フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

2008/06/08

風邪っぴきを乗り越えて

 2008年ヤマザキナビスコカップ予選Cグループ 第6節
 ジェフユナイテッド千葉vs川崎フロンターレ inフクダ電子アリーナ
 3-2 ○ オウンゴール、ボスナー1(FK)、レイナウド1(工藤)
 →決勝トーナメント進出

 ままま負け無しで中断期間へ行っちゃうよ奥さん!(新監督就任後)
 
 暑くなったり寒くなったりを繰り返している今日この頃、ばっちり風邪っぴきで鼻水はたれるわ、変な汗がでてくるわ、ふらふらしているわ、くしゃみはでてるわにもかかわらずフクアリまで行ってよかった試合でございました。ボスナーの殺人FK来る!と思ったらゴールに突き刺さっててびっくりしました。新居のシュートがバー直撃2連発も違った意味でびっくりしました。なんかいろいろ1対1で点を取りきらんでこれまたびっくりしました。
 何はなくとも勝ってよかった!3点取ったのなんて今季初ですな?

 澤入コーチがピッチ際で選手に指示を伝えるとき、自分の左の尻っぺたをさすさすしながらしゃべるのが気になりました。他には、試合前のウォーミングアップで眞田コーチの体の柔らかさに感動。テレビにはほとんど映らない小話でした。

2008/06/01

フランサは別の顔

 2008年ヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ第5節
 柏レイソルvsジェフユナイテッド千葉 in柏の葉総合競技場
 1-1 △ レイナウド1(PK)

 標題は「フランサ(の入った柏)は別の顔」ということでひとつ。

 初めて柏の葉に行きました。バックスタンド側にたどり着いたので、メインのゲート入り口に行くのに苦労しました。途中が封鎖されてたなんて知らなかったよーぅ。座席はかなーーーり上の段だったので、雨には降られず、けっこう眺めもよくてピッチを見渡すには見やすい席でした。うちの夫は腰に爆弾をかかえているので、急勾配の階段にかなりヤられていました。電光掲示板とメンバー表には臨海時代を思い出しますね!(キャパは大違いですが…)

 試合の方はやっぱり後半開始直後あたりのチャンスタイムに追加点を取れなかったことが響いてしまいました。谷澤がいつもより3倍増しくらいに気合が入っていたなあ。しかし谷澤、昨日は勝ってないぞw
 それにしてもフランサが入った後の柏の活性化ぶりといったらなかったです。ホント、フランサって魔法使い?フランサがボールを触るとボールがキラキラ輝いてんだもの。とはいえ、フランサの技術とか視界の広さとか、そういういろんなものが他の選手の能力を生かしてるんだろうなあという感じがしました。他の選手もフランサがどこに出すのか、どこを見てるのか、理解してるから動けるっていうのもあるんでしょうし。
 でも柏サポにとったら「ソンナフランサハアタリマヘダヨ!」なんでしょうなあ…

2008/05/25

むきゃー!

 2008年ヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ第4節
 コンサドーレ札幌vsジェフユナイテッド千葉 in函館市千代台競技場
 1-2 ○ 新居2(坂本、?)

 ささささ3連勝ですよ奥さん!!(公式戦)

 函館現地組の皆さんはお疲れ様です&美味しいものいっぱいで羨ましいぜちくしょうwウニウニウニウニ~!
 試合の様子は全然見られないのですが、火曜日のスカパーch739、夜9時からの「プロサッカーニュース」にてハイライト映像を楽しみにすることにします。ここ数年、まともにプロサッカーニュースを見てないんですけど、J'sGOAL以外の映像ではこれくらいしかないので…
 今年はアウェイの試合を全く見に行けてないのですが、柏の葉へは行きたい所存です。

2008/04/17

眞田コーチが気になる件

 2008年ヤマザキナビスコカップ予選Cグループ 第3節
 ジェフユナイテッド千葉vsコンサドーレ札幌 inフクダ電子アリーナ
 0-0 △

 例えば審判の判定に不満があるときのリアクションにしても、前GKコーチの岸本さんは「はっ、激しい!」という感じだったのですけれども、眞田コーチは熱くリアクションしてはいるんだけど、なんだか見ていてほんわかしてしまうというか、ちょっと微笑してしまうというか、笑っちゃうというか、とにかくスタジアムへ行った方には見て欲しい!

