フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

2012/06/07

ロマンスグレーがダサい短パンでヤジを飛ばすのが許せない

 お久しぶりでございます。
 タイトルだけで「何言ってんだお前」と思った皆さんさようなら、「何を言いたいんだ」と思った方々こんにちは。

 先日のフクアリにて、FC岐阜との対戦。敗戦に終わってしまいました。これはこれで残念至極。連勝記録、また改めて一から始めよう、そんな気持ちなのであります。(「怒り新党」の新三大○○のナレーション風に)

 かつてもいろいろなヤジと闘ってきたわたくしでございます。
 「うるさいわい」などと「むしろお前がうるさい」そんなこともございました。ヤジとの戦いに終わりはありませんが、その時々の勝負はございます。
 そして先日、新たなヤジを飛ばすロマンスグレーをお見かけしました。
 見かけは素敵なおじ様なのです。これで木山監督なみにスーツなどお召しになっていたら大企業の部長クラス。長塚京三風に「部長の後ろ姿、見ていてもいいですか?」、佐藤浩市風に「今日の部長、素敵でした」そんな言葉も職場のマドンナ(死語)からかけられてもおかしくない、そんな風貌のロマンスグレー。
 なのに。
 短パン姿が死ぬほどダサい。
 これはいただけない。
 それなら全身ジェフのユニで固めていただきたかった。
 そして我慢ならず「やる気あんのか!!」という定番のヤジ。
 ああああ、なんて残念。
 からまわっていたかもしれないが、選手たちにやる気はある。絶対に。
 なのになのに、そんな何のひねりもないヤジを…量販店なの、どこなの、という短パン姿で飛ばすだなんて…
 部長、がっかりです。
 部長のそんな余裕のないダサい姿、見たくなかった。
 職場のマドンナも買ってきたビールを取り落すほどに(部長はマドンナと見に来ているわけではありません)、がっかりなヤジ。
 どうせならレオンとかそのあたりのチョイ悪オヤジ御用達の雑誌でもみて、素足に革靴履いて余裕を持って見てほしい。
 「おまえら…俺は信じてるぜ…」
 そう呟きながら、ただピッチを眺める。チャンスに叫ぶ。「ごめんね、ジェフが得点したものだから、つい君の肩を抱いてしまったよ…すまん」ああ部長、いいんです、このまま抱いていて…マドンナ(死語)もついよろけるというもの。

