フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆☆☆☆☆

2005/11/05

泣かいでか!

 2005年ヤマザキナビスコカップ 決勝
 ジェフユナイテッド千葉vsガンバ大阪
 0-0 (PK 5-4) ◎ 

 ガンバは本当に強かった。
 今日のジェフは本当によく守った。後半部分はよく攻めた。
 もう何が何だかよく覚えてないけど、本当におめでとう。
 最後に巻がPKを決めたときは、生まれて初めて腰が抜けました…。
 去年、FC東京が優勝決めたときに羨ましくて泣きながら「ああ、これがジェフだったなら…」と思って早1年。
 優勝ってほんっっっとうに嬉しい!
 あざーーーーーっす! 

 ちなみにうちのぎっくり腰夫は、後半の幻のゴールで飛び上がって喜んで、さらに優勝決まって飛び上がって、今痛い目に遭っています。おかげで臨海での優勝報告会に行けません。とほほ…いいなあ。
DSCN0640
↑表彰中?
 SS席にちょっとだけあった空席がうらめしいよーーー!
 
 地元の駅に着いて「づがれだー」と歩いていたら、見知らぬおじさんに「今日勝った?」と聞かれ、「優勝しましたよ!!」と言ったら「おめでとう!!」と拍手されてまた号泣しちゃったよ、てへ。

2005/10/06

勝負はこれから!

 2005年Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝第2戦
 ジェフユナイテッド千葉vs浦和レッズ in市原臨海競技場
 2-2 △ 阿部2(林) →トータル5-3にて決勝進出!!

 先行発売の決勝チケットを5時半に買いに行ったら「SSは11時にはもう売り切れました」と言われてガクゼンとしたミナセです。年チケ所有者だし、日頃チケット取りで苦労したことがないのでいまおろおろしています。おろおろ。

 そんなわけで第2戦です。
 「2点差の怖さ」を味わわされ、味わわせ返した(何だか日本語がオカシイ)試合でした。
 やっぱサッカーの2点差はこええなあああ!
 昨日の阿部は気迫が違いました。文句なしのキャプテン!
 浦和の前半の攻撃を見ていたら、何だか早回しのビデオみたいで、2失点しましたけど何かがヘンにちゃかちゃかしているように見えました。浮き足立ってるとまでは言わないけど、前へ前へ気持ちの方が先に出てるみたいな。だったら点を取られるなっちゅう話なんですけれども。

 到着して外から臨海競技場のフォルムを見ていたらちょっと泣けてきました。そりゃあ見にくいスタジアムでしたが、それでもジェフのホームです。バブリーなあの時代も、負け続けたあの時代も、躍進の萌芽も現在も、すべてのみこんでいるのはここだけですからね。そして試合終了後、臨海のピッチと喜ぶ選手とサポとその全部まるごと泣けた。じわじわ。何だかしみじみとくるものがありました。たぶん、「この」臨海で決勝進出、っていうシチュエーションのせいだと思うんだけど…

 そんなわけで、喜びで泣くのはまだ早い!
 本当の勝負はまだこれからです!

2005/08/31

勝っちゃった

 2005年ヤマザキナビスコカップ 準決勝第1戦
 浦和レッズvsジェフユナイテッド千葉 in駒場スタジアム
 1-3 ○ 巻2(阿部、坂本)ポペスク1(勇人)

 予定が当たった~!(=勝った)・・・と言ってもまだ半分ですしねぇ。次は5週間後だしねぇ。
 仕事から急いで帰ってきたらマンションの共同廊下でゴキブリにマンマークに憑かれてしまい、家に入ったらもう1点入っていました。なんですと!
 2点目に至る流れるようなパス回しが素晴らしかったし、3点目のポペスクのゴールもよう決まりました!いやあ、今日ジェフの打ったシュートは4本て…ゴール決定率75%かい!(ニッカンスコアより)
 (オフィシャル監督・選手コメント
 (J's GOAL 監督コメント
 (J's GOAL 選手コメント
 勇人の膝の具合はいかがでしょうか。今日は確かにいつもよりよく動けていたような。
 
 それにしても田中達也は怖いなあ・・・10月には完全復活してたらとても恐怖だ・・・

2005/08/14

雨のヤマスタ

 2005年ヤマザキナビスコカップ準々決勝 第2戦
 ジュビロ磐田vsジェフユナイテッド千葉 inヤマハスタジアム~♪
 2-2 △ 巻1(山岸)、阿部1(FK) →準決勝進出