 今日は仕事の都合上、前半の終わり頃からの観戦でした。
 着いてビジョンみて、「まっ、益山くんがおらんことなっとる…」と衝撃を受け、試合に入り込めないまま前半は終わってしまいました。とほほ。
 後半の試合を見ていて思ったのは、前線とMFの間のスペースが空きすぎているなあということと、両サイドに選手がいないことが多いなあということでした。空いたスペースには相手のDFが何人かいるので、後ろからぼぽーんと前線にボールをあげたところを跳ね返されると、そのボールは相手にすんなり渡ってしまっているというところを何度か見た気がします。こちらがボールを持ってても、前線に選手が入りすぎてて手が一つ足りない感じ。谷澤がそれに気づいていたのか、そのスペースに出てくる場面が何度かありましたね。
 サイドに選手がいないのは、ウィングの選手が内に入ってたり前線に溶け込んでたりなので、ここでサイドバックがギュンギュンあがってくるとちょっと楽しいことになるんじゃないかなと。
 いつもはエモーショナル観戦ですが、今日はこんな感じで見ていました。

2008/03/23

「大丈夫!」は魔法の言葉

 2008年ヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ 第2節
 ジェフユナイテッド千葉vs柏レイソル inフクダ電子アリーナ
 1-1 △ 斎藤1

 今日の試合は内容がよかったせいか、野次将軍はあまり活躍してらっしゃいませんでした。
 ただ、ちょっと旗色が悪くなった時間帯にちょこちょこ野次ってらっしゃったんですけど、攻略法というか、選手を応援しつつ、将軍をけん制できる魔法の言葉を発見いたしました。
 それは。
 「大丈夫!大丈夫だから!!」
 的外れな言葉が耳に入っても、選手に向かって一言、「大丈夫!全然平気!なんてことなーーーい!どんどん行ったれ!」と大きく叫べばあら不思議。
 将軍は野次ってきませんでした(当社比…というか、今日はそうでした)。
 その後選手がミスろうが何だろうが、大丈夫と言ったら大丈夫なのです。
「気にすんなー!気にする必要なーーし!」
 応援しながら打ち消していけばいいんだなー、という新たな発見でありました。
 …ま、今日だけかもしれませんが(笑)。

 しかし今日の試合はおもしろかったです。中継がなかったことが残念至極。
 一試合ごとにちょっとずつかみ合っていく様子がおもしろくてたまりません。
 一人少なくなっても「だ~いじゃうぶ!ま~かせて!」(byボスナー)といった感じで。
 育成ゲームじゃありませんが、久々に育っていく様子を堪能している今年であります。

2008/03/22

ざまーみろー!

 2008年ヤマザキナビスコカップ 予選Cグループ第1節
 川崎フロンターレvsジェフユナイテッド千葉 in等々力陸上競技場
 0-2 ○ 米倉1、中島1(米倉)

 先に言っておきますが、標題は、フクアリ某所にいる野次将軍に対するざまーみろー!です。

 米倉くん(なぜか米倉には「くん」がよく似合う)のすかっぱれゴールは見ていて気持ちがよかったです。
 そして「なぜそこにいるんだ」中島ですよ。あのひょうひょう感。「やっぱダメなのか?」「いやダメじゃない!」のふり幅が大きいのなんの。何でしょう、この不安定感。惹きつけられる人の気持ちがよく分かりますです。

 見ていて、とか言ってますが現場には行っておりません。スカパー生中継のお世話になりました。
 まあ川崎に攻められ攻められ、よくぞ凌いだとの思いでいっぱいでございます。ふひゅう。
 以前は、「いいサッカーしてんだけどなあ…あとちょっとなんだけどなあ」と思うことが多かったですし、その「あとちょっと」を越えることの難しさやら、それを越えないと「いいサッカーって何かね…」になっていく過程を見てきたものとしては、純粋に結果が出ることを喜びたいです。
 まだまだ、これからですよ。

サイト内検索


無料ブログはココログ