 まあ要するに何が言いたいかって、自分が我慢できないからってどうでもいいヤジ飛ばして観戦環境を悪くしないでください、といういつもの話です。
 おしまい。

2005/05/25

ちょっとノスタルジィ

 プロサッカーニュースもお休み、サカマガ・サカダイ(水本のインタビュウが載っているらしいよ。FC東京担当塚越さんは相変わらずtotoはジェフの負けで、ナビ杯レポもジェフのことはシカトらしいよ。いい加減しつこいと自分でも思っているよ)はまだ読んでおらず、水野がU-20代表の壮行試合で同点弾をぶちこんだらしい、そんな中、我が家ではなぜか98年J1J2入れ替え戦・vs福岡第2戦を見てしまう。ああっ、試合自体はおもしろくない…このときの私は別にジェフをどうとも思っていなかった頃だった。
 さらにその後、2003年J1ファーストステージ・雨の清水戦の選手入場を見て泣き(清水の選手入場曲は激カッコイイ!そしてその後はもうみてらんない)、千葉テレビのキックオフJリーグ(ファーストステージを振り返る)を見てしみじみし、録画してあったNHKのサタデースポーツのオシム特集(現柏監督・早野氏がオシムにインタビュー。磐田戦での監督ペットボトル叩きつけ映像あり)とやべっちFCのオシム特集を見てドキドキしてました。話していることは今と変わらないんですけどね。この頃からすでに「魔法使い」「マジック」と呼ばれまくっていました(笑)。「この監督はすげえ!」とマスコミに認識されたばかりだったので、1st終了して取材が集中していたんだな、と懐かしく思い出しました。
 2003年の試合をいくつか見返したのですが、やっぱり今年の試合のほうがよりずっと面白いです。オシムの言っていた「チーム全体が同じ意識でゴールに向かうことが大事」がきちんと出来ている感じ。えーと、私に戦術がどうとか聞かないでね。終わった試合でもいろいろ思い出して涙ぐんだりしてるので(2003年は特に)、違いをよう説明しません。ああ、今年のほうがいい動きしてんなあ、と思ったのは確か。シュートふかしたりしてますけどね。
 2003年の1st磐田戦は、もちろん思い出の中ではいい位置にランク付けされていますが、それはあのときの空気や状況がそうさせているのであって、今思い返せばオシムがペットボトルを叩きつけるほどに“ツメの甘い試合”だったのだなあ、という気がします。早野さんのインタビューでオシムは「あの試合に勝っていれば優勝できていたかもしれない。でも引き分けてしまったことで、ただの平凡な試合にしてしまった」と言っていました。あの時はそれでもまだいいと思えたんだな…清水戦で目が覚めましたけどね。そんなん甘いやんと。先週のあの甘さはなんだったんだと。あーもー、先週勝っとったらと、歯噛みしましたねぇ。しみじみ。泣けるなあ…
 そんなわけで、今年の監督のプレスカンファレンスの言葉が選手に対して優しいのは、選手が監督の思う方向へ(成長の度合いがどうかはまあ置いといて、コッチのほう、というのは合っている)と伸びているからなんだろうなあ、と思ったしだいです。それでも「新しい挑戦は常に自分の前にある」とおっしゃる方ですから、手綱は緩めませんですけどね。

2005/04/25

そんな金はない

 見まい見まいと思いつつ、マゾ体質が幸い(?)してかスポーツニュースを見てしまう。
 健太監督リーグ戦初勝利!という視点での構成にあは、あはははは、と笑う。
 笑うしかないでしょう、もう、済んだことだし。
 問題は次ですよ。
 負けを糧にできる選手たちだと信じているので、未来の見える試合をしてほしいです。
 私は未来の見える蘇我に寄ってから木曜は臨海に向かいます。
 ちょっと自分を励まそうかと思って。
 意外と負けに弱くなっている自分を鼓舞する気持ちで。
 あー、千葉駅でジェフキヨスクに寄るのとどっちがいいですかね?
 こうなったらどっちもやっちゃうか!
 会社は午後休獲得済みなので、もう時間ならあるぞ~!

 で、某所で宮本さんがオファーを待っているチームがジェフだの、藤田さんが移籍を検討している2チームのうちの一つがジェフだのって話は単なる噂?…ですよねー。でもなんて夢のある噂なんでしょう。あー、妄想ってたのしいね!(ちょっと針が振り切れている感じで)

2005/04/12

臨海でしか見られないもの(非ジェフサポ向け)

 生観戦でしか見られないものその4。
 (日本代表監督様がいらしたとき限定)取り巻きに囲まれて記者席へ向かうジーコを目の前で。臨海は客席通らないと記者席行けないから。日本代表が大好きな方、神様ジーコを手に触れる位置で目撃したいアナタにオススメします。

 生観戦でしかみられないものその5。
 (現日本代表監督を更迭してオシムを代表監督に!とお考えの非ジェフサポのアナタに)
 采配を振るう生オシム。もちろんジェフシート(臨海の席種の中で最も高い席当日売りのみ)での観戦をオススメします。ここなら、オシムのすべてが見られるというミラクルシート。PKに耳をふさぎ目を瞑るオシム、クッシーのミスキックに激しく憤るオシム、選手のナイスプレイに手を叩くオシム、アナタのみたいオシムが全てみられます。 
 え?行くまでもない?テレビでジェフの試合をチェックすれば代表監督にふさわしいことは充分分かるって?
 何をおっしゃいますやら!
 采配の様子、生で見たこともないで日本代表監督に!と推してらっしゃるのですか?
 何をそんなシロウトくさいことを!
 Jで指揮をとっているにもかかわらず、生オシムを見たこともない人にそんな推薦、されたくないですわね。
 まあ、四の五の言わず、臨海競技場へ来て御覧なさい。
 生オシムにジェフの楽しいサッカー、コレを見ずしてサッカー通を語るなかれ。
 オシムだけを見ていようと思っても、ジェフのサッカーが、魅力ある選手たちが、アナタの目を奪うかもしれませんが、サッカー好きならそれもまた幸せでしょう?