 うひー、総合的に勝った勝ったー!
 なかなかしんどい試合でしたが、雨にもマケズ、「お盆に来ないの?!」という姑からの叱責にもマケズ(超個人的事情)、磐田まで行った甲斐があったというものです。ハースがスタメンにいないとか、「中島がリベロだよー!」とかいろいろあってはらはら。
 以下雑感。
・羽生の存在はものすごく大事だなあ。
・あとはゴールだ!林丈統
・山岸は頑張っていた
・林オフサイドの判定で副審に抗議するオシム萌え
・巻の泥くさゴールに狂喜!
・阿部のFK&川口のファンブルに狂喜!
・福西はすごくうまい中島みたい(周囲とリズムが違うという意味で)

・(前座試合の子供サッカーを見て)親御さんたちの「わが子ラブ!」にあてられる
・(同上)一億総監督時代?「縦!縦!」など監督より先に指示する親御さん続出

 ちなみに、紀伊国屋書店で予約した「サッカーJ+」の件。
 磐田から深夜2時に帰宅したら不在者連絡も入っておらず、結局今日日曜日に届きました。「イビチャ・オシムの真実」はぜひ書籍化希望!アマゾンで原書買おうとしてどうせドイツ語読めないからなあとあきらめていたので、これだけに500円払っても惜しくはないと思いました。希望が多ければ書籍化もありうるそうなので、希望者は読者カードを積極的にエンターブレイン社に送ろうではないか!

 試合についての記事は
スポニチ)「巻先制ヘッド!千葉7年ぶり4強」
ニッカン1)「巻ヘッド一髪!先制弾/ナビスコ杯」
ニッカン2)「阿部もアピール!FK弾/ナビスコ杯」
デイリー)「 千葉の代表コンビそろい踏み」
サンスポ
  それはそうと、ハースのケガ心配…

2005/08/08

キレキレの中島、ブチギレのオシム

 2005年ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第1戦
 ジェフユナイテッド千葉vsジュビロ磐田
 3-2 ○ 羽生1(ハース)、中島1(ハース)、要田1

 緊張しすぎて生観戦の試合中ふと寝てしまったことはありますか?
 私はあります。というか、今日の後半要田のゴールの前まで眠気と戦うのに必死でした。ああ、過度の緊張が私を蝕んでいく・・・自宅じゃないのよ国立競技場のど真ん中でよ!
 羽生は「国立ダイスキ!」と宣言しただけあって天晴れな先制弾。「あのスペースに誰か…」と思っていると大概羽生がひょいっと出てくる。さすが。次そんな羽生を欠くのは痛いですなあ。ジェフの国立苦手は審判の相性なのか?と思ってしまう夏の夕べ。
 さて中島ですよ。いや驚いた。今日の中島にはサッカーの神がついていた。背中に羽が生えてるよ…(それじゃ羽生だろ)まあ大げさなんですが。そのスペースに誰か!と思ったら中島が出てきた、という場面もいくつかあり。パスカットしたりいいスルーだしたる、ボールとられても追いかけて取り返したり。
 でもって要田ですよ要田。うをーー、要田!!!泣くよ、泣くともさ!まあ試合終了してないうちからそんなことしてると失点しちゃうんですけどね。ああ、リーグ戦でも3点目のあとうるうるしてたらカレンにやられたなー、と言うことを思い出してみたり。菊池め…翌日からと言わず6日から新潟に行けばよかったのに…
 1失点目の後ついベンチのオシム監督を見たら、ペットボトルか何かを地面に思いっきり叩きつけて激怒してました。こっ、コワイ…ビデオで見返したらHTはものすごい形相で引き上げてました。
 さらに試合終了後は審判に何事か物申そうという感じで花道横にスタンばって、審判団をにらみつけていました。コッ、コワイ…

 ちなみに今「やべっちFC」をやっているのですが、アナウンサー2人の間にジェフユニが映っていてイイネイイネー!2人が微妙に離れているので真正面にしっかりと映っているですよ!
 

