
 試合終了後の喫煙所で、FC東京サポらしきオサレお兄さんが「ちくしょう、谷澤だよ、谷澤!あいつが、あいつがいなければあああ!」とじだんだを踏んでいたのが印象的でした。ホントに地団太踏んでる人、初めて見た!

2009/04/12

周りをよおく見てごらん

 2009年J1リーグ 第5節
 ジェフユナイテッド千葉vsジュビロ磐田 inフクダ電子アリーナ
 1-1 △ オウンゴール1

 まずは一言。
 去年の同時期の勝ち点を越えたどーーーー!
 ここ重要。
 それから順位表を見てみる。順位のほうじゃなくて、勝ち点の方。昨日の試合終了時点ですから暫定ですけれどもまずまあともかく。
 
 大 宮 6←9位
 F東京 6    
 横浜M 5
 川崎  5    
 清水  5    
 大分  4
 柏    4
 神戸  4
千葉  3

 今落ち込む必要ってあるかなあって。去年はナビスコでは勝てたけど、リーグ戦では11戦勝てなかった。他チームのことだけど、今年のマリノスだって全然勝ててなかったけど、今節いきなり5-0で勝ったし、川崎だってこないだまでリーグで勝てないと言われてて、いきなり3-1で初勝利だったりしてる。
 ひとつの勝ちがその後を変えていくことなんていくらでもある。ピッチ上の選手に焦りはあるかもしれないけど、焦らず着実にひとつひとつを戦うことが大事。
 焦らず行けよ、行けば分かるさ。むしろ観客席にいる私たちが、「焦るな、着実にがんばろう!」と声をかけてあげるほうが大事じゃないかな。

 ちょっとこれはまた別の話を。
 昔、鴻上尚史がエッセイで「あなたってキモい!」と言われると、全人格を否定された感が強いが、「あなたって足がくさい!」と言われると「そうか、オレは足がくさいのがいけないのだな」と具体的に理解できるので全人格を否定された感じがしなくてすむ、という話を書いていたのです。
 スポーツ新聞に載っていた、サポが巻に対して「恥を知れ!」と言った、という記事を見て、上記のエッセイを思い出してしまったのでした。この記事が本当だとしたら、「恥を知れ」と言うよりも、「あのシーンではシュートに行け!」と具体的に言ったほうがよかったんじゃないかなと。「恥を知れ」だとすごーく全般的すぎて、全てを否定してるみたいに言われた方は感じるんじゃないかと思った次第。

2009/04/06

食べたと思ったら食べられたー

 2009年J1リーグ 第4節
 モンテディオ山形vsジェフユナイテッド千葉 inNDソフトスタジアム
 1-0 ●

Dscn1196
Dscn1204
 
 芋煮も山形牛串焼きも牛煮込みも日本酒もどんどん焼きも地鶏もあれもこれもそれも、あー美味しかった!温泉はサイコーなのに格安(日帰り入浴施設のほとんどが大人300円)、とっても楽しい山形観光でした(はぁと)てへっ!…orz

 それにしてもジェフというチームはメンバーが変わろうが、監督が変わろうが、“小林監督の作るチーム”に弱いのよね…だから「山形相手になら勝てる!」とか試合前に言ってた人は、濡れた体で桜の木に縛られたらいいと思う!(小林セレッソ時代を忘れるなという意味で)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

サイト内検索


無料ブログはココログ