 とりあえずは4月16日国立競技場にて、お待ちしています。
 国立にはジェフシートありませんが、SS指定席前売4500円の席がありますからご心配なく。
 ご購入はみどりの窓口で!(CM)

2005/04/10

スタジアム限定

 生観戦でないと見られないモノ。
 その1。
 エスコートキッズと手をつなぐ時、必ず子供の頭をくるんとひとなでするストヤノフ。
 その2。
 選手カードを販売する中牧(新人GK。とても礼儀正しい)。
 今年のイヤーブックを販売する堀川(俊足新人。腰を使いすぎて痛めた)。
 (昨日のメインコンコースにて。ゴール裏はまた別の選手。別の日には別の選手)
 その3。
 テレビの中継では見切れてしまうボールのないところからの選手の走りこみ。
 ジェフの試合を見に来たことのないアナタ!是非スタジアムへ!
 (このシリーズ続く?)

 それはそうと、今日の「やべっちFC」“巧”はハースの1点目・相手DFとの駆け引きでしたよ!!
 1点目とった後にハースが「中央へ戻ろう!」と両手を前後に煽っている姿はステキだ…
 大分戦は、J SPORTS1で再放送(11日午前11時~)あり。
 このJスポ中継は、実況と解説がジェフのサッカーを見ながら普通に楽しみつつだべってるみたい(一応、放送しているという自覚はあるもよう)なのでおもしろいです。巻がものすごく褒められてるし、結城もイイイイ言われてます。ジェフの選手全般的に褒め褒めなので必見。
 次節は例のアレだけど、選手たちは空回りしないよう、クールに熱く頑張ってくれたまい。楽しみにしてるからね。

2005/04/01

めでてえ

 おい母さん、とっときのシャトー・マルゴーもってらっしゃい。
 え?もったいない?ジェフの優勝のためにとっておいたんじゃないかって?
 何言ってるんだい、優勝の時はもっと別のとっとき飲むんだからいいんだよ。それに2社目だぞ2社目!パンツスポンサーだぞ、パンツパンツ!
 早くもっておいで!

 そんなわけで先日のサミー様に引き続き、ジェフの新オフィシャルパートナーに
 キュービーネット株式会社様決定でございます!(ジェフオフィシャル
 ネタが被ろうとも貴重なオフィシャルパートナー様のことはとりあげなければ罰が当たりますともさ!
 キュービーネット株式会社様ホームページはコチラです。
 
 4月1日になったけど、ウソじゃないですよね?

2005/03/27

試合雑感

 久しぶりに負けると凹みますな。それも勝てそうな瞬間があった試合だとなおさら。
 今の自分がタイムスリップで99年に送り込まれたら、精神的に耐えられないかもしれない。
 おおこわ。

 試合の雑感としては泥酔しながら書いたのが結構そのまんま。
 昨日は2失点後にボールもってセンターサークルへダッシュする選手がいなかったのを見て、ああ今日は追いつけないかも、と思いました。まだ5分もある!ってあの時思えなかったんだね。そこが昨日のメンツの若さ(経験の少なさ)かもしれません。坂本のミスがあの失点につながったので、坂本にその役割(まだ5分あるぞ!と全体を鼓舞する)を求めるのは酷か。ミスの直後にそこまで考えられるほど冷静じゃいられないよね。