2005/06/24

克服のチャンス

 ナビスコ準々決勝のホーム会場決りましたね。(オフィシャル
 苦手の国立をホームにするとは、味なことを…。
 ま、ここしかなかったのでしょうね。第2戦はシンプルにヤマハスタジアムだそうです。土曜日でよかった…
 ナンにせよ、決勝は国立ですからね。苦手苦手と言ってはいられません。
 こちらとしても気合をいれて行きましょう!苦手国立克服にはこれ以上ない相手でございます。
 私が初めてJの試合を生で見たのは、98年のナビスコ決勝だったので、縁と言うものを感じますな。あの時は中山ゴンくらいしか選手知らないし、あとわかるのは主審の岡田さんくらい。バックスタンドでのほほんと観戦していたものです。「しゅしーん岡田ー!」とか言っちゃったりして。ああ恐ろしい。あれから7年。おそらくメインで目の色変えて観戦することでしょう。
 7年前の私に教えてやりたい。「アンタ、7年後は必死だぞ。同じカードをあっち側(メイン)で、何やってんだコラァ!とか、削りやがったな福西め!とか言いながら見るよ」と。

2005/06/14

ナ・ビースコ♪

 おかーたま。
 8月6日と13日のお見合いのお相手が決まったのですって?
 …ジュ…ジュビ郎さん…
 ジェフ子は思った…運命とは…運命とはかくも過酷だということを…

 まあそんな戯言はどうでもいいんです。イメージは「真珠夫人」な感じで。
 ナビスコカップの決勝トーナメント対戦相手が決まりました
 ジュビロ磐田ですってよ、奥さん!
 他は大阪ダービーだったり、浦和は苦手な清水だったり、「スーさん、腹割って話そうぜ。わざとだろ?な?」と言いたくなるような組み合わせですけれども。
 この組み合わせを引き当てた佐藤勇人選手のコメントはコチラ
 ジェフの選手たちの楽しそうな様子が目に浮かぶようです。いいですね~。
 ジェフはジュビロに勝っても次は浦和vs清水の勝者ということで、カンタンに勝ちぬけられるような山ではないところがおもしろい。いいじゃないか、初タイトル、簡単に獲れるほうがおかしいってもんよ!多少の困難があってより盛り上がるじゃないか。そうさ、ジェフの苦手な国立は、決勝で克服するっていうのも粋じゃねえか。
 だからお願い、決勝行く前に国立ホームで試合やるのやめましょうや。そこ、強く言っておきたい。
 J'sGOALのドローイング参加選手コメント→
 同じくJ'sGOALより、毒吐きチェアマン・スーさんのコメント→(別に今日は毒吐いてません)

2005/06/12

うひょ~い!

 2005年ナビスコカップ 予選Cグループ第6節
 ジェフユナイテッド千葉vsFC東京
 3-2 ○ 羽生1(阿部FK)、ポペスク2(林、羽生)

 いい試合でしたよ…(後半は)
 前半0-2で終わったときに、FC東京ゴール裏サポがどどーっと下に降りてくるのを見て実のところ「勝てるかも!」という気がしていたのは秘密だ(笑)。少なくとも同点には追いつけるんじゃないかと思いましたよ。この対戦で一体何回こんな試合を追いつかれたり追いついたりしたことか。なので後半すぐに羽生のゴールが決まったときは「これはいけるぞ!」と思いましたけれど、本当に逆転までするとは!いやあ、いいぞ、いいですぞ!(後半は)
 
 昨日の試合の帰りに市原のアピタで買い物をしていたら、近所のおばちゃんに話しかけられ試合結果を聞かれました。3-2で勝ったことを伝えると「ほんと~?いやぁ、よかったわ~」と言われてちょっと嬉しくなりました。臨海通ってはや6年、これで聞かれたのは2回目…市原のみなさん、もっとどんどん聞いてきてちょうだい!よかったらスタジアムへも是非!
 ついでにこのとき買ったJリーグチップスのカードは阿部じゃった!(2個買ってもう1こはエメルソン)
DSCN0423
DSCN0427
DSCN0422

(上)うつむきかげんのポペスクヒーローインタビュー。通訳は千葉テレビの石井さん←ウソです。
(中)貯金下ろして買ってしまった…去年結婚した弟はもう子供ができたっつうのにこういう無駄遣いをする無計画な姉。
(下)ついに出ました!斉藤のタオマフ!他にはストやん、ハース、水水コンビのも新発売。

2005/06/05

ハースはパイプマンか

 2005年ナビスコカップ予選Cグループ第5節
 ジェフユナイテッド千葉vs大分トリニータ in市原臨海競技場
 1-1 △ 林1(巻)