 ちょっと違う話を。
 一昨年の磐田戦アウェイで、チケットが取れず、やむを得ずゴール裏で観戦したのです。で、いつもはメイン住人なので、試合見ながら声出せないんですよ。歌とか歌う余裕ない。
 見るほうに集中してしまうので。
 申し訳ないけど、そういうサッカーの見方しか出来ないんです。惜しいシーンで「うをっ!」と言ったり、ゴール決まって「うぎゃーーーー!」って喜んだりヘボいジャッジに「どこ見てんだボケ-!」って叫んだりすることしか出来ないんですわ。
 一応、応援する人たちの邪魔はしちゃいかんと思って、隅っこの方にいたのはいたんですけどね。
 その後、声だししてない人を「地蔵」と形容されてしまったので、私はゴール裏で見ないほうがいいな、と思ったのです。私みたいなのは、ゴール裏で観戦するべきじゃないと思ってるし、声や歌で選手を鼓舞したい人がゴール裏で応援するべきだと思うのです。

 で、今の状況なのですよ。
 試合中にヘンな空白の時間を作らないで欲しいと思うのです。
 リーグ戦での柏との試合、1失点目は応援が途切れたしばらく静かな状態のときに起きたことでした。
 あれからヘンにシーンとなると、何か歌え、何か言え、とゴール裏に求めている自分がいるのです。
 だってゴール裏で黙って試合みてたら「地蔵」と言われて「すまんこってす。日頃はメイン住人なので申し訳なかったです」という気になったのに、そのゴール裏が沈黙ってどういうことだと。君ら、「地蔵になんな!」と言ってたじゃないのと。ピッチ上の選手がダメ試合をしている抗議の意味での無音ならまだしも、全くもって選手に否のないことで黙ってるってどういうことなのと。
 オシムもそういう状況わかってて、サポの心配をしてるとかだったらすごく申し訳ない。ま、考えすぎだと思うけどね。観客動員のせいか…(涙)

2005/03/16

守れJEF BOX

 うちの地元の駅にもJEF PRESSが置いてあります。
 今日は勇人が表紙の第2号発行です。
 改札を出てすぐなので、待ち人が結構たくさんいます。
 ついでにキャバクラスカウトマンもうじゃうじゃいます。
 先日はビニ傘が2本も引っ掛けられており、撤去作業に時間を要していました(他人の清掃状況を目撃。同志よ、ありがとう)。
 今日は私も待ち合わせ。目印はジェフボックスね!ということでまずはボックスの状況確認。
 えーっと、新しいのはっと…すると目の前のブサイク(男)が秋○原からのキセルキップをぽい!とJEF BOXに投げ入れるではありませんか!
 おい、そこのブサイク!お前の人生、これから一生ナンパ失敗だ!
 …と心の中で呪詛を唱え、キップ回収。さらに汚れたJEF PRESSが一番上になっていたので速やかに撤去。
 「あら、あったのね」という風を装い(なぜ?)、ぴらっと1枚取得。読みながら待つ。
 30分経過。待ち人来る。その間、ジェフプレスを持っていった人数…1人…すごく仲のよさそうなカップルが爽やかに1枚持っていきました…あんたたち、絶対幸せになるさ!きっとtotoも当たるよ!
 ちなみにやってきた待ち人は酔っ払っていて、ジェフプレスをわざとらしく手にとり、「あー!ジェフプレスだー!今日新しいのがでる日なんだーー!」と叫んだので、シラフの私は他人の振りをしました。もちろんうちの夫の人です。

 本スレにもよく書いてありますが、美化委員会のみなさん、清掃及び巡回お疲れさまです!いつも心に美化委員を!

2005/03/13

黄色いスタジアム その2

 昨日はホーム開幕試合。さらに千葉県内にホームタウンを持つチーム同士の対戦。
 夜、風強し、寒い、をあわせても6612人の観客。
 ちばぎんカップよりも少ないとはどういうことか、と。
 今日の新潟vs大分の試合を見ていたら、雪が降りしきっとるわけです。
 でも35337人なわけです。その上新潟のゴール裏には上半身裸がいるとです。(本当)
 
 営業努力が足りない、というのは何度も何度も言われているので、今日は別の種。
 うちの夫の職場は千葉県内にあるのですが(総武線沿線)、職場で話していて潜在的ジェフサポはたくさんいると感じているようです。テレビ中継があった次の月曜日は、ジェフの話題がけっこう出るのだといいます。うちの夫がジェフサポだというのはもう有名になってしまったので、気を使ってジェフの話題を振ってくるのだと思っていたらしいのですが、そうではなく、昔からテレビでは見ているという人ばかりらしいのです。
夫「どうして臨海で見ないの?生で見るとテレビよりももっとおもしろいよ?」
同僚A「臨海で見たことならあるよ。Jリーグバブルの頃に、自由席で。あれ経験したら二度と行きたくないね」
同僚B「あ、俺も。たまーに国立なら行ってもいいかな」
 うちの夫はJリーグバブルの頃はテレビ観戦だったので、満員臨海自由席の恐怖を知らないそうです。昔の映像を見ると確かに観戦するには大変そうだなぁ、というのは分かります。
 でもやっぱり生観戦のほうが楽しいからと、メインを勧めてみたり神殿2階席をアピってみたりしてみたようなのですが、Jリーグバブルの頃に足を運んだ人々には頑として受け入れてもらえず、口をそろえて「蘇我スタが出来たら絶対に行く」と言われたそうです。
 先日、別の同僚Cさんが近所のスーパーか何かでジェフ戦のチケットが当たり、子供さんを連れて見に行ったそうなのですが、「試合はおもしろかった。でも子供連れて行くのに臨海は遠すぎる。自由席も見づらかった」との感想だったそうです。「蘇我ならもっとうちから近いんだけど…」
 ホームタウンではないのですが、千葉県内での話です。
 単なる一会社での出来事ですが、もしかするとこういう潜在的ジェフサポはけっこういるのかも。
 (その割にはJEF PRESSがあまり減ってない、というのはナイショだ)
 見やすいスタジアムで、素晴らしい試合。
 お客さんをつかむのにはやっぱりハード面の充実というのも重要な要素の一つなのだと。臨海も行き慣れれば「我らのスタジアム」ですが、一見さんにはちょっとつらいのかもしれません。
 上記の同僚さんたちも、ジェフがいいサッカーをしていることは分かっているようですが、過去の記憶が張り付いて、臨海には二の足を踏んでいるようなのです。

 別に臨海をこき下ろしたいわけではないのは分かってください。確かに場所によって見づらいのは事実だし(汗)。それに見づらかろうが寒かろうが、スタジアムにやってくるサポを今まで増やすことができなかった、ということは確かなので。

地道チラシ大作戦

 先日のマッサージ屋にこっそりジェフのチラシを貼ってきました。自由に使ってよい掲示板があり、皆さん思い思いに子供の写真などを貼ってある中、阿部の笑顔の「ホームタウン密着宣言」。
 かなりいろいろ貼ってあるのでスペース探しに手間取り(もう終わったイベントのチラシは剥がしちゃだめかい?)つつも阿部の笑顔を皆様にお届け。貼ってる間、子供2人にものすごく凝視されましたけれども。「お嬢ちゃんたちも見においでー」と声をかけてみましたが、目を逸らされました。このご時世仕方ないかもな…
 今度はもっとスペースを広げてジェフリスさんのアドバイスによりJEF PRESSをば。
 よく行く焼き鳥屋にも貼ってもらおうっと。
 
 昨日の試合会場で売っていたベビーアパレルセット、ちょっと可愛かったです。黄色地に緑の縁取りでジェフィとユニティの入ったよだれかけと、白地にジェフィ&ユニティのミニタオル、もう1つは…忘れた(笑)。箱に入っているのでプレゼントにも最適です。うちには子供がいないけど、買っておいていつか(さていつなんだ)使おうかな、とも。
 昨日は新タオマフ購入。夫は18で私は2。家に帰って「点を獲った俺の巻~、オウンを決めたお前の坂本~」と言われちょっと蹴っ飛ばしてやろうかと思いました。ほっとけ!

サイト内検索


無料ブログはココログ