 虫が!虫が!自分飛蚊症になったかと思うほどに虫が飛ぶ飛ぶ。
 今年はアブラムシ大量発生の年らしいですね。

 今日の試合はなんかこう、パイプが詰まって水の流れが悪くなった的印象。
 途中でハースが出てきたら詰まりが取れてましたけれども。やっぱりハースの存在ってデカいなあ。先週はハース抜きでいけいけドンドンだったけれども、先週に比べると相手がもっと隙がなかったんだろうか。
 やっぱり羽生をボランチ、阿部をDFってのはとてももったいない気がしました。
 前のほうで一枚足らない感じがして、いつもなら羽生がそのスペースにぽん!と出てくるんだけどなあ、と思ったり。ポペスク単体でそれはあまり期待できなかった。
 ハースっていうのは瞬間ダッシュというか、走るべきところで「ガッ!」と走れるメリハリのある走りなんですね。
 それから山岸はもっとがんばれ。昔坂本だって「バックパサー坂本」「もっと勝負しろ」と言われていたけれど、今ここまで頑張れる漢になったのだから、山岸だってできるはず。
 林のゴールは決めた林も偉いが、巻のバックヘッドもよかったです。
 タッキーがもっと出来ればなあ。左サイドで孤独な姿を見ると「ああっ、もっと信頼を!信頼感を~!」と思ってしまうのです…

2005/05/28

しびれるフットボール

 2005年ナビスコカップ予選Cグループ 第4節
 柏レイソルvsジェフユナイテッド千葉 in日立柏サッカー場
 1-5 ○ 林2、巻1、斎藤1(結城)、ポペスク1(阿部)

 ああ、なんて幸せなフットボール…
 今日は所用のため生観戦をあきらめていたのに、意外に所用が早く終了。
 なので見た目全くジェフサポ的でないふらっと感で柏に赴いたのですが、ほんっとうに行ってよかった。こんないい試合がテレビで見られないなんて悲しすぎる。キリンチャレンジカップの代わりに今すぐこれ流せ!という気持ちです。
 今回の生観戦は多幸感いっぱいにつき、ブツ切れの感想のみ。戦術とかは他の方に。
・DFラインでボールを回しながら相手選手が前に出てくるのを待ってる姿が大人だ。余裕を持って回してるんだけど、スキがないっつーか、締めるとこは締めてるような余裕。残留争いの頃の打つ手なしのドキドキDFボール回しに比べるとなんとオトナになったことかと。
・ジェフの3点目のときに後ろにいたジェフサポと思しき2人組が「今阿部が見た!見たよ!」「うわー、来るぞ来るぞ」「うをーー、キターーーーー!」と言っていて笑えた。でもこの一連の流れはほんとに見ていてゾクゾクした。ポペスクの得点はすばらしかった。惚れた。このゴールでご飯3杯いける。もちろん阿部のクロスもいいに決っているのだが。
・坂本の縦横無尽ぶりがすばらしい。献身的、というのは彼のようなプレーをいうのだ(感嘆)。選手みんなを褒めたいが代表して坂本で。選手会長だし。
・結城のオウン気味の失点の直後、即行坂本に叱られる結城に笑った。
・そして結城の位置どりが微妙だと、バックスタンドの観客たちから「結城、こっち来い、こっち!」「そうそうそう、そこそこそこ!」と指示されている結城がほほえましい。
・3人いっぺんに交代して、レギュラーとベンチの差がちょっと分かった気がした。そこだ!ってとこに顔出してるのはやっぱりレギュラー組が多くて、控えはちょっと遅れたりしているような。その上で、工藤がレギュラーに近い理由も分かる気がした。はい、あくまで「気がする」です。
・勝利のでんぐりでポペスク1人がうまくでんぐれなかった。

 試合見てる間はいろいろなことを思ったのだが、見終わるとほとんど忘れている。記憶装置にバグでも出てるんだろうか、私。この試合はホント、見直して記憶を補完したいが見直せないのか…。
 それにしても今日の勝利は嬉しいのだけれど、柏を見ていると5-6年前のジェフを思い出してしまい、何ともいえない気持ちになりました。柏駅までの道のりで肩を落として歩いている柏サポを見ていると、昔の自分がいるようで身につまされます。勝てないっていうのは本当につらいんだよね。帰り道で泣きそうな小学生(柏サポ)をみちったよ。ああっ、気持ちが分かる、分かるよ…

 オシム監督コメント(J's GOAL
 選手コメント(J's GOAL

より以前の記事一覧

サイト内検索


無料ブログはココログ